森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

好きな人がいること 5話のあらすじと感想「告白」

f:id:aeron501:20160808224001p:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

好きな人がいること 5話のあらすじと感想「告白」

好きな人がいること 5話「告白」あらすじ

櫻井美咲(桐谷美玲)は柴崎千秋(三浦翔平)と花火大会に行くことになる。
念願の叶った美咲は柴崎夏向(山﨑賢人)に報告するが夏向は「行くな」という。

夏向は美咲への思いが何かあったようだが美咲は夏向の気持ちには全く気がついていない模様。

そんな時、日村(浜野謙太)からバーベキューの写真がSNSで送られてくる。
その写真を見た美咲、千明、夏向はそれぞれ特別な思いで写真を見つめていた。


明日の花火大会に向けて美咲の気持ちが高まる。
浴衣を着ていこうか迷っている。


店に一人の女性客、柴崎冬真(野村周平)が気になっていた女性の西島愛海(大原櫻子)
愛海は千明に自分の名前を告げるが千明は心当たりがない様子。
そこで愛海が「磯山渚の娘だ」と告げると千明は「俺たち兄弟に関わらないでくれ」と愛海を追い出した。

夏向も美咲もその女性客のことを気にするが適当にごまかす。

美咲は町で浴衣を眺めていると日村が声をかける。
日村は強引に美咲の浴衣選びを手伝う。
結局浴衣をお買い上げ。


帰りに喫茶店で楓(菜々緒)が見知らぬ男に金を渡しているところを目撃してしまう。
楓はただの友達という。
そして、楓は明日の夜、この町を出ることにしたと告げる。
楓の本心は分からないが強がっているようにも見えた。


夜、美咲が窓の外を眺めていると頭にピスタチオの殻。
二階の夏向が美咲に投げていた。
夏向の顔を見ると「そっち行っていい?」と夏向の部屋に
そして、楓のことを千明に言うべきか相談するが「言う必要ないだろ」と夏向は言う。
続けて浴衣を買ったことを話す。

 

夏向はそんな美咲のことを見ているのが耐えられなくなり毒舌な言葉で美咲を部屋から追い出す。

花火大会当日。
美咲は美容室で特別な髪型にアレンジをしてもらう。
そして、花火大会。
美咲は昨日買った浴衣を着て待ち合わせ場所で待っいると千明も同じく浴衣を着て現れた。
千明にその気があるのか分からないが千明と美咲は恋人同士のよう。
告白をしようとするがなかなか言い出せない。


千明が飲み物を買いに行っている間に美咲は昨日楓と会っていた男に会う。
楓は友達だと言っていたがその男は友達ではなくてもっと深い関係だと言う。

そして花火大会。
千明は花火大会の会場から少し離れた人のいない静かな場所に案内する。
そして美咲は自分の気持ちを伝えようとしていたが楓のことを話し出す。

あの男は楓の兄。
楓は千明と別れた後、兄の作った借金を返すために留学すると嘘をついていた。
そして、借金を返し終わったので千明とやり直したいとこの町に来ていたのだ。
しかし、兄に居所がバレてしまい、兄は楓に金の無心に来ていた。
そのことで千明に迷惑をかけないようにとこの町を出る決心をしたのだ。


美咲はそのことを千明に告げ、自分は東京の友達が来ていると嘘をつき千明に楓のところに行くように促す。

千明は「ごめん」とつぶやき走って行った。
その後ろ姿を見守る美咲。

結局、ひとりで花火を見ることに。

千明は駅の楓のところに。
「ごめん、気付いてやれなくて」と楓の兄のことを全部聞いたと告げるが楓は千明と別れたこととは関係ないと強がる。

それでも「ごめん、辛い思いをさせて」と大きな心で千明は受け止める。


美咲のところに夏向が来た。
夏向も楓の兄にすべて聞き美咲のところに。
美咲は少しだけ千明に期待をしていた。 楓のことを聞いても自分と居てくれるんじゃないかと。
しかし、千明は一度も振り返らずに楓の元に走ったという。

舞い上がっていたと自分を責めた。

そんな美咲に「悪くないじゃん」と夏向なりに慰めの言葉をかける。

そんな夏向に
「なんでこんな時にやさしいこと言うの?」
「いつもみたいに悪口言ってよ」
「好きな人がいるってこんなに苦しいんだね」
「千明さんいなくなっちゃった」
そう涙を流す美咲に「オレがそばに居てやるよ」と言って抱き寄せた。

好きな人がいること5話「告白」の感想

美咲が千明に思いを寄せる姿はとてもかわいらしく見えます。
女子の心理は深いところまで分かりませんがちょっとしたことで一喜一憂する姿は見ている方がドキドキします。

そして、今回はいよいよ夏向の気持ちが美咲に向けられました。
この展開は予想通りなわけですがそれにしても夏向は男前です.....