森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

「運命に、似た恋」再放送(見逃し)・最終回(放送回数)・原作情報【まとめ】

運命に、似た恋
「運命に、似た恋」公式ノベライズ電子書籍はコチラ

「運命に、似た恋」再放送(見逃し)・最終回(放送回数)・原作情報【まとめ】

「もう一度、めぐり逢うために生きた。」
バツイチの45才カスミ役に原田知世さん。
若手NO.1と言われるデザイナーのユーリ役に斎藤工さん。
公式サイトのみどころには「カスミは、ユーリが自分にとっての“運命の人”だったのでは、と気付く」とある。
物語には過去にさかのぼるエピソードがあるが「バツイチ」「運命の人」「斎藤工さん」という感じで行くと春のドラマ「コントレール 罪と恋」とか「昼顔」を思い出してしまう。
でも、あちら2つはドロッとした感じ。今度は少しメルヘンチックな感じみたいです。
「あの時の運命の人」という純愛ストーリーみたいなのでちょっと期待感はあります。

ということで今回のドラマの放送日程や再放送の日程、放送回数や最終回、原作などの情報をまとめていきましょう。

「運命に、似た恋」放送日程と再放送の予定・見逃し配信情報

NHKの新ドラマ「運命に、似た恋」はNHKのドラマ10枠での放送となります。
基本の放送日程は総合テレビにて毎週金曜日22時からとなります。

再放送の基本日程は翌火曜日の15時10分からとなります。

ただし、NHKの再放送日程は移動することが多いので注意してください。

ということで第1話の本放送は9月23日(金)22時といいたいところですが10分ずれていますので22時10分からの放送となります。
2回目以降は22時からとなります。

「運命に、似た恋」の見逃し配信について

今回のドラマは再放送されますが見逃した場合にはオデマンド配信のサービスを利用すると良いかもしれません。
公式のものでは「NHKオンデマンド」がありますが基本的に有料となってしまいます。

また、現時点でNHK以外でNHKドラマが見られる動画配信サービスは「GYAO」と「U-NEXT」となっています。
公式のものも良いのですがGYAOやU-NEXTはNHK以外のドラマや映画などもラインアップされています。

新しいドラマなどは基本的に有料なのですが少し古いドラマや映画などは定額の範囲で見放題の物も数多くラインナップされています。
特に「U-NEXT」はかなりラインナップが豊富なのでオススメです。

「運命に、似た恋」最終回までの放送回数情報

この「運命に、似た恋」は全8話の放送となります。
9月23日の放送開始ですから特に特番などがなければ11月11日(金)が第8話の最終回となります。

この時期はあまり特番などはないので問題ないと思いますが日程が変更になることもありますのでその際にはこのページで共有していく予定です。

「運命に、似た恋」原作・脚本情報

今回の脚本は北川悦吏子さんです。
北川さんの脚本で有名なところではなんといっても「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」あたりでしょうか。
「あすなろ白書」などもファンが多そうですね。

多くの作品を手がけているイメージの北川さんですがここ数年はあまり活発な活動はないようです。
昨年はスペシャルドラマ程度のようですが今回のこのドラマでは久しぶりの連続ドラマといってもいいでしょう。
とはいえ昨年のスペシャルドラマ「三つの月」でも原田知世さんとは一緒に作品を作っていますからこれまた期待しています。

この作品は北川さんのオリジナル脚本となりますから原作はないようです。

「運命に、似た恋」のキャストについて

主演は原田知世さんと斎藤工さんです。
斉藤さんは深夜のヤクザ系ドラマ(笑)のころから好きでしたが「昼顔」で一躍時の人になりましたね。

【dTV】は斎藤工さんの「昼顔」見放題!
ドコモ系の動画配信サイト「dTV」は月額500円(税別)のサービスです。
今なら見放題で「昼顔」全話見られます!
31日間のお試し期間を利用すると無料で視聴可能となります。

>>>動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題<<<
注意:無料お試しは諸条件があり過去にお試ししたことのある方は適用にならないようですのでご注意ください。

個人的には深夜のドラマでクロヒョウというドラマがあったのですがその時のトゲトゲしい感じの斉藤さんはかっこよかったですね。
QPというドラマでは一切しゃべらない役でしたが存在感バツグンでした。

小市慢太郎さんは最近の傾向として「あやしい」役が多いのですが今回も怪しい役となりました。
主演の原田知世さん演じるカスミの元夫でトラブルを起こすようです。
小市慢太郎さんはWOWOW版の「下町ロケット」では元銀行マンの殿村を演じたのですがその誠実な役は良かったのでそう言う感じの役の小市さんが好きなのでもう少しそういう役が増えてくれればいいかなと思いますね。
先クールの日テレで放送された「そして誰もいなくなった」でも怪しい役で途中車ごと海に落ちて死んでしまうとう僕としては残念な役となりました。

山口紗弥加さんは主演こそありませんがいいところを持って行きます。
個人的に良かったのは「ようこそわが家へ」の西沢摂子役ですね。
一事務員として対立する真瀬(竹中直人)とバチバチのバトルで最終的に契約社員から総務部長になるというカッコいい役でした。

安藤サクラさんのお父さん奥田瑛二さんは99.9に続き今回もちょっと怖い(悪い?)役になりそうです。
本当はよく泣く人みたいですけどね(笑)

メインストーリーの他に山口紗弥加さんのマホと小市慢太郎さんのヨージの起こす事件が楽しみです。

デザイン協力佐藤オオキ氏

今回の斎藤工さんが演じるデザイナーの作品などは「佐藤オオキ氏」が協力をしているようですね。
佐藤さんは日本より世界で活躍をしているようなデザイナーです。
かなり前ですがエレコムとのコラボで発表したオフィスグッズやマウスなどはかっこよかったですね。

今回のドラマでは様々なデザインアイテムが出てくると思いますので要注目です。