森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

グッドパートナー 3話あらすじと感想

f:id:aeron501:20160506015326p:plain

グッドパートナー 3話あらすじと感想

グッドパートナー 3話あらすじ

猫田(杉本哲太)はもうすぐ上場のベンチャー企業「ヒューガクラウド」 ヒューガクラウドは動画で商品を紹介する通販会社なのだがその映像を依頼していた業務提携先の経営母体が暴力団だったということで猫田は咲坂(竹野内豊)らを従えてヒューガクラウドを訪問していた。

元々はヒューガクラウドの社長日向俊矢(高橋光臣)が銀座のホステスに手を出してしまったことが原因だった。

大変案事態を請け負ってしまった。

それでもボスの神宮寺(國村隼)はなんとかしろと言う。


調査を進めるとヒューガクラウドと映像委託先のサンデーメディアサービスの契約書の中に「反社会勢力の排除条項」があった。
サンデーMSが反社会勢力(暴力団)だと認めさせることができれば契約を解除できるはず。

しかし、サンデーMSは表向きは普通の会社。

契約解除の交渉は難航。
しかし、咲坂の出した一冊の週刊誌にはサンデーMSの社長滑志田の名前が...

契約を解除できそうな雰囲気になったが結局合意には至らなかった。

サンデーMSが暴力団関係の企業だという決定的な証拠がないまま時間が過ぎた。
ある日、事務所に1枚の写真が届く。

そこには咲坂と夏目(松雪泰子)の娘を隠し撮りした写真。
今回の件で「警告」として送られてきたのだろう。

咲坂をはじめとする面々はこの案件から下りると言い出したが神宮寺は認めなかった。
事務所一丸となってサンデーMSと契約を解除する方法を模索するが妙案は見つからなかった。

そんな折、神宮寺は「こちらだけ無傷で済まそうとしても無理だ」というアドバイスを残す。

そのアドバイスを元に咲坂らはヒューガクラウドを訪れる。
そして、サンデーMSとの業務提携をしている通販部門からの撤退を勧める。

通販部門は現在のヒューガクラウドにとっては最も売上の高い部門。
簡単に手放すことはできない。

しかし、上場しこれからスタートをきる清廉潔白な企業として通販部門をやめることを決めた。

そして、無事にサンデーMSとの契約を解除することができた。

グッドパートナー 3話感想

1時間のドラマで深いストーリーを求めるのは酷だけれどもちょっと浅めの内容だったなーと思います。

伏線の回収があまりできていない箇所があったりします。

娘を隠し撮りされたこと。 そもそも、ヒューガクラウドの社長が銀座のホステスに手を出してその流れでのサンデーMSとの契約のあたり。 売上の25%の事業を撤退したにも関わらず上場できたあたり...

弁護士の仕事としては完了していますが結末としてはモヤっとしています。

回収しない伏線ならあまりあれこれ出してこないほうがいいかなと思ってしまいました。

まあ、それでも面白いですけどね。