森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

死弊 1話のネタバレあらすじと感想

f:id:aeron501:20160717172038p:plain
出典:TBS公式サイトより

死弊 1話のネタバレあらすじと感想

SKE48松井珠理奈さん主演の「死弊」
呪われた一万円札を手にすると必ず死ぬと言われる「死弊」に関すると都市伝説

そんな死弊にまつわるストーリー

「死弊」1話のあらすじ

大学1年生の南由夏(松井珠理奈)は妹の小夢(清原果耶)から「死弊」の話を聞く。
死弊は金が欲しくてたまらない人の前に出現し使った人を死に至らしめるという呪いの紙幣


由夏には不思議な能力がある。
人を見てその人がまもなく死に直面するということを感じることができるのだ。
いわゆるSPEC(笑)

最近連絡の取れない大学の友人郁美(西田麻衣)の姿をテレビの街頭インタビューで見かけると由夏の脳裏に郁美の死の姿が現れる。

郁美の命の危険を感じた由夏は慌てて郁美のアパートに向かう。
そしてそこで郁美の変わり果てた姿を目の当たりにする。
郁美は自殺していた。


郁美の葬儀の日、会場に一人の刑事が現れ全員が容疑者だという。
今回の郁美の自殺に関して警察は自殺ではなく他殺とみている。

そしてその近傍の人々が容疑者だという。

郁美は死の直前に散財していた、そして以前から念願だった美容整形の予約をしたところだった。

そんな女性が自殺をするのは動機がなく納得がいかないという。
また、金銭の出所もハッキリしないため何らかの事件性があるのではないかとみている。

そして、その容疑者として一番有力なのは第一発見者の由夏

刑事の若本猛(戸次重幸)は由夏に攻撃的な態度を取る。


由夏の先輩の三浦智志(山田裕貴)は就職活動で苦戦していた。
志が高く理想的なことを語るが企業としてはあまり素直に受け入れられない。
そんな三浦がある日「就活」をやめて起業すると言い出した。

その起業の準備が進む中、由夏はまたしても三浦の最期の姿を直感的に感じてしまう。

由夏が三浦のもとを訪ねると三浦はまだ元気だった。
しかし、三浦と話している最中に置物の大きな剣で三浦が死んでしまう。

f:id:aeron501:20160717172126p:plain

由夏は偶然居合わせただけなのだがそこに若本が乗り込んできて「お前何をした!?」と詰め寄る。

実際に三浦の元には紙幣が届いていた。
お金はどういうわけかタンスの中に湧いてきておりそのお金で起業したり運転資金を調達していたりした。

その金の流れも含め若本は今回も由夏が事件に絡んでいると由夏に攻撃的に接する。

三浦の死亡は事故だがそこに居合わせてしまった由夏に弁解の余地はない。

「死弊」 1話の感想

始まりました「死弊」
内容はなんだか聞いたことがあるような内容ですけれども展開が早くていいですね。
松井さんが実年齢19歳だということにやや驚きが隠せませんがいい感じになっています。

いきなり荒々しい「ミスター残念」こと戸次重幸さんもいい感じに荒々しいですね。

最終的にどんな感じの決着をつけるのかが気になるところです。