森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

レディ・ダ・ヴィンチの診断 9話あらすじと感想「運命の小さな患者との再会」

f:id:aeron501:20161207004838j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

レディ・ダ・ヴィンチの診断 9話あらすじと感想「運命の小さな患者との再会」

レディ・ダ・ヴィンチの診断 9話「運命の小さな患者との再会」あらすじ

天才脳外科医として名を馳せていた橘志帆(吉田羊)が解析診断部にやってきた理由は何なのか。


志帆は娘の真央を亡くした爆発事件の夢を見てうなされて起きた。


とあるピアノのコンクール。
藤原ひかりは優勝をしたがピアノのコーチの森田は納得がいかない。
ピアノだけに集中していないとひかりを叱責する。

たまらず部屋から飛び出したひかりは会場のロビーで倒れる。


ひかりは東光大学病院に入院したがその症状は特異で病名が分からない。

志帆はひかりを回診するがどこかで会ったことがあるような気がする。
そのことを尋ねるがひかりも「会ったことはない」と答える。

ひかりが倒れたのはピアノの過剰なレッスンのせいではないかと志帆は推測した。


田丸(吉岡里帆)はひかりのコーチを訪ねる。
ひかりの様子に変わったことはないかと確認するためだ。

コーチの森田は特にないというがひかりは1ヶ月ほど前からフルートを練習していたという。
コーチはひかりの才能に世界を見ておりどんな楽器でもすぐにマスターしてしまうひかりだったが今はピアノだけに集中して欲しいとぶつかることもあったと言う。


ひかりがお茶を飲もうとカップに息を吹きかけると胸の痛みをうったえ苦しみだした。

そしてひかりの体を診ているときに背中の傷を目にする。
そして志帆(吉田羊)の脳裏にある記憶が蘇る。

ひかりは娘真央を亡くした爆発事件の時に会った少女だったのだ。
そのことで様々なことを思いだす志帆。
ひかりが小学生ということもあって院長の北畠(高橋克典)も志帆の様子を見に来る。

ひかりの病気は「狭心症」だということが分かった。
小学生の子供がかかるのは希な病気だが原因は分からない。

心臓カテーテル検査で原因を調べることになった。
その結果、冠れん縮性狭心症だということが分かった。
しかし、最初のけいれん症状のときの病名がハッキリしない。

それでもフルートを始めた時期と体調を崩した時期が重なるということでそのことが何か関係があるのではないかと志帆は推測した。

翌日、志帆はひかりの病名が分かったという。
そしてフルートを吹いてもらうとひかりは意識を失った。
それは一過性の意識消失発作。
脳血管造影検査を行って原因不明の病気の原因を捜すという。

そしてひかりの病気が判明する。
「ウィリス動脈輪閉塞症(モヤモヤ病)」
脳血管のバイパス手術を行う必要があるという。

今回の手術は志帆が自ら執刀すると申し出た。
これまで手術はしない条件で解析診断部にいたはずだが今回はどうしても自分の手で助けたいと言う。
周囲は反対するが岩倉(伊藤蘭)は承認した。

そのことを受けて新田雪野(相武紗季)は屋上に志帆を呼び出す。
そして今まで手術をしてこなかったのは娘の幻覚を見てしまうからだったんじゃないかと尋ねる。
ひかりを見て動揺していることを感じていた。
そしてひかりとの間になにがあったのかと尋ねる。


2年前の爆破事件のことを話す志帆。
その爆発の現場に志帆と真央、ひかりもいた。
爆発事件に巻き込まれた志帆と真央。
志帆は爆発の衝撃で意識を失ったがほどなく意識を取り戻す。
そして真央の元に駆け寄るが真央は無事だった。
しかし、真央の隣で倒れている女の子を先に助けてあげてという真央の言葉にその女の子を助けた。
その女の子こそ今回の患者のひかり。
志帆がひかりを助けている間に再び爆発が起こり、その爆発で真央は亡くなってしまった。

ここでひかりが死んでしまえば真央の死が無駄になってしまう。
真央がつないだひかりの命を自分の手で助けたいと志帆は語った。

志帆が自ら手術をするということに事務局長の佐々木(戸次重幸)は難色を示す。
しかし、院長の北畠(高橋克典)は何かあれば自分が責任を取ると言った。
そして岩倉(伊藤蘭)もまた何かあれば自分も責任を取るといった。


そして手術当日。
ひかりは手術室に、しかし志帆(吉田羊)は激しい頭痛のため家で倒れていた。

レディ・ダ・ヴィンチの診断 9話「運命の小さな患者との再会」感想

次回、いよいよ最終回です。
今回の物語で志帆と娘の真央に何があったのかが分かりました。
爆発事件に巻き込まれた形で娘を失った志帆(吉田羊)
あのとき、もし娘を連れていたら死ぬことはなかったのかもしれないと言う自責の念は強いのかもしれません。
それでも娘の幻覚とともに生きている姿は言葉には言い表せない悲しみがあります。

志帆の出現で医者として変わることができた雪野(相武紗季)もこの手術で志帆をサポートすることに。

解析診断部として今や岩倉(伊藤蘭)も志帆の理解者と言えるでしょう。
次週の予告では志帆に何か持病が見つかるのかもしれません。
それでも解析診断部のチームワークが本領発揮することでしょう。