森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

闇金ウシジマくん 最終回(9話)あらすじと感想

f:id:aeron501:20160803214000j:plain
出典:TBS公式サイトより

闇金ウシジマくん 最終回(9話)あらすじと感想

闇金ウシジマくん 最終回(9話)あらすじ

神堂(中村倫也)による上原家の全財産没収作戦は着々と進行していいた。
まゆみ(光宗薫)が殺人の共犯だとして警察に捕まると父の重則(名倉右喬)に対しても上原家の土地を売却するように迫った。

上原家はみんな神堂のいいなりで時折行われる電気ショックの「しつけ」におびえている。

そんな時、神堂とグルになっている占い師「勅使河原(三田真央)」の情報が戍亥(綾野剛)から丑嶋(山田孝之)へ伝えられた。
本名は「アサガワヤヨイ」といい家族の遺体がドラム缶の中から見つかったという。


アパートではまゆみの妹みゆき(今野鮎莉)の夫カズヤ(板橋駿谷)がみゆきを殴っていた。
みゆきが風俗でアルバイトをしていたことをなじる。
上原家の面々はその姿を見ているしかなかった。
みゆきはこうなったのも姉が不倫相手を殺したのが悪いと言い出す。
姉のまゆみはこうなったのは父の重則が悪いという。
かつてまゆみが小さい頃、風呂で性的ないたずらをされていたと告白する。

家族の間に亀裂が入る。
まゆみの携帯に送られてきた父重則が同僚の女性の胸を触っている動画を家族に見せる。
父は言い訳をするが家族は当然信用しない。

神堂は父の重則が頼りないからだと言う。
そして上原家の新しいリーダーとしてカズヤを指名した。

カズヤは自分こそが新しいリーダーだと重則を蹴り上げる。
そして電気ショックを与え重則が意識を失う。

これ以上やると死んでしまうと言うみゆきにも厳しく接する。
結局、重則は死んでしまう。

そこにヤクザの柏木が現れる。
柏木はみゆきが違法に働いている風俗のバックに付いている。
柏木はみゆきのことが気に入り毎日入り浸っていたが今日はみゆきがいないためにこのアパートに来た。

重則の死体を見ると「面白いことになりそうだな」と言うがまゆみがハンマーで殴り母が包丁で柏木の喉を刺して殺してしまう。


神堂はこの二人の後始末を自分たちでするように言い、出かけるという。
ドアを開けるとそこには丑嶋がいた。
まゆみとみゆきは丑嶋に借金がある。

丑嶋が部屋に入るとそこには重則の遺体、そして丑嶋が柏木に電話をかけると押し入れから携帯の音。

二人の遺体を見ても金さえ返してもらえれば文句はないと言うが神堂はまゆみに「刺し殺せ」と命令する。

しかし、丑嶋がまゆみのお腹のこどものことを話す。
そして「何かを守りたいなら強くなれ」という。

神堂はまゆみに刺すように命じるがまゆみは応じなかった。

そこに柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)が入ってくる。

そして神堂をつるし上げる。
神堂は水の入ったペットボトルに乗せられ首にはロープをかけられている。
手は後ろ手に縛られておりバランスを崩せば命はない。

まゆみとみゆきの借金と迷惑料で300万円払えと言う丑嶋に「俺なら口先ひとつで300万円くらいすぐに集めてやる」という神堂に「どうやって集めるの?」と丑嶋が聞く。


神堂は顔を腫らし知り合いから何とか300万円を調達する。
そして、柄崎と高田は金を受け取ると「お前にもう用はねえよ」と立ち去る。

神堂がアパートに戻ると警察がいた。
殺人と殺人教唆の容疑で逮捕された。


コセちんこと小瀬章(本多力)はネットパソコン教室を立ち上げ順調に業績を伸ばしていた。
まだまだたくさん稼げているわけではないがこの調子ならいずれ自立できそうだとケースワーカーと共に喜んでいた。


希々空(小瀬田麻由)は借金を返せずにライノーローンの犀原茜(高橋メアリージュン)に裏風俗へと追いやられてしまった。


結城美奈(佐々木心音)は弁当屋でアルバイトをして地道な生活をはじめていた。
弁当屋の裏で捨てられている弁当を漁る母に暖かい弁当を差し出した。
また一緒に暮らしたいという母に返事をせずに立ち去った。


結局、戍亥の情報によると神堂は余罪が数多くあり死刑も免れない状況、上原家の面々も実際の殺人に荷担していたので無期懲役は求刑されるだろう。
まゆみだけは実際の殺人は行っていないが6〜8年の実刑は覚悟した方がいいという。

そして、4年後上原まゆみの仮釈放。
刑務所から出たまゆみの前には丑嶋がいた。

丑嶋はまゆみから刑務所内で行った刑務作業の賃金を回収した。

まゆみはこども園の前で小さな子供の姿を見る。
そして、何かを思い出したように涙を流した。
丑嶋がポケットティッシュを差し出す。

闇金ウシジマくん 最終回(9話)の感想

結局、まゆみは4年で仮釈放となりました。
捕まる前に丑嶋の言葉に自分の意思を貫き人を刺すことをしませんでした。
最後のシーンでは小さな子供を見て涙を流しましたがそれが我が子だったのかそれとも生まれなかった子供のへの思いだったのかは分かりません。

原作の漫画では神堂の子で実際に獄中で出産をしているようですがドラマではそこまでハッキリとは描かれていなかったように思います。

物語は上原家のメインストーリーの他にもいくつかのエピソードがありましたが個人的にはコセちんと美奈が少しずつ自分の力で生きることをはじめたところはいいですね。

今回はストーリーにほとんど顔を出さなかった丑嶋たち、もちろん映画を控えてますから仕方ないのですがドラマ単体でみると少し不完全燃焼な感じもしますが映画に期待ということで。