森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

99.9 8話あらすじと感想

f:id:aeron501:20160606010020j:plain

99.9 8話あらすじと感想

99.9も8話となりいよいよ物語も佳境に差し掛かってきました。

基本的には1話完結の物語の中に深山の父のストーリーが織り込まれているという展開です。

この8話では深山の父大介の過去が明らかになりました。

この過去に挑む深山の無謀とも言える行動が際立つ8話となりました。

99.9 刑事専門弁護士8話のあらすじ

斑目法律事務所に3人の刑事がやってくる。

殺人の容疑で逮捕される深山(松本潤)
「ちょっと行ってきます」軽い感じで連行される深山。
佐田(香川照之)と彩乃(榮倉奈々)が接見に向かうがこの状況を楽しんですらいる深山

明後日また来いという。

検察庁で取り調べを受ける深山

その状況はこうだ。


深山はとある弁護依頼を受けていた。

依頼人は鈴木(林泰文)という男性。
彼と会うために出向いたレストランで事件は起こった。

レストランの食事に深山の持参したソースをかけたのだがそのソースをかけたサラダを食べた依頼主が苦しみだし救急車での病院搬送後に死んでしまったのだ。

防犯カメラの映像や証拠から深山の犯行が濃厚な状況。

深山の自宅のPCで毒物の購入履歴があったという。
被害者の体内からもその毒物の成分が検出されたという。

斑目法律事務所でも防犯カメラの映像を確認しているが映像を見る限りはやはり深山の犯行に見える。

深山は検察庁で防犯カメラの映像をみているがどうにも不自然な点がある。
苦しんで倒れた鈴木に即座に駆け寄った男に見覚えがあったのだ。

その男は3年前に深山が担当した刑事事件の被告の女性岩下(夏菜)の恋人黒川(綾部祐二)だった。

その事件では岩下は結局実刑を受けている、岩下も黒川も深山のことを恨んでいたはずだ。

再度の接見で深山は佐田と彩乃に指示をだす。
黒川と被害者の鈴木の関係、現在の岩下の所在。

そして、佐田が再び深山の接見に。

そこで告げられた調査結果は、鈴木の経営する金融会社から黒川が1500万円の借金をしていたというものだった。
そのことで黒川が鈴木を殺す動機はあったということになる。

しかし、黒川がいつ鈴木に毒を飲ませたのか、疑問が残る。

佐田と彩乃は不起訴にするように検察に掛け合うがそこで意外な事実を聞くことになる。

深山は鈴木を殺す動機があった。
鈴木は深山の父親のこととで脅されていたのだ。
深山の父は「殺人犯」だという。

佐田も彩乃も言葉が出ない。


深山の父が殺人犯だったという。

深山の父深山大介と斑目所長は高校の同級生。

25年前、
大介は雨の日に駅で困っていた知り合いの女子高生を家まで送り届けた。
しかし、その女子高生は翌日殺されて雑木林に遺棄されていた。

その際に大介の渡した傘が決め手となり逮捕。

無実を訴えたが起訴、実刑。

斑目所長も冤罪だと確信している。

佐田も本気で佐田のことを助けようと奔走する。

すべての発端とも言える岩下に会いに行く佐田と彩乃
今回の事件は実は裏で岩下が情報を操作していた。

岩下はコンピューターソフトの会社に勤務しハッキングなどにも精通している。
そして、深山の父のことで鈴木が脅していたことを偽装していた。

そのことをいまから証言して欲しいと訴える。

岩下は深山に人生を狂わされたと言ったが佐田の言葉を重く受け止める。

深山も斑目所長に鮮明化した防犯カメラの映像を依頼し再度見せてもらう。


裁判の最後に証言台に岩下の姿があった。

事件の黒幕はやはり黒川だった。

黒川は鈴木に借金があり黒川もまた金銭的に窮していた。
そこで深山の父のことを知っていた岩下が黒川に話をし黒川が鈴木に深山を脅そうと持ちかけた。

本当なら少しの毒ですむはずの演技だったが黒川が毒を致死量のものとすり替えて鈴木を殺した。
すべて深山の仕業に見せかけるはずだった。

すべてを証言台で告白し、深山に謝罪する岩下。
深山は無事に無罪となった。

そして、また斑目法律事務所に戻ってきた。


今回、深山の父大介のことが少しわかりました。

結局今は亡くなっていますがおそらく冤罪だったのでしょう。
検察のいいかげんな捜査の結果殺人犯にされてしまったということです。

そのことには検事正の大友(奥田瑛二)も関係していることでしょう。

この事件の真相をしることが深山のもくてきなのでしょう。

99.9 8話感想

やはり香川照之さんはいいですね(笑) 本当にいい役です。

少しずつですが深山の父のことがわかってきました。

斑目所長と高校の同級生ということで少し話がややこしくなってきています。

確実に大友が黒幕な雰囲気です。
これまでのドアマの内容を見る限りやはり大介の冤罪は濃厚です。

今週の物語の中で大介に関する事件の概要がわかりました。
しかしながら、この事件に関してこれ深山がどうやって冤罪を証明していこうとしているのかがまだわかりません。

今回の事件に関しても自ら検察に飛び込んだ形で父のことを少しは調べるのかと思いましたがそうでもなかったので最終回に向けていい意味で期待が高まります。