森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

99.9-刑事専門弁護士-1話 あらすじと感想

f:id:aeron501:20160417234856p:plain
出典:TBS公式サイトより

99.9 1話のあらすじ

夜のマンション。

何やら再現検証をしている深山大翔(みやまひろと-松本潤) 付き合っているのはパラリーガルの明石達也(片桐仁)

とある事件のアリバイを証明し被疑者の無罪を証明するための検証だ。

金にならない事件ばかりを請け負っている。

そんな深山にヘッドハンティングのオファー
日本でも有数の法律事務所の「斑目法律事務所」の斑目春彦(岸部一徳)から年俸3000万円の誘いだ。

しかし大翔はあっさりと断る。

それでも大翔とコンビのパラリーガル明石は「大翔を説得できたら自分も一緒に斑目法律事務所で働きたい」と斑目に申し出て必ず説得すると約束する。

後に大翔は斑目法律事務所入りを決める。

そして、そこには大企業の顧問弁護士をしてきた佐田(香川照之)が室長として待っていた。

佐田と大翔はどうにもウマがあわない。

同じく刑事事件に移動となる弁護士立花彩乃(榮倉奈々)
彩乃は刑事事件を担当することに納得がいかない。

斑目法律事務所では斑目所長が弁護士会長に名乗り出るという噂もありその一環で刑事事件部門を新設することになりこの面々が集められた。

f:id:aeron501:20160417235001p:plain

そして早速の刑事事件

運送会社の社長が殺人の容疑で逮捕された。
大翔は早速会いに行く。
彩乃も同行する。

被疑者と早速の接見。

被疑者は運送会社を経営する赤木(赤井英和)
殺害されたのは流通業界の風雲児と呼ばれる男

その事件は赤木も知っていたがその事件の晩は酒によって事務所で寝てしまっていたと証言している。

一方、警察からは防犯カメラの映像や証拠も発見されており、更に過去に一方的に今回の被害者から仕事の契約を切られており動機も充分だということで警察も疑うことなく赤木が犯人だと決めてかかっている。

しかし、大翔はこの状況でも真実を追い求めている。

一般的に刑事事件は起訴されてしまうと99.9%は有罪が確定してしまう。
その逆転の0.1%に真実があると大翔は信じている。

地道な聞きこみをしていく大翔。
そして決定的な証拠となった防犯カメラの映像を確認するが赤木の顔は写っていない。

そのことを不自然に感じた大翔は防犯カメラの映像を再現してみることにした。 そして再現をしていくなかでこの防犯カメラに写っている映像が不自然すぎることに気がついた。

また、犯行が行われた際には赤木は事務所で寝ていたと証言したがそのことも不自然な点がいくつかあった。

担当検事にそのことを申し出るが検事はまったく取り合わない。

そのまま赤木は起訴されてしまう。

日本の刑事事件では起訴されれば99.9%は有罪が確定してしまう。
しかし、その0.1%の真実を探す大翔。

当初は大翔への協力を拒んでいた佐田も斑目所長作戦にハマり結局協力をすることに。

そこでわかったのはDVを受けていた妻と会社の金を不正に使い込んでいた役員の共謀による犯行。
結果、検事は起訴を取り下げることとなった。

佐田も大翔もあいかわらずだが一応の勝利の握手を交わした。

f:id:aeron501:20160417235017p:plain

99.9 1話の感想

最初から松本潤さん演じる深山大翔はマイペースの自分なりの行動しかしないというキャラクターだということがわかりました。

木村拓哉さん主演の検事ドラマ「HERO」に通じるものがあります。
HEROの弁護士版とでも言ったら良いのでしょうか。

このキャラクターに振り回される同僚弁護士彩乃(榮倉奈々)との掛け合いがなかなかかわいい感じです。
彩乃はプロレスマニアでまだあまりそのキャラクターの濃い部分は出てきませんがこれからが楽しみです。

佐田(香川照之)とのやり取りもなかなかおもしろいです。
やり手の弁護士として名高い佐田ですが大翔のマイペースに巻き込まれていきます。

それでも弁護士としての熱いものが少し見え隠れしていました。

これからどんどん素敵なチームになっていくでしょう。
また、大翔と検事正の大友(奥田瑛二)には何かの因縁があるようです。

これからも目が離せないですね。