森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

レディ・ダ・ヴィンチの診断 6話のあらすじと感想「医療ミス!?度重なる心不全」

f:id:aeron501:20161115233220j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

レディ・ダ・ヴィンチの診断 6話のあらすじと感想「医療ミス!?度重なる心不全」

レディ・ダ・ヴィンチの診断 6話「医療ミス!?度重なる心不全」あらすじ

東光大学病院の医師・新田雪野(相武紗季)は橘志帆(吉田羊)の過去が気になっていた。
そんな雪野に院長の北畠(高橋克典)が声をかける。
誰にでもそっとしておいて欲しい過去はあるでしょうという北畠の言葉に雪野は1年前のことを思い出していた。

1年前、心臓血管外科で手術をした患者の容態が思わしくなかったことで雪野の手術が疑われた。
結果、雪野は解析診断部へと異動となっていたのだ。
本人の望まない異動でいわゆる「責任を取って飛ばされた」状態だった。

そんな時、救急車で運ばれてきた女性の元に雪野が駆けつける。
急性心不全で運ばれてきたのは国会議員の北村(飯田基祐)の妻・詩織(高橋かおり)
北村は雪野や心臓血管外科の高杉(小林且弥)の顔を見ると怒鳴り散らした。

1年前に雪野が行った手術を失敗だった、医療ミスだったと罵る。
そして、その後再手術を行った高杉の手術も失敗だったという。

詩織は拡張型心筋症で何度も心不全で運ばれてきている。
事務長の佐々木(戸次重幸)もこのまま心臓血管外科での診察は難しいと考え、解析診断部でその原因の特定をすることを指示した。
これまでの経緯から北村議員は1年前の手術が失敗だったと疑わない。

実際に雪野は手術は完璧だったと言うが心臓血管外科ではミスだったと結論付けている。


岩倉(伊藤蘭)も雪野や高杉がそろって失敗することは考えにくいと詩織の容態から他の原因を探る。

解析診断部では意見が分かれるが雪野は自分の意見を押し通す形で治療を始めた。
岩倉も現時点では仕方がないという。


志帆は雪野に「1年前の汚名を晴らすために診察してる?」というが雪野は全く耳を貸さない。

雪野は自分の手術に問題がなかったことを証明したいという。

志帆は詩織と話をしている。
そこに雪野が入ってきて自分が治療するから口を出すなという。
そして手術をできない医者は2流だと自分なりの治療をするから口を出さないように志帆に釘を刺した。

そんなとき、また詩織に心不全が発症する。
なんとか容態は持ちこたえたが雪野の見立ては筋違いだった。

しばらくして北村議員がまた怒鳴り込んでくる。
そして雪野に対しても「これは殺人だ」と声を荒げる。
それでも「新田先生(雪野:相武紗季)は誰よりも奥さんのことを心配している」という言葉に北村も怒りを殺し部屋を出ていく。
そして岩倉(伊藤蘭)はこの先の診察には雪野を外すという決断をした。
しかし、志帆は雪野のことだけを責めるのは筋違いだと、チームから外すこと反対した。
雪野も診察や治療でなく雑用でも良いから手伝いたいと頭を下げた。。

岩倉も了承した。

そんな雪野の姿に解析診断部の面々も協力的に仕事を進める。

志帆は過去の雪野と高杉の処置の調査をしたがいずれも処置には問題なかった。


詩織(高橋かおり)の容態はあいかわらず思わしくない。
この状況が続くと余命数日。
この状況で検査や発作から別の病気の疑いが濃くなった。
しかし、何もできない状況。

思い悩む志帆は家で娘の真央(藤澤遥)の幻覚からヒントを得る。
そして一つの可能性をひらめく。

翌日、詩織(高橋かおり)の部屋を高温多湿の状況にする。
志帆、田丸(吉岡里帆)、新田(相武紗季)らはこの高温多湿の部屋ですぐに汗をかいたが詩織は汗をかかない。
その状況を検査するとファブリー病という別の病気だった。

このファブリー病に関しては岩倉も「医師でも見落としかねない病気」と言った。

そして、難病指定の「ファブリー病」だが最近は新薬がありうまくいけば状況は改善する。
そのことで北村議員(飯田基祐)もこれまでの雪野への言動を謝罪した。
しかし、雪野はここまできたのは自分だけの仕事ではなく解析診断部の面々の協力あっての結果だと言った。

そしてこれまでの治療は詩織のことを助けるためではなく自分のプライドのために行っていたと自分のことを卑下した。

しかし、詩織が雪野の手を握り感謝の言葉を口にした。
そして、「この1年大変だったわね」
「助けてくれてありがとう」という言葉をかけた。


1年前の雪野の手術は問題がなかったとう結論となり雪野は心臓血管センターに戻れることとなった。
しかし、雪野はもう少し解析診断部に残ることにした。


雪野は高杉から志帆の秘密を聞いてしまう。
志帆の娘真央は2年前に亡くなっていた。
そのことを知った雪野。

レディ・ダ・ヴィンチの診断 6話「医療ミス!?度重なる心不全」感想

これまで志帆のやり方に反発していた雪野だったが今回は志帆のやり方に賛同しもう少しこの解析診断部に残ることにしたようだ。

志帆の娘真央は2年前に亡くなっている。
たびたび登場する真央は実は志帆の幻覚のようだ。

また、雪野がたびたび見る幻覚はどんなことがあったのでしょか?


ところで今回は「ちょっと面白い戸次重幸」が見られましたねー
ミスター残念の戸次重幸さんの更なる活躍を期待します!