森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

レディ・ダ・ヴィンチの診断 最終回10話のあらすじと感想「天才外科医ついに復活」

f:id:aeron501:20161214003812j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

レディ・ダ・ヴィンチの診断 最終回10話のあらすじと感想「天才外科医ついに復活」

レディ・ダ・ヴィンチの診断 最終回10話「天才外科医ついに復活」あらすじ

元天才外科医の橘志帆(吉田羊)2年前の事故で娘の真央(藤澤遥)を亡くしている。
その真央が救った命「藤原ひかり」
現在モヤモヤ病で入院中。
志帆はこれまで手術を封印してきたがこのひかりを救うのは自分しかいないと執刀する予定だった。
しかし、手術当日自宅で倒れてしまう。
東光大学病院に運ばれるが意識はなくひかりの手術の執刀は新田雪野(相武紗季)が担当した。

しかし、ひかりの状態は深刻で手術は思わしく進まなかった。

解析診断部の面々はひかりのことはもちろんだが志帆のことも心配。
志帆が入院した際に撮影したMRI画像では脳動脈瘤があった。
それは2年前の爆破事件の影響だろう。

解析診断部に訪れた北畠(高橋克典)はその爆破事件のことを話す。
その事件で最愛の娘の真央を亡くした志帆は抜け殻のようになってしまっていた。
しかし半年後元通りの様子でまた医師として働きたいと北畠に連絡をしてきたという。
そして北畠は西東京病院を紹介した。
志帆が急に元気になった理由は真央の幻覚を見るようになったからだと雪野が推測した。

その爆発事件でひかりもその場に居合わせた。
ひかりの救出を優先させたために2回目の爆発に真央が巻き込まれた。
そのことで自分を責めている志帆(吉田羊)

ひかりを死なせたら真央の死が無駄になると自ら執刀を志願したのだったがこの状況では執刀を任せるわけにはいかない。

状況を全て志帆に説明しその上で脳動脈瘤を切除するのかどうかを問うこととなった。

しかし、真央の幻覚をみているのは脳動脈瘤によるもの、この動脈瘤を取ってしまうことで真央の幻覚にも別れを告げなくてはならない。


岩倉(伊藤蘭)雪野(相武紗季)田丸綾香(吉岡里帆)が志帆の病室を訪れるともう元気になったから仕事に戻るという。
しかし、岩倉はこのまま脳動脈瘤がある状態で執刀させるわけにはいかないと言う。

岩倉は雪野と田丸を部屋から出し二人で話をする。
今は脳動脈瘤があるが真央の幻覚と一緒に暮らしている。
岩倉自身も子供を持つ身として子供を失うことを考えると胸が張り裂けそうになる。
この脳動脈瘤を切除することで「2度も子供を失うことになる」と志帆の脳動脈瘤を切除しないことで真央の幻覚と幸せにくらしているのならそれもいいのかもしれないと言った。


ひかりの容態が急変する。
雪野の迅速な対応で事なきを得たがこのままでは時間の問題。
志帆(吉田羊)はまた真央の幻覚を見る。
幻覚の真央は脳動脈瘤をとってひかりを助けてあげて欲しいと言った。

それでも迷っている志帆に見えなくなっても一緒にいるからと背中を押す。
そして、脳動脈瘤を取ってひかりを助ける決心をする志帆(吉田羊)


翌日、志帆は脳動脈瘤の摘出を申し出る。
そして志帆の手術の時が来る。

雪野(相武紗季)はかつて研修医時代に志帆の手術を見たことがあったという。
そして実は志帆を目標としてきたことを告白した。

いよいよ手術、無事に成功。
一週間後、志帆の手は無事に動いた。
明日、ひかりの手術をしようということになった。

志帆はひかりのベットを訪れ2年前の爆破事件のことを話した。
そのとき一緒にいた娘の真央のことも話した。
真央の安否のことは言わなかったがひかりに「真央ちゃん元気ですか?」という問いには「元気よ」と答えた。


そして、志帆の執刀で手術を行い無事にひかりは退院していった。
北畠(高橋克典)は岩倉(伊藤蘭)をはじめとする解析診断部の労をねぎらった。


解析診断部は軌道には乗ったが赤字の不採算部門。
北畠は責任を取って院長を辞任する決意をした。
そして次期院長に岩倉をと申し出るが岩倉は即座に断り院長は北畠のままでいいと言った。
まだ、しばらくは解析診断部の部長としてやっていくと言う。

志帆もすっかり元通りとなり解析診断部もますます忙しそうだ。

レディ・ダ・ヴィンチの診断 最終回10話「天才外科医ついに復活」感想

物語としては大きく扱っていないのですが橘志帆(吉田羊)と雪野(相武紗季)の意外な接点が最終回で明らかにされました。

ラストのあたりはすこし慌ただしかったのですが志帆の病気のおかげで診断部のチームワークが更に良くなりました。

そして、幻覚の真央が「姿が見えなくなっても私はここにいるよ」と言いながら志保の胸に手をあてたシーンがありました。
ラストではそのとおりに真央からの言葉が聞こえるというシーンが、確かに志保の胸のなかで真央は生き続けています。