森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

コピーフェイス〜消された私〜4話あらすじと感想「許されぬ裏切り」

f:id:aeron501:20161119093125j:plain
出典:NHK公式サイトより

コピーフェイス〜消された私〜4話あらすじと感想「許されぬ裏切り」

コピーフェイス〜消された私〜4話「許されぬ裏切り」あらすじ

朝倉クリニックの医療ミスの調査をしている芙有子。
芙有子は実は広沢和花(栗山千明:2役)が飛行機事故の結果全身の美容整形の末に朝倉芙有子として再生されてしまったのだ。

そんな芙有子(和花)に雑誌編集長の橘(鶴見辰吾)から連絡が入る。
以前、橘に預けていた芙有子のノートパソコンのロックを解除し中身を確認したところ朝倉クリニックの医療ミスで人が死んでいることが分かったのだ。

芙有子は医師と不倫をしていたようだ。
その不倫相手は医師で芙有子とのチャットで医療ミスで患者を死なせたということを読み取れた。

芙有子(和花)は島本(矢柴俊博)が怪しいのでははいのかと橘に話す。

しかし、橘は山本明日香(安藤玉恵)が取材を断ったことを考えるともうすでに芙有子が内部調査していることを誰かに知られているかもしれないと言う。


病院に戻った芙有子に夫で理事長の柊二(佐藤隆太)が尋ねる。
「どうして病院のことを探ってる?」
芙有子(和花)は自分が広告塔になるのに知りたいことがあった、今の美容業界は悪徳なところも多いからと答える。
柊二は「患者のための治療しか行わない」と正直な病院経営を話した。

一方、柊二の弟で院長の朝倉洋人(玉置玲央)、医師の島本、顧問弁護士の伊藤らは芙有子の狙いが気になっているようだ。
洋人は柊二が芙有子とやり直すことにしたという言葉に表向きは良かったと言いながらもその真意を疑っていた。

島本も気が気では無い。

顧問弁護士伊藤はやはり山本明日香にフリーの記者が接触してきていると言った。
そしてちゃんと口止めしたと報告した。

「あの顕だけは理事長にも内密に」と3人は柊二に隠し事をしている。
「そのことが知られたら責任を取ると言い出しかねない」と伊藤は続けた。


芙有子(和花)は柊二の言葉を信じているがそれでも調査を進める。
芙有子(和花)は島本に接触を図る。
そして、記憶が戻ってきたとうそをつき1年半前のアレについてもちゃんと聞いておきたいと言った。
そうでないと他の人にも話してしまいそうと島本を脅す。

島本は「何を嗅ぎ回っている?」と芙有子に問いかけ
「病院を追い出されたときのために病院を脅すつもりか?」と動揺する。

もう少しで島本から真相が聞けそうになったが病院の看護師達が通りかかり話はそれっきりになってしまった。


柊二(佐藤隆太)は洋人が行っている「朝倉式ARA治療」について日本では未承認の薬を使っているが大丈夫かと尋ねる。
洋人は大丈夫だと答えるが柊二はやはり気になるという。
洋人はそんな柊二に少しだけ大きな声で大丈夫だと再度言った。
その声に柊二も部屋を後にした。


家では柊二の父弘明(寺田農)が「本当に変わったのか?」と尋ねる。
もし本当に変わったのなら柊二の前から消えてほしいと言った。


休日、柊二は芙有子と娘の由麻を連れてとある喫茶店へ。
そこは柊二が建築士時代にリフォームをはじめて担当した店だった。
そこのオーナー夫妻は柊二にとても感謝していた。
予算は少なかったが柊二が一生懸命に対応してくれたおかげで自分たちの夢である店を持つことができたという。

柊二はやはり芙有子とやりなおしたいと言う。
しかし、芙有子(和花)はこれまでのことを考えたらそう都合良くは行かないと家を出ることを切り出す。

柊二は「離婚しよう」という。
そして新たにもう一度結婚しようと提案した。


芙有子が家に戻ると義母の喜恵子(田島令子)が柊二のことを思うなら家を出て行って欲しいと言う。
そして本意では無いこの美容業界ではなく建築の世界に引き戻して欲しいと訴えた。


芙有子(和花)が編集社の前で和花の親友森山ちひろ(前田亜紀)と会う。
そして喫茶店でちひろに柊二との悩みを打ち明ける。
ちひろはそんな芙有子(和花)といっしょにいて死んだ親友の和花にそっくりだと言った。


病院で芙有子は三島奈那子(芦名星)に呼び出される。
そして、柊二とやり直すのは虫が良すぎると叱責される。

その話のなかで芙有子が不倫をしていたのは弟の洋人だったことを知る。
あの時は島本を疑ったが実際には義弟の洋人が芙有子の不倫相手だったのだ。

洋人は幼少の頃から兄の柊二に対してコンプレックスを抱いていた。
そのことで実際には裏切るようなこともしているのではないだろうか。


病院ではやはり柊二があの未承認の薬が気になると洋人に詰め寄っていた。
使い方を間違えると重篤な副作用を引き起こす可能性があるなら治療を中止するべきだと言う。
それでも洋人は中止をするつもりはないという。


芙有子(和花)は島本に死亡事故のことを教えるように詰め寄る。
あごの骨を削る手術。
本来なら簡単な手術だったが執刀した洋人は慢心からか頸動脈を傷つけてしまい死亡事故を引き起こした。

その手術で助手を務めた島本は死亡の事実を口止めされた。
そのことが手術ができなくなった理由かもしれない。


その夜、芙有子(和花)は洋人を以前不倫していたホテルに呼び出す。
そして、死亡事故のことで責め立てるが洋人は事故を「不運な事故」と言いそこら辺の悪徳業者と一緒にしないで欲しいと言った。
そして、帰り際に洋人が「芙有ちゃん」と呼んだ。
「そう呼んでたの忘れた?」と聞く。
また会えるよねという洋人に生返事をして部屋を後にする。


家への道中、橘が現れる。
取材は中止だと告げるが芙有子(和花)はやはり何も知らなかった柊二のことを守りたいと言った。

家に戻ると柊二はやさしく出迎えた。
そして芙有子(和花)は柊二の胸に飛び込んだ。


洋人(玉置玲央)は芙有子が実は別人だと気付いた。
そのことを弁護士の伊藤に告白するが伊藤もにわかには信じられない。
洋人は芙有子が死亡した飛行機事故の被害者名簿を取り寄せるように伊藤に指示した。
洋人は「芙有ちゃん」と呼んだことはなかった。
そのことで芙有子が別人だと確信した。

コピーフェイス〜消された私〜4話「許されぬ裏切り」感想

いよいよ芙有子のことがバレはじめましたねー
柊二は特に気がついていない模様(笑)

問題は芙有子が問題を掘り返せば掘り返すほど自分を追い込んでしまうのではないか、朝倉芙有子は自分。
広沢和花はすでに死亡していることになっている。
もしかしたら血液型やDNA鑑定とかありそうだけれども物語的にはそこには行かないような。

最終的には自分のことを話し柊二とうまいこと行って欲しいところですけど....どうなるのでしょうか。