森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

ウォーキング・デッド7 4話のあらすじと感想「独裁者の洗礼」

f:id:aeron501:20161025211716j:plain
出典:FOX公式サイトより

ウォーキング・デッド7 4話のあらすじと感想「独裁者の洗礼」

ウォーキング・デッド7 4話「独裁者の洗礼」のあらすじ

アレクサンドリアに戻ったリック達。
明け方、ミショーンはリックに内緒で隠していたライフルを持ってアレクサンドリアの外に出る。

アレクサンドリアの外にはニーガンと大勢のニーガン。
供給は1週間後の約束だったが約束より早く来た。

ロジータとスペンサーはドワイトの指示で置き去りにしたダリルのバイクを探しに。

ミショーンはアレクサンドリアの外でウォーカーを見つけライフルを撃つが当たらない。
帰りに倒れている鹿を見つけ持ち帰る。

ニーガン達はアレクサンドリアの中を物色。
ベッドやソファーなどを持ち出している。

ニーガンはマギーを連れ帰ろうとしたがゲイブリエルの機転で死んだことに。

マギーのことを話していると銃声が。
カールが救世主を威嚇してのものだったがニーガンはそのことでこの町に銃を置くことは認められないと全て持ち帰ることになった。

しかし、銃を管理している台帳と実際の銃が会わない。
リックは町の人間を集め行方不明になっている銃を差し出すしかないと言い見当たらない2丁の銃を捜していると聞いた。
もし、銃が見つからなければ銃の管理をしていたオリビアが殺されることになる。

そして反発がリックに集まるがこの状況は変えられない。
「リーダーはニーガンだ」と言葉にした。

そしてスペンサーが外に出ていることでロジータかスペンサーが持っているに違いないとリック達はロジータとスペンサーの家で銃を捜す。
そして、スペンサーの家に隠してあった2丁の銃を見つけニーガンに差し出す。

そして、ミショーンが持っていたライフルも取り上げた。
ミショーンは拒否したが銃が見つかれば誰かが死ぬと「ミショーンやカールを失いたくない」とミショーンから強引にライフルを取り上げた。

リックはダリルを返して欲しいと言うがニーガンは拒否した。
そして、またすぐに来るから面白いものを用意しておけと立ち去った。


スペンサーとロジータはダリルのバイクをドワイトに渡した。

そして、いよいよニーガンが帰ろうと言うときニーガンはリックにある言葉を強要した。
リックは「サンキュー(ありがとう)」と言った。


ニーガンが立ち去ったあと、リックはスペンサーを問い詰めた。
ミショーンはリストに載っていなかったライフルをニーガンに差し出したリックに不満をぶつけるがリックはすっかり弱くなってしまった。
と言うより誰も死なせたくないという選択をしたのだろう。
そしてジュディスが自分の子供ではないが受け入れたと言い、この状況を受け入れて欲しいとミショーンを説得した。
ミショーンは「努力する」と答えた。


ロジータは車の下に隠してあった銃をこっそり取り出した。
そして空の薬莢をユージーンの元に持って行き「弾をつくって」と言った。

ウォーキング・デッド7 4話「独裁者の洗礼」の感想

やっぱりニーガンは悪いですねー
それにしてもロジータではないけどこれだけうろうろしてたらニーガンを殺してしまうというチャンスはありそうですけどね。
まあ、救世主の人数が圧倒的だということなんでしょうけど。
ただ、救世主の傍若無人ぶりは見るに堪えないところもあります。
最後にはなんとかなるとはおもいますが....

というかマギーもいないけどサシャがいない気がしますねー
ヒルトップに行ってるのでしょうか。