森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

ブラックリスト シーズン3 【22話】あらすじ「アレグザンダー・カーク(前編)」

f:id:aeron501:20160622221829p:plain ブラックリスト シーズン3 【22話】あらすじと感想「アレグザンダー・カーク」

ブラックリストもいよいよ佳境です。
ラスボス22話、23話はラスボス「アレグザンダー・カーク」前編・後編です。

先週まで敵同士だった面々が手を組みカークと対峙していきます。

ブラックリスト シーズン3 【22話】あらすじ「アレグザンダー・カーク(前編)」

いよいよラスボスの登場です。

スーザンハーグレイヴ(スコティ)はインドネシアのジャカルタに。
そこには政府の使いとして来ている。

スコティは政府要人と思われる「パーマー」の使い。

このインドネシアの男はパーマーの娘を誘拐した模様。
パーマーといえば「24」の大統領がパーマーですが(笑)

そして、スコティはその娘を解放する交渉にきたわけだが実はもうすでに救出済み。

逆にこの男の弟を人質に取って300万ドルを奪う。


レッドとトムはハーグレイヴの所在を気にしている。
トムとしてはハーグレイヴがリズを殺したと思っているのでレッドにスコティを殺したい。

レッドはスコティを殺すつもりはないらしい。

そこでアレグザンダーカークの名前を出す。

今回のすべての黒幕。
トムもこのカークのことを知らない。

カークは政財界にも資金を提供しているために力を持っている。
リズを誘拐するためにハーグレイヴ(スコティ)を雇っていた。

カークを追うためにはハーグレイヴ(スコティ)が必要だと訴えた。

そして、大統領候補のディアスへの資金提供をしている。
このディアスの資金を絶つ作戦を練っている。

トムの娘アグネスの元にスコティがいた。
トムはスコティのことが気に入らない。

スコティはリズを奪った男を協力して捜すと要請する。

トムは不本意ながらも「共通の敵がいるからあんたと手を組む」と返答。

トムを迎えに来たのはソロモン!!
トムはソロモンと共に山奥の戦術訓練センターへ。

そこにはクーパーやレスラー、ナヴァービがいた、ネズローワンもいる。
さすがにリズを殺したことになっているスコティやソロモンがいることでレスラー、ナヴァービらは協力は難しいと言うが結局はクーパーのリーダーシップで全員が協力体制に。

あれほどいやなやつだと思っていたソロモンがかっこよかったー(笑)

一同はカークの気を引くためにカークの息がかかった議員ディアスの銀行から金を盗む作戦。

ディアスの資金を盗むことでカークの力を奪う作戦。

しかし、銀行の警備は一筋縄ではいかない模様。

トムとソロモン、ネズローワンが銀行に押し入る。
当然ながら銀行の金庫はロックされる。

しかし、警察、FBIが銀行の現場検証をする際にFBIが送金の手続きをするという段取り。

元々は誰も傷つけない作戦だったが居合わせた女の子に流れ弾に当たってしまうトラブルがあったがほぼ作戦通りの展開。

FBIからレスラーとナヴァービが銀行へ。
そしてアラムの指示でサーバーにプログラム入りのUSBメモリを仕込む。

パスワードを思案するアラムだったがハルシオンのエンジニアは難なくパスワードを解析してしまう。

しかし、パスワードに加え本人確認の網膜スキャンが必要。


トムがアグネスの病院につくとアグネスの姿がない。
スコティの仕業だと直感的に駆けつける。

確かにアグネスを病院から連れ出したのはスコティだった。
しかしそれはアレクサンダーカークが動き出したという情報を得たためアグネスの安全を考えての行動だった。


先日の銀行強盗でディアスの銀行口座のパスワードを手に入れた。
そしてもう一つ必要なものはピータープルイットという資金管理人の網膜スキャン。

ピーターはベルリンで行われているG8に参加しトルコ大使館にいるという。

そこでトムがトルコ国籍の偽名で逮捕されトルコ大使館に連行される作戦を決行。

防犯カメラの映像を細工しトルコ大使館内に潜入。
トムはウェイターに変装し大使館内で行われているパーティーでピーターに近づく。

そしてピーターに薬を飲ませ苦しむピーターを救急車で搬送するふりをして連れ出す。

チームはトムとネズローワン、ソロモン。

そして、網膜をスキャンするもアクセス不可。
薬を飲ませたせいで瞳孔が収縮してしまっている。

別の薬を使い瞳孔を強制的に開かせることとなりその薬を探すために薬局に忍び込む。

お目当ての薬を手に入れるとトムはソロモンを銃で撃った。
「妻のおかえしだ」といった。

そして、そのままソロモンを薬局に残し救急車へ戻る。

追っ手の状況も切迫しているのでネズローワンもそのまま車を出す。

警察が薬局に突入するもソロモンの姿はない。

手に入れた薬を使い網膜のスキャン、送金完了。

ディアスは資金がなくなって動揺している。
ディアスの前にレッドが現れカークに連絡を取るように言う。

そして、カークと話すレッド。

取り合わないカークだがレッドはでディアスに大統領戦への出馬を一時離れ、カークの所行を委員会で問うように指示した。


トムはスコティの元に向かっている。
銃を持ってスコティの家に入る。

そして、スコティが居ないと聞かされると部屋で待つことにした。

その動向に気がついたレッドが電話でトムを止める。

スコティ(ハーグレイヴ)を殺すとトムが長年追い求めてきた答えが見つからなくなるぞと言う。

トムはピンときた。

「俺の母親?」

トムは本名「クリストファー・ハーグレイヴ」 そのことはまだ隠しておくように指示される。

スコティもまさかトムが自分の息子だとは思っていない?
そこら辺は微妙。

いよいよ次週最終回。

ブラックリスト シーズン3 【22話】感想「アレグザンダー・カーク(前編)」

いよいよカークとの対峙。

カークとレッドは過去に因縁がある。
レッドの口の中に拳銃を突っ込んだことがあるというカーク

どんな因縁があるのか?

それにしてもカークはなにをしたかったのか?

ここからは少しネタバレになりますがカークはリズの父親だということで、そもそもリズの父親はリズがあの火事のときに銃で撃ってしまったんじゃなかったっけ?

とかこの先シーズン4とか本当に作れるの?

とか色々な疑問がありますが次週が今から楽しみです。