森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

アウトキャスト 9話あらすじと感想「愛を奪われて」

f:id:aeron501:20160612013001j:plain

アウトキャスト 9話あらすじと感想「愛を奪われて」

アウトキャスト9話「愛を奪われて」あらすじ

森の中、カイルの妹メーガンはガラスの瓶のかけらを握りしめていた。
流れる血、思い出すのはかつてドニーから受けた性的虐待のこと。
思い出すたびに家の裏の森でガラス瓶や皿をハンマーで割り自分の中に納めてきた。

レニーは引越の準備をしていた。 そこへやってきたのは警察署長のガイルズ。
レニーがこの町を出るのはガイルズの指示のようだ。


カイルは娘のアンバーとメーガンの元を訪れた。
メーガンは仕事を休んでいた。
マークのことで思い悩んでいるメーガンの様子を見に来たのだ。

そしてアンバーのことでメーガンに頼みをする。
1人で寂しいアンバーをメーガンの学校に編入させられないかとカイルは頼んだ。

カイルとアンバーはメーガンと共に学校に。
アンバーは父と離れたくないと言うがカイルが説得する。


アンダーソン牧師(元牧師)もまた森の中に身を潜めていた。

これまでのアンダーソンからは考えられないような行動を除幕式では取った。
そのことでアンダーソンは牧師の資格を剥奪されてしまった。

アンダーソンは教会の信徒のひとりに教会の様子を聞く。


レニーと妻は町を出るがレニーの妻はシドニーと同じく取り憑かれている。
そのこともありレニーと妻が町を出ることを知りシドニーが追ってくる。
そしてレニーの妻に「新しい仕事だ」と話す。


再び教会を訪れたアンダーソン。
教徒達の会議に押しかけ話す。

しかし、信徒達は帰るように言う。
そこには何故かシドニーが居た。
そしてシドニーは教会に寄付をするという。
アンダーソンは思わずシドニーに殴りかかってしまう。

ガイルズが教会に来たがアンダーソンを逮捕することはしなかった。
そしてシドニーにアンダーソンは自分の20年來の友人。
邪魔をするなと言う。
その言葉を聞きシドニーは告訴すると言いガイルズにアンダーソンの逮捕を要請した。 これでは逮捕しないわけにはいかない。
ガイルズはアンダーソンに手錠をかける。


カイルはマークと共にアリソンを捜す。 そして、アリソンの元の住まいに。
物音を聞きカイルは音のする方へ。
しかし、その音は窓が開いていた風の音だった。

学校からマークのところに連絡が入りメーガンが学校から家に戻ったという。
その連絡を聞きマークは家に戻る。
カイルは引き続きアリソンの家を捜索しているとアリソンの母がやってきた。
アリソンはカイルに会いたがらないという。


ガイルズはアンダーソンをパトカーで連行したが警察署につくとアンダーソンを釈放し、何かあれば協力すると約束した。


レニーと妻はシドニーからの指示を受けるかどうかで話し合いをしていた。
妻はこの仕事をするというがレニーは気乗りしない。


マークが家に戻るとメーガンが落ち込んでいた。 マークは前向きになれというが妊娠したことをマークに告げ「最悪の状況」と涙ぐむ。
そして、メーガンは中絶の決心をマークに告げる。

マークは大丈夫だというがメーガンは金銭的なことを考えると生むわけにはいかないという。
そんなメーガンにマークは「明日、新しい仕事の面接に行く」と告げ金銭的なことはなんとかすると言い生むべきだと言った。
メーガンもその言葉を受け入れ生む決意をする。


カイルは薄暗い病院へ行きアリソンと会う。

そして話をする。
自分の母も中に何かが入っていたと告白した。

その存在を追い出すことができる、そしてアリソンの中にはもう何も居ないから大丈夫だと説得する。
アリソンはいっしょには帰れないと言う。
そして奥の部屋に消えた。


アンダーソンはシドニーのことを見張っている。
そこにアンダーソンの恋人パトリシアの息子アーロンがやってくる。
アーロンはシドニーの中から黒いものが出たところを見ているがそのことを怖がるどころかシドニーに協力を申し出ていたのだ。

アンダーソンはパトリシアの家に行きアーロンの帰りを待ち、問い詰めた。
そして思わず手が出てしまう。
パトリシアが制止し出ていけと言われてしまう。

いよいよアンダーソンは1人となってしまった。

アーロンはアンダーソンに母も自分も父から暴力を受けていたと言い。
シドニーから「もう遅い」と言う伝言を伝えた。
アンダーソンは「何が?」とシドニーの真意が分からなかった。

そしてアンダーソンはカイルの元を訪れる。


メーガンがシャワーを浴びていると突然何かに取り憑かれた。
メーガンの叫び声を聞いたマークがメーガンの所に来るがメーガンはマークの頭を鏡に打ち付ける。

そして割れた鏡がマークの喉に刺さりマークは息絶える。
その様子を見ているメーガンは不思議な感覚でいた。

カイルの元に娘のアンバーから電話が入る。 アンバーはメーガンのところにいたのでその様子を目撃してしまったようだ。 カイルに「メーガンおばさんがお母さんみたいになった」と叫びながら電話をかけてきた。

アウトキャスト 9話「愛を奪われて」の感想

なかなか予想外の展開になってきました。
次週はいよいよ最終話です。

メーガンがここへ来て取り憑かれました。
マークもあっさりと逝ってしまいました。

この状況でアンバーはどうなるのでしょうか。
メーガンに殺されてしまうのだけは避けて欲しいところです。

アンダーソンを追い出した教会はどうなるのでしょうか。
シドニーに買収されてしまった形になった教会。
最後には教徒達は自分たちの間違いに気がつくのでしょうか。

9話のラストはアンバーからの電話のシーン。
アンバーの命の危機。
そして無音のラスト。

無音のラストはウォーキングデッドのシーズン6のラストもそうでした。
ニーガンに誰か1人が殺されるというシーンでした。

そのイメージがあるのでアンバーが心配です。
アリソンと同じようになったメーガンはどうなるのでしょうか。

カイルは間に合うのでしょうか。

いよいよ最終話のラストはどんな形で終わるのでしょうか。
ただ、アメリカのドラマは日本の物と比べ全然スッキリしない終わり方も多いので(笑)