森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

レディ・ダ・ヴィンチの診断 4話のあらすじと感想「対決!女医と女将と大女将」

f:id:aeron501:20161101235253j:plain
出典:関テレ公式サイトより

レディ・ダ・ヴィンチの診断 4話のあらすじと感想「対決!女医と女将と大女将」

レディ・ダ・ヴィンチの診断 4話「対決!女医と女将と大女将」のあらすじ

解析診断部の評判が良いことに病院の幹部も上機嫌。
料亭で岩倉(伊藤蘭)や事務長の佐々木(戸次重幸)らは料亭での会合。

料亭の女将は芽依(小西真奈美)、大女将の静香(黒田福美)から代を引き継いでいる。
岩倉は大女将の時代からこの料亭をひいきにしている。
大女将の見舞いに行きたいと芽依に申し出るがお客様には内緒ということで断られる。


解析診断部の医師橘志帆(吉田羊)は町で道ばたの草を食べている老婆に出会う。
志帆は面識がないがあの料亭の大女将静香。
草を食べる静香は胸の痛みを訴える。
そこに現れたのは介護施設の職員とあの料亭の女将芽依(小西真奈美)
もちろんこの時点では志帆と静香、芽依の面識はないが「葉風苑」という施設職員のジャンパーは印象的だった。


志帆が出勤すると訪問診療の仕事を解析診断部で手伝うことになっていた。
解析診断部はこのところ実績を上げているがやはり一人の患者に何人もの医者がついて診断する赤字の部門、岩倉は他の部署の手伝いは積極的に行うつもりだ。

訪問診療の訪先があの「葉風苑」だと聞いて志帆は立候補するがトラブルを起こす懸念があると岩倉は却下する。

訪問診療に行くことになった綾香(吉岡里帆)に「静香」という入居者の様子を見てくるように頼む。
志帆は道で会ったときの静香の様子がおかしかったことが気がかりのようだ。


綾香が葉風苑を訪ねると静香が暴れていた。
綾香の見立てでは確かに認知症の症状があるが志帆(吉田羊)が道で会ったときの状況から若年性認知症だけでは説明がつかない症状もある。

そのことを岩倉に報告する。
その静香の名前を聞き岩倉は行きつけの料亭の大女将の静香だと知る。

静香の症状を鑑みてもう少し詳しく診察をした方が良いのではないかと志帆は岩倉に進言するが岩倉は本人や家族の意向に医師が立ち入るべきではないと断った。


どうしても気になった志帆は綾香(吉岡里帆)をつれて料亭「真田」へ。
そこで志帆はストレートに話をする。
「憎いお姑さんを殺そうとして鬼嫁が毒でも飲ませたんじゃないかって噂があります、で真意を確かめに来ました」という。
そして単刀直入に「毒を飲ませましたか?」と聞くが当然芽依(小西真奈美)は飲ませたとは言わない。
そして、静香の診察をしたいと言う志帆の申し出を断った。


芽依は2年前のことを思い出していた。
当時は静香は芽依に辛くあたっていた。
「いつになったら一人前の女将になるの?」とことあるごとに言われていた。


志帆は静香(黒田福美)の命に関わることと精密検査をすることに。
綾香(吉岡里帆)は芽依や家族に内緒で静香を介護施設から連れ出す。

いくつかの検査をするがいまのところ「若年性認知症」の症状しかでてこない。
そのとき芽依(小西真奈美)が病院に駆けつける。
勝手に静香を連れ出したことで怒っている。

それでも志帆はもう少しで静香の本当の病気が分かるからと検査の続行を申し出るが芽依は断った。

そこに事務局長佐々木(戸次重幸)と岩倉(伊藤蘭)が駆けつける。
静香は常連の岩倉の顔を見ると「ようこそ真田へ」とひざまづき料亭での振る舞いと同じような振る舞いで岩倉に接した。
そして、芽依にも「早くご案内しなさい」と声を上げた。

志帆(吉田羊)が静香に声をかける。

志帆のことを芽依が平手打ち。
「あなたは料亭真田に恥じをかかせた」と激怒して静香を連れて帰ってしまった。


岩倉は志帆に対してもうこれ以上関わらないように釘を刺す。

岩倉は真田を訪れ静香の息子で芽依の夫の支配人に謝罪する。
そして静香の病状について話をする。
静香が「胸が苦しい」と言っていたことを聞き何か思い当たる節があるのか。


志帆は自宅で静香のことを思い返していた。
そして、志帆は静香の病気のヒントを思いつく。

翌日、またしても志帆は綾香に静香を連れてくるように指示し綾香も静香を連れ出す。

静香が病院に着きいよいよ検査というとき、警察がやってくる。
静香を「誘拐」したということで芽依(小西真奈美)が通報したのだ。


警察は志帆をパトカーに乗せる。
病院のスタッフ達が慌ただしくしている。
岩倉もやはり静香(黒田福美)のことが気になっていたためにすぐに駆けつける。
そしてパトカーの中の志帆とのアイコンタクトで岩倉は静香の瞳孔の動きを見る。

すぐに手術をしないと静香の命が危ない状況、静香が背中を押さえて苦しむ。


岩倉は警察にも人の命がかかっている、すぐに解放しろと強く訴える。
その結果、静香は緊急手術しことなきを得た。

静香の症状は大動脈解離だった、原因は神経梅毒。

そのことで胸の痛みや様々な症状が現れていた。
かつて静香が芽依に辛くあたっていたのもそういった症状のから自分に残された時間が短いと察していたからかもしれないという岩倉の言葉に芽依もうなずく。
静香の記憶は戻らないがその記憶は芽依がずっと覚えていると岩倉に約束した。


芽依(小西真奈美)は静香(黒田福美)の手を握り「病気が良くなったら一緒に帰りましょうね」と声をかける。
静香も微笑む。

レディ・ダ・ヴィンチの診断 4話「対決!女医と女将と大女将」の感想

今回は岩倉(伊藤蘭)と志帆(吉田羊)の連携が光るストーリーでした。
認知症だと思われていた患者が実は全く違う病気だったということで危うく命を落とすところでしたが岩倉と志帆の連携で事なきを得ました。

鬼嫁だと思われていた芽依でしたが実は静香も芽依のことを思ってのことでした。

岩倉+橘のコンビの連携が少しずつ良くなっています。
次週以降も楽しみですね。