森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

死弊 最終回(10話)あらすじと感想「呪いが解かれる時」

f:id:aeron501:20160915011503p:plain
出典:TBS公式サイト公式サイトより

死弊 最終回(10話)あらすじと感想「呪いが解かれる時」

『死弊』はHuluで配信中です!
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

死弊 最終回(10話)「呪いが解かれる時」のあらすじ

旧江栗馬村の生き残り小寺雄一は刑事の高山(菅原大吉)だった。

高山は死弊の呪いを封印するべく死弊について調査をしていた大学教授の財津(筧利夫)を殺害し刑事の若本(戸次重幸)を監禁していた。

若本はどうしても南由夏(松井珠理奈)だけは助けたいと懇願するが高山は「地獄で会わせてやるよ」と銃口を若本に向ける。

若本の死を覚悟したその時、茅原伊織(柚希礼音)が現れる。

茅原は高山を疑い泳がしていたという。
そして、今回のことを詫びる。

由夏は妹の小梅(清原果耶)の治療のために死弊を使ってしまった。
若本が電話をかけるとすでに死弊を使ってしまったことを知る。
「若本さん、今までありがとうございました」と電話で礼を言う由夏。
死弊を使ったことで死を覚悟している。


由夏は小夢の病室で付き添っていた。
小夢が眼を覚まし「絶対に死弊を使っちゃダメだからね」と言い「私が生きてもお姉ちゃんがいなくちゃ意味がない」と由夏を諭す。
由夏も「約束する」と答える。

そして、小梅に新薬が投与された。
死弊で支払いをした新薬の投与。
由夏にこれまでの仲間達の死の姿がよぎる。

そこに若本が現れる。
若本の姿を見て泣き崩れる由夏。
若本が由夏を抱きしめ「俺が絶対守る」と約束する。

そんな時、様態が急変したという小夢の元に向かう由夏。

由夏が向かった先には小夢の処置室を告げる掲示板があったが死弊の呪いのせいで掲示板の内容が入れ替わってしまい由夏は医療廃棄室に。

そこで起きたのはピタゴラスイッチも真っ青のカラクリの数々。

由夏の悲鳴を聞いた若本が助けに入る。
しかし、若本は大量の施術用メスを背中に受けてしまう。


本来なら由夏に死が迫るはずのところだが若本に死が迫っている。
若本はここにくる前に逮捕した高山に死弊の呪いを解く方法を聞いていた。
その方法は呪いを「うつす」というもの。
由夏の呪いを誰かが引き受けて身代わりになれば由夏は生き残るという。
そのことで若本は呪いを引き受けたのだ。


由夏が一度支払った死弊を若本が一度「偽札の疑いがある」と押収し若本が再度支払いをしたのだ。
そして、呪いを引き受けた。

そのことで「小梅ちゃんは絶対助かる」と言い残し息を引き取る。


3年後、由夏は刑事に。
小夢はまた元気になっていた。

そして由夏は「せいいっぱい生きて行くから」と仕事に向かう。

死弊 最終回(10話)感想

最終回でした。
どんな感じに結論を持っていくのかと思いましたが結局若本が亡くなってしまいました。

由夏が刑事になったのは少し意外でしたが小夢も元気になって良かったです。

『死弊』はHuluで配信中です!
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中