森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子 8話あらすじと感想「女殺人鬼が脱走・・・比奈子へ壮絶復讐」

f:id:aeron501:20160830233658p:plain
出典:関テレ公式サイトより

ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子 8話あらすじと感想「女殺人鬼が脱走・・・比奈子へ壮絶復讐」

ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子 8話「女殺人鬼が脱走・・・比奈子へ壮絶復讐」のあらすじ

比奈子(波留)が殺人犯と対峙するときナイフを隠し持っていて正当防衛を口実に殺すかもしれないという思いでいたことを東海林(横山裕)は刑事として認めないと言う。
しかし、比奈子は東海林がかつて妹殺しの犯人を半殺しにしたことと何が違うのかと逆に冷静に聞く。

もちろん東海林もそのことは許されないことだと言い、自分は間違っていたことは分かってると言った。

そして上に報告すればどのみち懲戒処分となる。
その前に自分の意思で警察を辞めろと東海林は比奈子にキツく言う。


東海林は妹の墓参り。
物陰から人の気配を感じる。
帰り道、走り出す東海林。
尾行していたのは片岡班の片岡主任(高橋努)の指示。

情報屋の藤川(不破万作)が亡くなったことで片岡班では東海林に少なからず疑いをかけている。


比奈子は中島(林遣都)の元に。
そして、警察を辞めようと思うことを話す。
比奈子は数々の殺人犯と対峙して自分のことが分かったという。
自分は殺人犯と同じ側の人間だと思っているという。

中島はあのナイフを捨ててもう一度考えるべきだと説得するが比奈子の意思は決まっていた。
中島の手を振り切り部屋を後にする。


その後、登庁した比奈子は厚田(渡部篤郎)に話があると言うがそんな時に殺人の通報。
殺されたのは刑務官。
殺したのはかつて洋館での連続殺人事件を起こした犯人佐藤都夜(佐々木希)
都夜は比奈子のことを狙っている。
逮捕されたときに比奈子に復讐に行くと言うようなことを言っていた。

そのこともあり厚田は比奈子に身を隠すように指示する。
比奈子はしばらくはホテルに、東海林は比奈子の警護をすることとなった。


新たな事件。
殺された犬の腹に男性の右手首が詰め込まれていた。

一連の事件は似たような状況。
最初の事件は長野の宝元町で5匹のカエルの腹に人毛が詰め込まれていた。
そして、2番目の事件は隣の坂上町での事件。
スズメ3羽の腹に男性3人分の歯が詰め込まれていた。

3番目の事件は岩見堂町で4匹のハムスターの腹に人間の耳が詰め込まれていた。

次は群馬県の鵜佐間町で鳩の腹に人間の鼻が詰め込まれていた。

そして、5番目の事件は埼玉県西沢平町で5羽のカラスの腹に右手の指が詰め込まれていた。

更に埼玉県中井川町で次は猫の腹に人間の眼球。

最後に東京の小菅で犬の腹の中に手首。

事件は長野の事件から直線上に東京に向かって起きている。

この事件はまだ続くのかと心配する面々。


脱走した佐藤都夜は閉鎖された工場のようなところにいた。
そこに誰か現れる「あんたが私に手紙をくれた人?」


厚田は比奈子にこの動物の腹に人の体を埋め込んだ事件のプロファイリングを中島に頼むように言う。
しかし、比奈子は中島のところにはもう行かないという。
そして、厚田に「退職願」を渡す。

中島の元には東海林が向かった。


中島は比奈子のことを東海林に話す。
そして子供の頃、比奈子のことを「怪物」と父親に呼ばれていたことも話す。

中島は比奈子が人を殺すのではないかと心配している。
そして、比奈子のそばにいて欲しいと頼む。


比奈子と東海林は厚田の指示でホテルに戻る。


比奈子は高校生の頃のことを思い出している。
とある廃屋の裏に捨ててある犬や猫を殺した人に会った時のこと。
その人にナイフを貰い「いつか自分らしく人を殺せばいい」と言われたことを思いだしていた。


東海林と比奈子が宿泊しているホテル。
東海林の元に藤川の携帯からの着信。
電話の声は佐藤都夜だ。
そして、「藤堂比奈子を殺しに来たの」
そう言う都夜の言葉に慌てて部屋を出る東海林。
そこには何者かが待ち伏せをしており東海林を後ろから殴る。
床に倒れ込む東海林。

警察では藤川の携帯の電波が発信されたと言うことで片岡達が慌ただしく発信元に急行していた。

そこにはホテルに入っていく佐藤都夜の姿。
片岡が慌てて後を追う。
比奈子の部屋の前で女性に都夜のことを尋ねるが女性は知らないという。
そして、比奈子が部屋から出てくる。
比奈子と話す片岡の喉元を先ほど女性が切り裂く。
その女性は「比奈子、久しぶり」と知った様子。


中島のプロファイリングではこれまでの動物の惨殺についてとある言葉が明らかになった。
それは事件の町の名前を殺された動物の数の順番の文字で一文字とりだしその文字をつなげると「とうどうひなこ」になるものだった。

f:id:aeron501:20160830233745p:plain
出典:関テレ公式サイトより

ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子 8話「女殺人鬼が脱走・・・比奈子へ壮絶復讐」の感想

次回はいよいよ最終回です。
衝撃的な事件ですがこの犯人はかつて比奈子にナイフを渡した張本人。
予告動画では「真壁永久(まかべとわ)、職業人殺し」と名乗っています...

比奈子と永久(とわ 演:芦名星)の関係は何か因縁めいたものがあるのでしょうか。
永久は比奈子を殺しに来たのか?
都夜はどこに行ってしまったのでしょうか。

今回のラスボスは芦名星さんですね。
個人的に芦名さんを認識したのは「ギラギラ」っていうドラマでしたね(笑)
佐々木蔵之介さんが伝説のホストを演じたドラマ。
石橋凌さん演じる銀座の将軍の愛人的なナンバー1ホステスを演じておりました。

それにしてもこの芦名さんが青いカラーコンタクトをしているのですがそれだけでもの凄く怖いです。
で、職業人殺しらしからぬ軽快な感じでギャップがまた怖い感じです。
最終的にどんな決着がつくのでしょうか?
比奈子が永久を殺してしまうとかは物語的にはありそうな感じもしますね。