森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

死弊 6話のあらすじと感想「次なるターゲット」

f:id:aeron501:20160818024029p:plain
出典:TBS公式サイトより

死弊 6話のあらすじと感想「次なるターゲット」

死弊 6話「次なるターゲット」あらすじ

旧江栗馬村で起こった惨劇。
そのことを調べる由夏(松井珠理奈)と若本(戸次重幸)
そして、そのことを2人以外にも調べていた人物がいた、ゼミ教授の財津。

財津はゼミ生の死を悼むことなくその死弊(DeathCash)の力に酔いしれていた。
財津はすでに死弊に関する論文も手がけている。

由夏と若本は財津を捜すが大学の事務局からも連絡が取れない。
由夏は残されたゼミ生の上野真里(中村ゆりか)に連絡を取ろうとするが連絡が取れない。


そんなとき、由夏が大学構内を歩いていると上から学園祭の看板が落ちてくる。
かろうじて若本が助けるがいつもは死のイメージが見える由夏が自分の死のイメージは見えなかった。

由夏は上野を訪ねる。
上野の実家は金持ちのはずだが今はひとり暮らしで質素な部屋に住んでいる。
金持ちなのは血の繋がりのない父親で実の父親はすでに他界しているとのこと。


同じゼミの灰谷(葉山奨之)が亡くなったことを告げる。
でも、上野は死弊のことを怖がっていない。
なぜならお金が嫌いだからだ。
真里はお金のことを汚いものだと忌み嫌っている。

そして、由夏のことも嫌いだと告げ帰るように促した。


警察では若本のところに警視庁の監察官茅原伊織(柚希礼音)がやってくる。

なぞが多いが自殺や事故をいつまでも追っている若本に忠告する伊織。
そして由夏の写真をみて、若本の妹に似てると言った。
そして「あの時のように暴走しないか心配をしている」と忠告する。

茅原はこの事件の捜査は打ち切るという。


夜、由夏のもとに若本が訪ねてくる。
今後、表立って事件に関われなくなったと告げる。
若本は上野真里のことを調べていた。

上野は旧姓で母親が真里の父を裏切って別の男のところに嫁いだことに納得せず自ら生計を立てている。

由夏は若本の妹のことを聞く。
10年前に亡くなって、生きていれば30才になるという。
どうして亡くなったまでは聞けなかった。


真里の元に母親の高末千尋(田中美奈子)がやってくる。
トイレ掃除をする真里を蔑んだような言葉をかける。

母親は真里に家に戻ってくるように言う。
そして、金のことしか考えていない母親に反発する。


若本は部下の助けで財津の居所をつかむ。
財津が身を潜めていたのは倉庫ののような場所の一室。
若本がその部屋に入ると死弊に関する論文を発見する。
そしてその論文の中にはゼミ生を「被験者」とし旧江栗馬村に行き死亡したゼミ生達のことをまとめていた。
危機を感じた若本は由夏に連絡をする。


由夏が真里を捜す間、家では妹の小夢(清原果耶)がガラス瓶の中の1万円札を見つけていた。


そして、由夏は真里を見つけ後を追うと財津とアパートに帰っていった。
そして、財津が真里に1万円札を渡すところを目撃し驚く。


家にいた妹の小夢はガラス瓶の1万円札を持って夕食を買いに向かっていた。
そこで、車に惹かれる。
小夢が持っていたのは「死弊」だったのか?

死弊 6話「次なるターゲット」感想

お金よりも大切なものを追い求める真里。
由夏の妹小夢は本当に車に轢かれてしまったのでしょうか?
死弊の呪いが強力すぎて怖いのですが財津は大丈夫なんでしょうかww
実際に財津が一番危険な気もしますがね(笑)


財津がコントロールできるようなものではない気がしますが....

いよいよ物語も佳境です。
もう仲間もほとんど居なくなり由夏と真里だけになってしまいました。
これまでいろいろな人が亡くなりましたが亡くなる際にいろいろな出来事が重なって行くわけですがどこかで見たことあるなと思っていたら「ピタゴラスイッチ」みたいな仕掛けが満載でした。

とりあえず小夢が無事なことを祈ります。