森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 7話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20161117013945j:plain
出典:日テレ公式サイトより

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 7話のあらすじと感想

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 7話のあらすじ

Lassyの編集部では男性専属モデルとなった幸人(菅田将暉)の撮影。
想像以上のハードワークに早くも幸人は根を上げている。

それでも夜は悦子(石原さとみ)たちとおでん屋でお祝い。

楽しく飲むが悦子は幸人に好きだと言われたことを思い出していた。


校閲部には本郷大作(鹿賀丈史)が景凡社の雑誌に載せるエッセイの校閲を悦子に直々に依頼に来た。
その帰り際、受付のところで幸人に会う。
悦子は大作に幸人を紹介する。
作家の是永是之だと紹介するとずいぶん若い作家だと大作も感心する。
幸人や貝塚(青木崇高)の様子がおかしい。
Lassyの編集部では幸人のページの打ち合わせ。
幸人はここへ来て本名での活動にやっぱり難色を示した。
折原幸人⇒YUKITO」にしたいと言う。
編集長の亀井(芳本美代子)も謎めいていて良いじゃないと言う。


校閲部では悦子が本郷大作のエッセイを読んで感動している。
別れた息子のことを書いたエッセイなのだが1点だけ気になることがある。
そのエッセイの中で息子と訪れたラーメン屋での一幕、ラーメンの具をすくう息子の描写で「レンゲ」のことを「スミレ」と書いているのだ。

悦子は単なる間違いだとは思えず事実確認のためにそのラーメン屋を訪れるがやはりレンゲはレンゲだった。
レンゲとスミレの謎が解けずにもやもやしていると夜、おでん屋で幸人がレンゲのことを「スミレ」と言ったのだ。
聞けば幸人の母親がレンゲのことをスミレと言っていたらしくそのことで幸人もスミレと言ってしまうらしい。

そのことが大作と同じだと話をすると幸人は「その話やめない?」と嫌悪感を示した。

悦子は幸人が本郷大作のことを嫌いなのかと尋ねる。
大作のことを話す悦子に「エッちゃんちょっとウザい、今日は帰る」と店を出てしまった。

悦子(石原さとみ)はそのことを気にしていたがふと大作のエッセイに出てくる息子のことが幸人に酷似していることに気がつく。
大作はそのエッセイの息子とは20年会っていないという。


翌日、悦子は貝塚(青木崇高)を校閲部に呼び出し問い詰める。
そして「本郷大作の息子は幸人?」と聞く。
あまりに唐突に真実を突きつけたので貝塚も焦る。

そして幸人に本郷大作の話題はタブーだと言った。
幸人と大作の間には深い闇があると言う。
幸人が覆面作家になったのも大作との関係を隠したいからだったという。

モデルの活動で本名ではなく「YUKITO」にしたいと言ったのもこのことが理由なのだろう。


そんな時、幸人から日曜日に一緒に出かけようと誘われる。

日曜日、ふたりは水族館に。

再三、大作のことを聞いてしまいそうになる悦子だったが今日のところは聞かずにすんだ。


今日は日曜日だが森尾(本田翼)は休日出勤。
そこに貝塚が訪ねてくる。
悦子(石原さとみ)が校閲した小説がLassyの読者に刺さるのではないかと言う提案を受けて貝塚が森尾にLassyで紹介してくれないかと相談しにきたのだ。
内容を確認してみますと言う森尾。

そして森尾もそんな悦子のことや貝塚のことで自分の中で考えていた企画に挑戦してみようと言う気持ちが固まったと嬉しくなった。


校閲部では米岡(和田正人)も悩んでいた。
電車の本物の時刻表を使ったトリックによる推理小説の校閲をしているがその小説で使われているダイヤが実は古いもので新しいダイヤではそのトリックが使えなくなってしまう。
時系列的にも新しいダイヤを使用するべきなのだがトリックそのものが成立しなくなるので、指摘をするべきか悩んでいた。
それでも自分の仕事として最善を尽くそうとする米岡。

結果、米岡の指摘は受け入れられ作家から感謝されることとなった。


悦子は本郷大作のエッセイの校閲。
その中で3才の息子が左利きだと書いてあるが幸人は右利き。
どうしても気になる悦子は幸人に事実確認をする、3才のころ左利きだったか?と。

幸人も質問の意図をすぐに理解し、答える。
そして、その時父親である大作に買ってもらうはずだった左利き用のグローブがなかったことを残念がった。

悦子はタブーだと言われていた本郷大作のことを話す。
そして大作がずっと幸人のことを待っていると話す。

その言葉に幸人も大作に会いに行ってみようかなと答える。
それにしても貝塚の言っていた「深い闇」というのは特にないらしい(笑)

そして大作に会いに行く二人。

さすがに大作との対峙に緊張する幸人。
大作は「大きくなったな」と迎える。
「会いに来てくれてうれしいよ」と言葉をかける。

幸人はずっと待っててくれたことに感謝し、そして謝る。

幸人は自分のような半人前の作家があなたの息子だと世間に知られるのが怖かった、あなたの名前に傷を付けるんじゃないかと逃げ回ってて....そう言うと大作は「バカだな、お前が生きてそこにいてそれだけで十分」
「親がそれ以上子供に求めるものはないよ」そう言い自分のことを話す。

かつて自分が作風を変えたことを話し、その経験を幸人に伝える。
そして、大作は「女性の趣味が良いな」と悦子と付き合ってるんだろ?と言った。
ふたりは戸惑ったが「幸人をよろしく」という言葉に悦子は力一杯返事をした。


幸人は森尾(本田翼)の部屋を出ることに。
そして森尾に対して感謝の言葉を伝える。

自分の居場所を捜しているのが自分だけじゃないと分かって良かったと伝える。
森尾も寂しそうだが笑顔で送りだした。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 7話の感想

意外なところでしたが幸人(菅田将暉)と大作(鹿賀丈史)が親子でした!
最初、ふたりには大きな溝があったようでしたが悦子(石原さとみ)が間に入ることで溝が無事に埋まったようです。

今回は貝塚(青木崇高)が思いを寄せている森尾登代子(本田翼)との食事の約束にこぎつけました。
実現するかはまだ分かりませんが森尾も不倫の彼氏との決別をしたことで少し気持ちが変わったようです。
ただ、森尾が幸人を見るときの目がやや「恋愛感情アリ」に見えてしまうんですけどね。

最終的に悦子とくっつくのは幸人ではなく貝塚な雰囲気も漂っています。
もちろん最初からちょっと雰囲気はありますが.....

次週は校閲部の部長茸原(岸谷五朗)の過去が少し明かされるようです。