森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

そして、誰もいなくなった 6話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20160822010028p:plain
出典:日テレ公式サイトより

そして、誰もいなくなった 6話のあらすじと感想

そして、誰もいなくなった 6話のあらすじ

この6話の物語は「終わりの日」から1ヶ月後から始まる。
元官僚に小山内(玉山鉄二)は留置所に入っている。
左手には新しいあざがある。
小山内の元に公安の鬼塚(神保悟志)に話を聞かれることになる。

その後、小山内は無事に留置所から出る。
弁護士の西条(鶴見辰吾)が出迎える。
そして「1人でこそこそしているから襲われるんですよ」と忠告される。
どうやら小山内は暴力事件を起こしたのか巻き込まれたのか一時的に拘留されていただけのようだ。


新一がかつて勤務していた会社「株式会社LED」では課長の田嶋(ヒロミ)と五木(志尊淳)が上司にどやされていた。
この1ヶ月、仕事が全く進んでいないのだ。
田嶋は予想以上に藤堂のプログラムが難しく苦労しているという。
五木はあと1週間でなんとかすると宣言する。

この1ヶ月田嶋のチームは新一の作ったプログラム「ミスイレイズ」のプロテクト解除を必死に試みていたが一向に開路は見えなかった。
そんな状況での五木の言葉に驚いた田嶋は五木を問いただすが五木はプログラムをいじるのではなく新一を探し出しプロテクトを解除して貰おうと提案する。


小山内はバーKINGに行くがやはり店は閉まっている。

西条は夜の居酒屋で1人酒を飲む鬼塚を訪ねる。
そして、藤堂新一の事件のことを話す。
西条はあっちの藤堂新一もこっちの藤堂新一も自分の依頼人だという。
鬼塚は藤堂の件からはすでに公安は手を引いているというがやはり鬼塚は何一つ解決していない藤堂新一のなりすまし事件のことが気になる。


新一の母万紀子(黒木瞳)は早苗に身の回りの面倒を見て貰っている。
万紀子は早苗に聞きたいことがあった。
お腹の新一の子供のことを育てていけるのか心配している。
新一はまだ失踪中、そのことで早苗のことを気遣っている。

早苗はそれでも子供を産む決意をしている。

そこに小山内が訪ねてくる。
今日は万紀子の誕生日らしい。


万紀子の世話をしていたヘルパーの弥生(おのののか)も失踪していた。
小山内は母の誕生日のお祝いを欠かしたことのない新一の行動を知っていたために様子を見に来たのだろうか。

万紀子のスマホにメールが届く、差出人は新一からのビデオメッセージ。
メッセージの内容は「世界と孤独に」「これからプレゼントをメールする」という内容。
程なくメールが届くが画面には「Miss.Erase」の文字。

万紀子の携帯のデータが全て削除されたようだ。
そして、小山内と早苗の携帯にもメールが届く、万紀子からだ。
どうやら、万紀子の携帯には新一からウイルスが送られてきてそのメールを受け取ると携帯の内容は全て削除され登録しているアドレスに同じものを送るようだ。

しかし、アドレス帳もすでに削除されてしまっているのでなすすべがない。

困惑する万紀子。
小山内と早苗に1人にして欲しいと頼む。

早苗は帰り道、小山内にあのウイルスは新一ではなくて誰かの仕業ですよねと聞くが小山内は分からないと答える。


新一の部屋で小山内と早苗が話をしていると五木が訪ねてくる。
五木は大至急新一を探し出さないといけないと言うが早苗も新一の居場所は知らない。
小山内が先ほど万紀子の携帯に送られてきた「Miss.Erase」のメールのことを話すとそのメールを転送するように言い残し帰って行った。


小山内がバーKINGの前を通りかかると店は明かりがついていた。
慌てて中に入ると日下(伊野尾慧)がいた。

小山内は新一のことを訪ねると日下は思い出したくないと拒んだ。
しかし、しぶしぶ話し出した。

日下は左手の包帯を見せ新一と一緒に拉致されたが自分だけ解放されたという。
新一の居場所は全く分からないと言う。

日下は逆に小山内を問い詰める。 以前、パーソナルナンバーがないことで小山内に脅され新一が使ったグラスを保管させたのだ。
そのグラスを何に使ったのかと尋ねる。

あの時はどうかしていたと小山内は言った。


日下は新一のことを捜してもムダだと小山内に忠告する。
新一を一緒だったときに人格がどんどん変わっていって別人のようになってしまったと言った。
そのとき店に客が入ってきてしまい言葉の真意は分からなかった。


アパートの一室で新一はパソコンに向かって何かを必死に作っている。
「そろそろかな」とつぶやく。

株式会社LEDでは五木が新一から送られたという「Miss.Erase」の解析をしていた。
そして無事に解除、したかに見えたがMiss.Eraseが暴走を始める。

結局、LEDのサーバーのデータは全て消去された。


朝、アパートの一室では新一、日下、「ガキの使い」こと馬場(小市慢太郎)、家出少女の君家砂央里(桜井日奈子)がいた、馬場のかけ声で起こされる面々。

4人は共同生活、仲良さそうで新一も最近はよく笑うようになった。


ある日の明け方、店の営業を終えた日下がアパートに向かう。
その後を追う小山内。
道中で小山内は日下のことを見失う、そして馬場が「藤堂新一からのプレゼントだ」というとバットで小山内を殴る。
小山内は気を失い馬場の車のトランクに乗せられ連れ去られた。
その様子を弁護士の西条が見ており警察に通報する。
馬場は途中でパトカーに見つかり逃げることに。


早苗が万紀子の元を訪ねると部屋は留守だった。
そしてゴミ箱の中に捨てられていたボイスチェンジャーを見つける。


アパートでは馬場が戻らないことで3人が心配している。
日下と砂央里が探しに出る。
「明日は決行の日だから...」と新一はいった。

馬場を捜しに出る日下の前に現れたのは万紀子だった。

2016年9月1日決行の日「世界が孤独になる」
新一がつぶやく。

そして、誰もいなくなった 6話の感想

7話の予告では新一達は政府のサーバーを攻撃するようです。
もしかしたら、パーソナルナンバーを取り戻すためでしょうか。

今回のラストで万紀子と日下が対峙したときの様子も不思議な感じです。
日下に「新一とちょうど6つ違いか」と年齢の話を意味深に語った場面がありましたが何かあるのでしょうか。

万紀子がボイスチェンジャーを持っていたのも謎です。

本当にラストが見えてこないです....

そもそもどうしてこんな大きな話になったんですかね(笑)

事件の黒幕だと思われていた小山内も馬場に捕まりどうも黒幕でも無さそうな感じもするし難解です。
でもラストが楽しみですね。