森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

レディ・ダ・ヴィンチの診断 3話のあらすじと感想「ハロウィーン集団発症事件簿」

f:id:aeron501:20161026021232j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

レディ・ダ・ヴィンチの診断 3話のあらすじと感想「ハロウィーン集団発症事件簿」

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 3話「ハロウィーン集団発症事件簿」のあらすじ

ハロウィンの日、コスプレ姿でカラオケに興じる6人の女子高生達。
カラオケ後、町に繰り出す。
そこで次々と吐き気を催し倒れる女子高生達。

集団での発症で食中毒の疑いがある。
東光大学病院に運ばれてくるがじんましんやけいれんなどの症状がありただの食中毒ではない様子。


橘志帆(吉田羊)は娘と出勤途中幻覚を見る。

志帆が出勤すると昨晩の食中毒疑いの女子高生達のことで打ち合わせ。

症状の多様性から薬物中毒の検査が必要だと言うことになる。
唯一症状の出ていない高校生の岡野朋美(唐田えりか)も念のため入院しているので志帆は話を聞くことに。

研修医の田丸(吉岡里帆)、救命救急医の里見(白鳥久美子)も立ち会う。
そして食事をしたカラオケ店などを調べることに。


症状が出て入院していた5人のうち4人はすでに元気になっている。
しかし、じんましんの症状の出た一人の患者だけはまだ快方しない。

薬物検査の結果は陰性、岩倉(伊藤蘭)の見立てた薬物中毒ではなかった。


解析診断部の新田雪野(相武紗季)はかつて同じ部署だった高杉(小林且弥)と会い志帆のことを調べたいと相談する。

雪野と高杉は元カレ元カノの関係のようだ。
高杉は「もう一度....」と言いかけるが雪野は用件だけ伝えると立ち去った。


志帆は4人の高校生達のもとへ。
4人はすっかり元気。

4人は朋美の悪口を言い本当は仲良し6人組ではない雰囲気。

その様子を察した志帆は朋美を4人と同じ病室にすると言い出す。
朋美は難色を示し、自分は症状が出ていないのだから退院したいというが志帆は許可を出さなかった。

そして、志帆はあの夜に強いアレルギー反応を示した理恵(久保田紗友)の症状の原因も特定しなくてはならないと考えていた。
血液検査や他の検査でも原因は特定できなかった。
このことでアレルギーなどの調査をすることで他の4人の原因も特定できると考えている。
そこで志帆の次の手は「チャレンジテスト」
あの夜の食事を再現し、もう一度症状が出るか調べるのだ。
部長の岩倉は許可しない。
他の医師達も一様に反対する。

チャレンジテストを行おうとしているのは志帆(吉田羊)と雪野(相武紗季)、綾香(吉岡里穂)だが岩倉は絶対に認めないと言う。

事務長の佐々木(戸次重幸)は院長の判断を仰ぐべきだと提案する。


院長の北畠(高橋克典)は志帆の上司は岩倉であり、岩倉がいるのに志帆の独断で行うことは許されないと志帆に詰め寄る。
しかし、その次に北畠は岩倉の今夜の予定を聞くことで夜には岩倉が不在になることを示した。

その夜、岩倉不在のあいだに理恵へのチャレンジテストが行われる。
店から取り寄せた食事を理恵に食べてもらう。
一つずつ食べてアレルギー反応が出るか確かめるという。

そして、チャレンジテストが始まるがマンゴーを食べたときに少しだけ口の中に違和感があり症状があったもののあの夜の症状とは別物だ。

結局、全て食べたが症状の原因特定には至らなかった。

志帆は娘を連れて例のカラオケボックスへ


例の4人は朋美(唐田えりか)を呼び出し一人だけ症状がないのは何か食べ物に混ぜたのではないかと問い詰める。
4人は朋美のことを好んでグループにいるわけではないと口々に言う。

朋美(唐田えりか)と理恵(久保田紗友)は学校では科学クラブに所属。

志帆の指示で学校を訪ね科学クラブの薬品のうち「アジ化ナトリウム」の所在を調査したのは田丸(吉岡里帆)

そして志帆は理恵に話を聞く。
ハロウィンの日、理恵はカプセル錠で口の中で噛み潰すといい感じに演出できる「血のり」を用意することになっていた。
そして、その血のりの中に「アジ化ナトリウム」を入れていた。

アジ化ナトリウムを服用することで今回のような食中毒に似た症状を引き起こすことができる。
理恵はそのことで4人に何らかの仕返し的なコトをしようとしたのだ。

そして理恵の症状はこのアジ化ナトリウムによるものではなく「ラテックスアレルギー」
マンゴーアレルギーの人は希にラテックスアレルギーも持っていることがある。
ラテックスアレルギーは医療用現場などで使用される使い捨て手袋の天然ゴムに対して反応する。
症状が出て病院に運ばれて、医師や看護師達がラテックス手袋をした手で理恵の体を触ったことでどんどんアレルギー反応が増幅したのだ。


志帆はどうしてちのりに「アジ化ナトリウム」を入れたのか訪ねる。

理恵(久保田紗友)の本当の友達は朋美(唐田えりか)だけだった。
そんな朋美をいじめている4人を許せなかったという。

そのことで4人が命を落とす危険性もあったと言う。
朋美は結局いじめている子たちに仕返しをしたかったのだがそれをしてしまうと同じことをしてしまうことになる。
警察に行き今回のコトを話す決意をした。


一連のことを解析診断部で報告する志帆達。
しかし岩倉の指示を無視してチャレンジテストを行ったことがバレる。

だが、当の本人岩倉(伊藤蘭)はその夜は北畠に連れ出されていた。
「いなかったのだから仕方がない」と今回のことは不問にするようだ。

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 3話「ハロウィーン集団発症事件簿」の感想

今回の病気はいじめによる薬品での仕返しでした。
世の中にマンゴーアレルギーというものがあるなんてはじめて今日知りました。

物語のなかで志帆(吉田羊)が確実に真相に近づいていく姿はとてもたのもしいですねー

それと対照的に志帆の闇が少しずつ明らかになってきています。
これから更に志帆のことが明らかになるでしょう。

志帆がどんな過去をもっていて幻覚を見ているのか、なぜ幻覚をみていしまうのか「その原因」はとっても興味深いですね。