森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

ラヴソング1話のあらすじと感想「ふたりの出逢い」

f:id:aeron501:20160412010146p:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

福山雅治さん主演の月9ドラマ「ラヴソング」
いよいよ放送が始まりました。

初回は1時間半の延長放送でした!
二人の出会いや主人公神代広平(福山雅治)やさくら(藤原さくら)の過去を少し掘り下げる形でのプロローグとなりました。

それぞれの複雑な思いがさくらの歌声に導かれるように交錯していきます。

佐野さくらの心のうち

引っ越し?の準備をする主人公の神代広平

ベットから女性が広平を呼ぶ
その女性に「元気でな」というと平手打ちが飛んでくる。

神代広平は女性の家を転々とする生活。

仕事は企業カウンセラー(臨床心理士)


自動車の整備工場で働くさくら
同僚や上司ともうまくコミュニケーションが取れない。

アダ名は「もぐ」

極度に吃音症があり話すのが苦手だ。
そのせいで同僚とはうまく行っているような行っていないような。

今時の若者にしては珍しくタバコを吸う。

そしてバイクで通勤している。

部屋には中村真美(夏帆)がいる。
真美とは少しだけ会話ができる。

何やら真美はさくらに言いたいことがあるよう。
それでも時間が無いと慌てて部屋を出る。

真美は夜の仕事


さくらは仕事では同僚とうまくコミュニケーションが取れない。
同僚に挨拶もできない。

大型自動車の整備工場で働くさくらだが同僚が事故にあいそうになっても声をかけることができない。

その様子を見かねた工場長の滝川(木下ほうか)は見かねて企業カウンセラーの神代のところへさくらを連れて行き押し付ける。

神代はさくらの話を聞くことに。

さくらと神代の出会い

神代の元に置いて行かれたさくらはやっぱり話をすることができない。

確かにルームメイトの真美とは少しだけ話しができるのだがやっぱり外の人とは話ができない。

神代の部屋でお茶を飲むさくら。

やっぱり神代の前でもうまく話せない。
それでも男前で優しい態度の神代に少しだけ言葉を発する。

油で汚れた顔を神代に拭いてもらい恥ずかしさでその場を逃げるように立ち去ってしまった。

その後、再度神代の元を訪れるさくらだったが吃音の専門家を紹介すると言われなんだか突き放された感じがして神代を避けるようになってしまう。


部屋に戻ると真美の他に天野空一(菅田将暉)が部屋に。
そして、さくらの会社の野村が部屋にやってくる。

実は野村は真美と結婚するというのだ。

元々さくらは野村の紹介で今の職場に就職した。
他人とのコミュニケーションが上手く取れないさくらにとっては就職活動も難しかったがこの野村のおかげで就職することができた。
真美が野村に頼み、会社に掛け合い採用してもらっていたのだ。

野村は真美の客で酒が飲めないにもかかわらず真美の元に頻繁に通っていた。

そして真美は妊娠している。

「親に捨てられたのに母親なれるのかな?」
そう心配する。

ちゃんと家族になれるのか心配する。
野村には自分のことはあまり話していないようだ。


さくらと真美、空一は広島の同郷で同じ児童養護施設で育った。

幼い頃から吃音でうまく話せないさくらを守ってくれたのが真美だった。


神代はライブハウス「S」に
ここにはかつてのバンドのメンバーですでに他界した春乃(新山詩織)を偲ぶ会が行われていた。

久しく参加していなかったがやはりここには馴染めなかった。

さくらの歌

ある日、神代はさくらが鼻歌を口ずさんでいる姿を目撃する。
その姿は春乃の後ろ姿にそっくりだった。

今はなき春乃の姿をさくらに重ねあわせた神代はさくらのことが気になって仕方がない。

街で桜を見かけ声をかけるがさくらは早々に立ち去ってしまう。


さくらは職場の同僚とのコミュニケーションがやはりうまくいかない。
結局、会社を無断欠勤してしまう。

そのことで真美とも喧嘩をしてしまう。

心配した神代がさくらをさがし夏希(水野美紀)のもとに連れて行く。
夏希は春乃の妹で今は言語聴覚士をしている。
話すことの専門家というところ。

さくらを囲み少しずつ何かできないかと話しているとこで神代が歌うことを提案。

夏希も賛成しさくらに歌をすすめる。

最初はうまく歌えなかったさくらだったが次第に声がでるように。
程なくさくらは帰ってしまうが夏希もさくらの姿に春乃の姿を重ねていた。


歌うことで少しだけさくらココロが晴れたようだ。

ラヴソング1話 感想

1話ではさくらが登場しました。

吃音症という病気を抱える難しい役どころだとも思いますがとっても感情をうまく表現しているなと思います。

つらい気持ちや晴れやかな気持ち、言葉を発することの難しさやもどかしさ。
これまで歌うことしかしてこなかった藤原さくらさんの演技には引き込まれるものがありますね。

事前の評判では石原さとみさん似だと言われていましたが確かに似ていますね。

これから二人がどうなっていくのか、さくらがどう歌と進んでいくのかがとっても興味深いですねー

早くも第2話が楽しみです!