森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

好きな人がいること 8話あらすじと感想「運命の夜」

f:id:aeron501:20160905220219p:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

好きな人がいること 8話あらすじと感想「運命の夜」

好きな人がいること 8話「運命の夜」あらすじ

海を見つめながら家族のことを考える柴崎千秋(三浦翔平)。
楓(菜々緒)からの電話にこれから出勤するところだと答える。

SeaSonsには新しいスタッフとして柴崎冬真(野村周平)の姿があった。
冬真の元カノ風花(飯豊まりえ)も店を訪れ冬真の姿をみて、似合っていると褒める。
冬真も嬉しそう。
仲直りしたようで櫻井美咲(桐谷美玲)も嬉しそう。


店には大橋尚美(池端レイナ)が打ち合わせに。
尚美のプロデュースするダイニングアウトに柴崎夏向(山﨑賢人)と美咲のコンビも参加するのだ。

美咲は少し前まで千秋のことが好きだったのに今は夏向のことが好きになっている。
そのことを後輩の若葉(阿部純子)に告白し夏向から告白されたことを話す。
若葉はすぐにでも返事をして付き合った方がいいというが美咲はタイミングがつかめない。

そんな夏もそろそろ終わりという頃、柴崎3兄弟と美咲は花火をして盛り上がる。
その盛り上がる様子の傍らで静にビールを飲む夏向に告白の返事をしようとする美咲だが夏向は素っ気ない。

ダイニングアウトのプレゼンまであと1週間。
夏向にとってはステップアップする大事な仕事。
「がんばってね」とう美咲に「『がんばってね』じゃねえよ、いっしょに成功させるんだよ」と夏向が言う。

そんな時、若葉からの電話にこのダイニングアウトのプレゼンが成功したら夏向に返事をするつもりだと言う。


千秋は夏向に話をする。
美咲のことをどう思っているのか聞く。
夏向は即答で「好きだけど...あいつにも、もう言った」と答える。
千秋は少し寂しそうな顔をして「そっか.....」と答える。


夏向と美咲は鎌倉野菜の収穫に。
夏向はメインの食材をトマトにする。
美咲は桃を選んだ。

ふたりは収穫した野菜を食べイメージを膨らます。

プレゼンまで2人で料理やスイーツの試作を重ねる。


夏向は料理のレシピノート、美咲はスイーツのアイデアノート、それぞれを交換し合いそれぞれのイメージを更に膨らませる。

いよいよプレゼン前夜、料理とスイーツが決まった。
ふたりは本番を前に公園で缶ビールを開ける。

美咲はこれまで料理に合わせたスイーツを作ったことはなかったけれど今はとても楽しいと夏向に告白。
そして明日のプレゼンでOKがでたら2人でお祝いをしようと誘う。
それでも相変わらず夏向は素っ気ない。


大橋へのプレゼン。
大橋はとても良かったがこのままでは出せないと言う。
帰りがけに店の外で千秋は大橋に理由を聞いた。
料理はいいがスイーツが素材の味を引き出せていないと言う。
美咲は偶然その話を聞いてしまう。


大橋は夏向にパティシエの代わりの候補の資料を渡していた。
美咲はその資料を目にしてしまいまたしても落ち込む。

美咲はLEG ENDで酔いつぶれてしまう。
そこに千秋と楓が現れる。
日村(浜野謙太)は千秋に美咲を送っていくように促す。
千秋は美咲を送っていく途中で夏向のことをどう思っているのか聞く。


家に戻り、美咲は夏向に足を引っ張ってしまったと謝る。

そんな美咲に「だせー」と夏向は冷たく接する。
「少しでも期待した俺がバカだった」と追い打ちをかける。

美咲はショックを受け部屋に戻る。


千秋はLEG ENDに戻る。
楓は本当は行って欲しくなかったと愚痴を言う。


夏向の前に東村(吉田鋼太郎)が現れ「ダイニングアウト頑張って」と意味深なことを言って去って行く。


千秋は大橋と打ち合わせ。
そこで大橋が紹介したパティシエを夏向が断っていると聞かされる。
千秋はそのことを家に戻って美咲に話す。
そして「夏向は待っているんじゃないかな」と美咲にもう一度ちゃんと話し合ってみたらと声をかける。

美咲は自分が奮起してくるのを待っていることに気がつく。
そして店で1人、新しいスイーツの試作をする。

結局、朝まで試作を続けた美咲。
新しいスイーツを持って大橋のもとを訪ねる。
大橋は夏向のためにあきらめてというが美咲はどうしてもあきらめたくないと言う。

それでも大橋は美咲のスイーツを口にしなかった。
そして「あなたでは力不足」とハッキリと言った。

その時、夏向も現れる。
そして、美咲以外のパティシエとは組まないと言う。
「オレの料理を一番分かってくれているのはコイツなんで」と帰るぞと美咲を促す。

大橋も仕方なく「待って」と言い美咲の新しいスイーツに手をつける。

結果、パティシエは美咲に決まった。

その帰りにあきらめようとしたことを夏向に謝る美咲。
夏向は「お前の代わりなんかいねぇ」とまた素っ気なく言う。

帰りのバスで美咲は夏向に今夜お祝いしようと誘う。
夏向も別にいいけどと嬉しそう。


美咲は店でお祝いのためのケーキを作っている。
そこに千秋が現れる。
千秋は美咲が夏向のために作っているケーキを寂しそうに見つめる。

そして、ケーキを持って帰ろうとする美咲を後ろから抱きしめた。
美咲はケーキを落としてしまった。

家では夏向が待っている。
ケーキは崩れてしまった。

好きな人がいること 8話「運命の夜」感想

美咲の気持ちが夏向の方を向いていく中で千秋の気持ちも少しずつ変わっていきました。
美咲のことを好きになってしまったようです。

元々、千秋は美咲のことが好きだったのか、そうでもないのかは分かりませんけど好きだからこそ「SeaSons」に誘ったのかもしれないという感じもします。

それなら最初から言えばいいのにという感じですけどね。

いよいよ2人に挟まれてしまった美咲の本当の気持ちはどちらにあるのでしょうか?