森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

運命に、似た恋 2話あらすじと感想「一夜だけ咲く花」

f:id:aeron501:20160930233536p:plain
出典:NHK公式サイトより

運命に、似た恋 2話あらすじと感想「一夜だけ咲く花」

運命に、似た恋 2話「一夜だけ咲く花」あらすじ

45才のバツイチ主婦のカスミ(原田知世)はひょんなことからイケメンデザイナーユーリ(斎藤工)と出会う。
ユーリからパーティーに誘われ、同じパーティーにユーリと愛人関係のセレブ主婦マホ(山口紗弥加)からも誘いを受けた。
マホの意地悪で仮装パーティーだと言われカスミは少女戦士のコスプレをして会場を訪問するが笑いの的に。
耐えきれなくなったカスミは着ていたコートを置いてその場から立ち去るがユーリがストールを貸してくれた。
そのストールで衣装を隠し家に帰る。
そのストールからは少しだけ男の人に匂いがした。


カスミは高級品を扱うクリーニング店に勤務している。
ユーリもマホもそのクリーニング店の超お得意様。
マホに至っては年間5百万円以上もクリーニングに使う。

そして、あのパーティー以来はじめてユーリへのクリーングの配達。
カスミは憂鬱な気分で配達に訪れた。

玄関先に現れたのはアシスタントのリリ(大後寿々花)
リリは慌ててユーリにカスミが来たことを告げる。

ユーリはパーティーのことを話し、誰かにはめられたとは思いませんかと言いかけるとカスミはユーリが仕組んだものだと勘違いしひとり怒って帰って行った。


ユーリは新作のデザインのプレゼン。

コンセプトは「一夜だけ咲く花、サガリバナ(下がり花)」
ユーリの師匠であるデザイン界の巨匠深見芳孝(ヨシタカ)がユーリのコンセプトにケチをつけるが「日本デザイン家具」の社長でマホの夫白井努(岡本信人)が良いんじゃないかと言うとヨシタカもそれに従った。

会議の後、ヨシタカとユーリは二人で話すが実はヨシタカはユーリの作品を認めており、一度ケチをつけたのは結果としてプレゼンを成功させるための援護射撃だった。


カスミの息子つぐみ(西山潤)は高校の陸上部で高飛びの選手。
そのつぐみの練習姿を物陰からカメラに収める少女がいた。
カメ子(久保田紗友)はつぐみと同じ高校でつぐみのことが好きで隠し撮りを続けている。


ユーリとマホは部屋で情事。
そして、部屋に飾ってあった髪飾りをマホが見つけバカにするがユーリはいつになく真剣にその髪飾りを取り返した。


つぐみは祖母のアカリ(草笛光子)の元に。
母カスミが大学進学をOKしてくれたが本当にそんな金があるのかと心配してアカリに尋ねる。
アカリもそこまでは分からないが生命保険の受取人をつぐみにしてあると冗談めかして言う。
つぐみも「ばあちゃん死んだら大学行ったも楽しくないよ」と受け流す。


ユーリの職場にマホが差し入れをする。
そして、今の仕事を適当に切り上げて二人で凄そうと言うがユーリはマホの誘いを断った。
マホは体だけの関係よりも食事をするような仲になりたがっていたがユーリは拒んだ。
マホは自分が夫にひとこと言えばユーリの立場はなくなると釘を刺すがそれでもユーリは応じなかった。
マホは鬼のような形相で立ち去った。


ユーリの職場にカスミが配達に現れる。
今回のイベントで使用する大事な布の染色をカスミの務めるブランシェスが行ったのだ。
配達された布をユーリが確認するがイメージの象徴として欠かせない布のシワ加工が綺麗に伸ばされていた。
布をブランシェスに持ち込んだアシスタントの葵海知(カイチ:渋谷謙人)はシワを伸ばすように指示していたがユーリに尋ねられると自分はシワ加工を残すようにちゃんと伝えたと返事をした。

カスミはリリにサガリバナがコンセプトだという話を聞く、この作品の「サガリバナ」が浮かぶ水面のコンセプトに使う予定だったこの青い布のシワ加工が演出上大切だったこと。
そして、カスミは同じような布を捜すことを提案する。
同じ布はない、展示会イベントは明日。
あきらめていたユーリはカスミの言葉に布を探しに行こうと駆け出す。

ユーリとカスミはシワ加工の布を探しにタクシーに乗る。
その姿を息子のつぐみが見ていた。

ユーリはカイチの嘘を知っていた。
どうして謝ったのかと聞くがカスミは「お客様は絶対ですから」と非を認めた。

そして、ふたりは日暮里の繊維街に。
シワ加工の布を捜すがなかなかイメージの物はない。

そんな時にユーリがプリーツ加工の布に目をつける。
「プリーツありかも」と言う言葉にカスミはプリーツならアイロンで作れるし自分もつくる技術があると提案する。

そして、カスミがマイアイロンを持ち込みプリーツの加工を行う。
作業は深夜までかかったがカスミは手を抜かなかった。

ユーリのアシスタント達も帰りカスミとふたりになった。


マホはディナーの誘いを断った腹いせにひとりユーリの部屋で料理を作り、あの椅子をかけて泣いていた。


ユーリはカスミに深夜まで作業をさせてしまい無理を言って申し訳ないと言うがカスミは「楽しい」といった。
そして、今アイロンをかけている布は海のコンセプト「私、とても楽しいです、いろいろな物にアイロンをかけてきたけど海にアイロンをかけるのははじめて」と明るく言った。

深夜、いろいろな話をする。
カスミは母のことを話すがユーリがまるで知っているかのような返事をしたので「私たち会ったことありますか?」と尋ねるが「まさか」と答えるユーリ。

そして、完成。
部屋一面の幻想的な景色。

部屋全体の幻想的な作品を見て涙を流すカスミ。
そしてユーリはカスミにそっとキスをした。

運命に、似た恋 2話「一夜だけ咲く花」感想

キス早すぎる!
まだ2話なんですけど!?
という位のいきなりの展開。

このドラマ8話まで何ですけど大丈夫なんでしょうか(笑)

一応色々と伏線がありましたからこのままふたりがすんなり結ばれると言うことはないでしょうけど.....

まずユーリとカスミがタクシーに乗るところを息子のつぐみに目撃されている。
ユーリにフラれた感じのマホが何だか怖いキャラになりますね。

最終的には結ばれるんだと思いますがこれからの試練を思うと今から胸が痛いですww

「運命に、似た恋」1話&2話の緊急再放送決定!

第1話は急遽再放送の日程が変更となりました。
もしかしたら決行評判が良いのかもしれません、このドラマ。

そんな1話と2話が10月5日・6日の深夜に再放送されます。

1話の再放送は10月5日(水)25時25分
【10月6日(木)午前1時25分】

2話の再放送は10月6日(木)25時25分
【10月7日(金)午前1時25分】
2話は通常スケジュールの再放送10月4日(火)午後3時10分からも放送されます。

お見逃しなく!!!