森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 6話あらすじと感想「リッチマン殺人事件・・・比奈子の過去」

f:id:aeron501:20160816235225p:plain
出典:関テレ公式サイトより

ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 6話あらすじと感想「リッチマン殺人事件・・・比奈子の過去」

ON異常犯罪捜査官藤堂・藤堂比奈子 6話「リッチマン殺人事件・・・比奈子の過去」のあらすじ

逮捕された中島(林遣都)は取り調べで数々の猟奇自殺の実行を証言する。
そして自分の頭の中にも腫瘍があると告白する。


中島が逮捕されて以来、比奈子(波留)の元気がないと周囲は心配する。
東海林(横山裕)も心配はするがどうにも比奈子のことが「うそくさい」という。

そんな時、またしても不可解な猟奇殺人が発生する。
公園に下半身を埋められ口から100円玉を大量に体内に流し込まれた遺体。
手は身元隠しのためか焼かれている。
またしても起こった猟奇的な殺人事件に周囲は戸惑っているが比奈子だけは「興味深い」という。

現場の防犯カメラは電源を切られていた。
被害者の身元は不明。
近隣での目撃情報の聞き込みをすることに。
比奈子は厚田(渡部篤郎)とコンビを組み聞き込み。

そんな時に二人の目の前で倒れる老人。
二人が声をかけると老人はゲームセンターで取った景品に浮かれていた。 そして、老人を送っていくとそこは身寄りの無い老人達が共同生活をしている場所だった。
「十八家」というのがその共同生活をしている住まいの名前だった。
長屋というかシェアハウスというかそんな共同生活の場所。


遺体の検死が済んだ。
体内にかなりの量の100円玉を流し込まれて殺害された。

比奈子はどうやってその作業を行ったのかに興味を示している。
夜勤のデスクで椅子に座りながら寝ている清水(百瀬朔)を被害者に見立て考え事をしていた。
その様子に声をかける東海林。

進展の無いまま同じような事件が再び起こった。
今回の被害者は女性、で河原で殺害されていた。


そして、比奈子は石上(原田美枝子)と会い、中島が不起訴になったと聞かされる。
そして、中島は国の施設に入ることとなったと聞かされる。
その施設はSNRC(精神・神経研究センター)、さまざまな調査や研究対象として逮捕、隔離された者を保護する施設。
しかし実際は罪を犯した天才科学者などを隔離し強制する施設。
そこで中島は猟奇殺人のプロファイリングをその施設の中から継続して行うという。

連絡専用のスマホを渡される。

早速のプロファイリング報告が届く。
返信は比奈子の名前で行った、中島は少し驚いた様子だった。


今回の被害者はいずれも詐欺で逮捕歴があった。
そして、二人はいずれも同じ暴力団との繋がりがあった。
その暴力団は現在跡目争いで内輪もめがいつ起こってもおかしくない状況。


比奈子は最初の事件の起こった公園付近の調査。
そして分かったのはこの事件の起こった公園はかつて義足などを作る会社だったが当時経営が苦しくなり倒産した経緯がある。
当時の社長達は無くなっていたが先代はまだ存命とのことで比奈子は会いにいった。
その先代は先日の老人だった。


東海林はいつもの情報屋から情報を買おうとするがその情報屋はもう情報は売れないという。
それどころか二人の違法な捜査情報の売買を警察上層部に告発すると何者かに脅されている。
それを回避するためには最近の事件の捜査資料と比奈子の情報の持出が条件として提示された。
質問をすることも許されず東海林はしたがうしかないのか。


一方、3人目の被害者が発見される。
一人目、二人目の被害者と繋がりのある暴力団員で時期組長と目されている男。
後ろ手に腕を縛られ椅子に座らされている。

犯人はその暴力団員の口にホースを押し込み100円玉を流し込む。


3人の被害者の接点が少しずつ浮き彫りになってくる。

中島からのヒントを元に比奈子は確信を持って十八家へ向かう。
今回の殺人事件はこの十八家という長屋、シェアハウスの住人達の仕業だった。
それぞれの老人達は今回の被害者達にさまざまなモノを奪われた。
会社、土地、金、信用、家族...そしてそれぞれがいつの間にか一人になってしまい身寄りのないもの同士で恨みを募らせた。

そして、犯行。
比奈子は驚きもせず老人達と話をする。


老人達は少しずつヒントを残していた。
そのことで実はこの老人達は止めて欲しかったのではないかと思い、そのことを訪ねる。
確かに老人達は人の心も無くしていた。
そして止めて欲しいとも言った。

結局、老人達は逮捕された。


そんな比奈子の様子を影から見ていた東海林は確信したと比奈子に告げる。
「お前の事件を見つめる顔は殺人犯の顔だな.....」
比奈子は驚かなかった。


比奈子は中島に会いにいく。
そして、殺人の一線を越えるんじゃないかと比奈子は心配する。
中島は比奈子が持っていたナイフの目的のことを聞く。
比奈子は「父を殺すためのナイフでした」と答える。


東海林がいつも情報を買っていた情報屋が何者かに殺される。
その現場には東海林の姿。
次回、東海林に殺害容疑がかけられる。

ON異常犯罪捜査官藤堂・藤堂比奈子 6話「リッチマン殺人事件・・・比奈子の過去」の感想

比奈子の素性や東海林の素性などそれぞれのことが少しずつ分かってきました。
そして、比奈子のナイフが父を殺すためのものだったことは驚いたようなこれまでの流れからするとそうでもないような。

実際に時折、比奈子の母(奥貫薫)が夢の中で登場しますが幼少の頃から周囲の子供達とは違う思いで生きてきたというのはよく分かります。
父が比奈子のことを「怪物」と呼んだことの真意は今のところまだ分かりませんが次週辺りハッキリするかもしれません。

いろいろな猟奇殺人を扱ったようなドラマはありましたがなんとなく2番煎じ的な臭いがしてしまっていますがこれからの展開を楽しみにしていきましょう。

だんだんとジャンポケ斉藤さん演じる「変わり者の三木健」にハマりつつあります(笑)