森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

仰げば尊し 最終回(8話)あらすじと感想「別れと奇跡」

f:id:aeron501:20160911215924p:plain
出典:TBS公式サイトより

仰げば尊し 最終回(8話)あらすじと感想「別れと奇跡」

仰げば尊し 最終回(8話)「別れと奇跡」あらすじ

樋熊迎一(寺尾聰)の病室。
手術を終え目を覚ました迎一に渚(石井杏奈)と井川(健太郎)が吹奏楽部の県大会の金賞を受賞し関東大会に進んだことを報告した。
木籐良(真剣佑)も県大会に参加したことを聞くと迎一はまだ弱々しい手を差し出し「お帰り」と声をかける。

生徒達も病院の外から声をかける。


迎一の娘奈津紀(多部未華子)は主治医に迎一の病状について話を聞くが手術の結果は思わしくなかった。

手術で開腹したものの状況が思わしくなかったために何もせずに閉じたのだという。

しかし、奈津紀はそのことを迎一にも生徒達にも言えずにいた。


生徒達は迎一のことが心配でならない。
しかし、奈津紀も強がって生徒達に活を入れる。


奈津紀の様子をみて迎一の手術が実はあまり思わしくないのではないかと青島(村上虹郎)と木籐良が奈津紀の元を訪ねる。
いったんは手術は成功したと告げた奈津紀だったがやはり本当のことを隠しておくことはできなかった。
そのことを聞いた青島達だったが落ち込むだけではなく「広い世界を見せてやる」と言った迎一に今度は逆に「俺たちが広い世界を見せてやろう」と逆に士気を高める。


迎一は主治医に自分のことを聞いた。
本当のことを聞いておきたいと。
そして、手術は意味がなかったことを聞く。

それでもまだ「自分には半年ある」と全国大会には何としても参加したいと生徒達のことを思い出す。

翌日、奈津紀は全てを生徒達に話した。
落ち込む生徒達だったが「一番辛いのは先生だろ」という青島や木籐良の言葉に全員が気持ちを切り替える。

迎一はリハビリをしていると生徒達が千羽鶴を追ってきてくれた。
迎一は関東大会に向けてリハビリに励んでいたがガンが肺にまで転移していた。
そして数日後に控えた関東大会を見に行くことはできなくなった。

それでも青島達は全国大会に行くから今は治療に専念してほしいと言い残し関東大会に臨んだ。


いよいよ関東大会。
生徒達は必要以上に緊張して音が揃わない。

そこに現れたのは高杢(太賀)に抱えられてきた迎一。

「お前達なら大丈夫だ」その迎一の言葉に勇気づけられる生徒達。

奈津紀が迎一に指揮をして欲しいと言う。
しかし、こんな体ではいつ倒れるか分からないと断るが奈津紀も袖で準備をしておくからと無理を押してステージに立つことに。


全員の姿を見渡しながらタクト(指揮棒)を振る迎一。
生徒達も袖の奈津紀も迎一の姿を目に焼き付けながらの演奏。
生徒と迎一、奈津紀が一体になった渾身の12分間。


そして、美崎高校は金賞を受賞。
そして金賞の受賞校から3校だけ選ばれる全国大会への切符。
順に選出校の発表、2校の発表が終わり残り1校。

選ばれたのは名門の明宝高校、美崎高校は全国への切符を手にすることはできなかった。

コンクールの後、肩を落とす生徒達。
そこに明宝の顧問が現れる。
かつて美咲のことをバカにして喫煙問題でトラブルとなったが明宝の顧問は、音楽として聞いている人の心を揺さぶったのは美崎高校だったと激奨した。
そして、来年もまた会おうと迎一に握手を求めた。


改めて迎一は生徒達に語りかける。
迎一にとっての「心の火はお前達だ、お前達は私の誇りだ」と言った。

そして赴任した日のことを思い出した。
「もっと何かに夢中になって生きてみませんか」そう言ったことを思いだしみんなが夢中になっていることを褒め称えた。

そして「先生の心は俺たちの中にしっかりあるよ」
青島が言うと全員がうなずいた。

最後に奈津紀に「みんなを頼むよ」と言い残すと一人タクシーで帰っていった。


その迎一の姿が生徒達がみた最後の姿だった。

迎一が亡くなり、音楽室では奈津紀が生徒達に父に希望をくれてありがとうと声をかける。

そしてみんなが揃った最後の演奏。
みんな涙をこらえ迎一のことを思い出し「仰げば尊し」を演奏する。


そしてまた夏がやってきた。
関東大会では奈津紀がタクトを振る。

渚や青島、木籐良、高杢、桑田、安保、卒業生達も観客席に駆けつけた。

そして、美崎高校は全国大会の出場を決めた。
井川がステージでガッツポーズ。

青島や木籐良、渚達は高校卒業後それぞれの道を歩んでいた。
木籐良は音楽アカデミーに留学している。
青島は樋熊先生に何か恩返しをしたいと音楽教師になるべく音楽大学を目指し浪人している。

そして、また5人は別れた。

仰げば尊し 最終回(8話)「別れと奇跡」感想

迎一との最後の演奏となった関東大会。
かつてトラブルのあった明宝の顧問からは思いがけない言葉をかけられたけど最後まで本当のことを言うのを我慢した迎一は強いひとだなと。

関東大会では迎一が病院からこっそり抜け出したがあれは高杢の独断だったのか迎一が望んだのか謎ではあります。
まあ、高杢の暴走っぽいけど結果的にはGJでしたね

あの青島が音楽の教師を目指す、いい展開です。

そうそう忘れちゃいけないのは奈津紀役の多部ちゃんですが相変わらず何をやらせてもいい感じでありました。

仰げば尊しの見逃し配信について

今回で最終回となった「仰げば尊し」ですが見直すにはオンデマンド配信がよろしいかと思います。 最新話(最終回)だけは1週間無料視聴が可能ですがその他の回については有料となってしまいますがもう一度見直すのもいいですよね。