森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

グッドパートナー 4話あらすじと感想

f:id:aeron501:20160513220510p:plain
グッドパートナー 4話あらすじと感想

グッドパートナー 4話あらすじ

鳥飼シューズの創始者の会長鳥飼健三(竜雷太)、息子で現社長の孝太郎(矢柴俊博)

本業を守り続けたい会長、異業種に進出し事業を広げたい社長。
それぞれがそれぞれを解任するという。

会長は神宮寺(國村隼)に、社長は咲坂(竹野内豊)に相談を持ちかけた。

神宮寺も咲坂も頭を抱える。
そして神宮寺は2人を仲直りさせるように咲坂に指示する。


咲坂は鳥飼シューズを訪れる。

咲坂は和解案を提示するが会長も社長も納得行かない。

神宮寺法律事務所ではこの案件の方向性についての話し合いをする。
神宮寺もしかたなく現在の代表者孝太郎社長の意向に従うように指示する。

孝太郎は近く行われる取締役会で会長を解任する予定だという。


数日後、息子の孝太郎からの電話で顧問契約を解除されてしまう。

マスコミも鳥飼シューズのお家騒動に気が付き始めた。

そこで咲坂は会長側に付くことを提案する。
実際には別の弁護士を紹介し、顧問としての参謀役となるわけだ。

そして、社長の孝太郎の不都合な事実を探すよう会長や会長派の社員たちをたきつける。
場合によっては刑事告訴も辞さない考えだ。

「孝太郎氏をこの会社から追い出しましょう」
そう会長に持ちかける。
会長も少し浮かない顔をするが了承する。

そのことに感づいた孝太郎も臨戦態勢。

そして咲坂はマスコミにFAXを流し、緊急の記者会見を行うことにする。
その記者発表の前日に神宮寺法律事務所の職員を含めリハーサルを行う。

そこでは咲坂の用意したセリフで次々に辛辣な質問が飛ぶ。

次第に会長健三の機嫌が悪くなる。

しかし、そこで健三の本音が少しずつ引き出されていく。

一方、マスコミへの記者発表をすると聞きつけた社長の孝太郎も会場の外で健三の言葉を聞く。

健三の思いがけない本音を聞き、自分の気持ちにも素直になる。

そして、会場に入り孝太郎も自分の本音を健三にぶつける。
2人は思いがけず本音を交わすこととなり、健三は会社を息子の孝太郎に託すことを改めて宣言した。
記者会見はキャンセルとなった。

しかし、この記者会見は実は咲坂の芝居だった。 結果として神宮寺法律事務者は鳥飼シューズの顧問弁護士として再び契約を取り交わした。

グッドパートナー 4話感想

今回のストーリーは親子の骨肉の争いでした。

親子の素直な気持ちを最初から話し合っていればよかったのにという感じですね。
ストーリーの途中では咲坂と夏目(松雪泰子)の娘、みずきの気持ちも複雑なシーンがありました。

夫婦でいがみあう両親の姿を見るのが辛い様子です。 みずきはまだ小学生ですから無理もありません。

やっぱ小学生くらいの子では親の離婚のことを理解するのは無理ですよね...

このドラマ全体的には面白いのですがその部分だけがなんだか毎度少しさびしくなります。