森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

こえ恋 9話あらすじと感想「あなたの笑顔」

f:id:aeron501:20160911001419p:plain
出典:テレビ東京公式サイトフォトギャラリーより

こえ恋 9話あらすじと感想「あなたの笑顔」

こえ恋 9話「あなたの笑顔」あらすじ

文化祭の日、松原くん(声:櫻井孝宏)を訪ねるカオリという女性(川栄李奈)

ゆいこ(永野芽郁)はそんな二人の姿をみて気が気ではなかった。
文化祭後、松原くんが3日も学校を休んでいる。
気になって仕方がないゆいこ。

同級生のあき(大友花恋)は松原くんの家に行ってみたらという。
そして放課後、クラスの代表として松原くんの家へ。


松原くんの家へ行くと文化祭の時にいたあの「カオリ」が家にいた。

弟のケイが居留守を使ったのだがそのせいでカオリは家で待っていた。
ゆいこもかぼちゃを持ってきたので待っていた。

二人ともいつまでも家で待っているのでケイは病院が長引いているとまた嘘をついたが結局ふたりは夕食を作ることになった。

カオリは松原くんの幼なじみ、ゆいこの知らない昔の櫻井くんの話をするがゆいこは全然気にしていない様子。
あまりの天然ぶりのゆいこにカオリは戸惑う。
ゆいこには嫉妬とか憎しみと言った感情はない(笑)


ゆいこのことを心配しているあきと加賀谷(落合モトキ)
あきはゆいこの兄恭士郎(白石隼也)の姿を見つけ近づくが恋人のような女性が現れ声をかけられなかった。

加賀谷が声をかけると涙を流していた。


櫻井家ではゆいこが「松原くんクッキー」を作っていた。
そのクッキーを見てカオリは松原くんは紙袋のことで悩んでいる。
そんな風にふざけないで欲しいと言う。

もちろんゆいこはそんなつもりはないがカオリの悲しそうな顔をみて静かになる。


あきは帰り道で小学生の頃から恭士郎のことが好きだったと泣きながら加賀谷に話をする。
加賀谷も言葉が出ないが「いちごメロンパン」をあきに渡す。

松原家では夕食の準備が進んでいた。
そんな時にカオリが小学生の頃、転校してきて寂しい思いをしていたときに松原くんの笑顔に救われたという話をするとゆいこは自分の知らない松原くんのことを思い家を飛び出してしまう。

ゆいこは帰り道、泣きながら「どうしてこんなに苦しいんだろう、どうしてこんなに胸が痛いんだろう、わたしはいったいどうしちゃったんだろう」と思いながら歩いていた。

松原家では飛び出したゆいこを追いかけようとする松原くんをカオリが制止する。
「また、私をひとりにするんだ…」松原くんもハッとする。

こえ恋 9話「あなたの笑顔」 感想

松原くんの過去を知るカオリ
ゆいこは嫉妬する気持ちはなかったが「松原くんの笑顔」とういワードに動揺したようだ。

紙袋を被っている高校生はやっぱり不自然(笑)

カオリは松原くんが語ろうとしない紙袋のことを知っているのだろうか?

最後に松原くんの紙袋の秘密が分かるといいのですが…