森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

コピーフェイス〜消された私〜最終回(6話)あらすじと感想「真実の行方」

f:id:aeron501:20161119093125j:plain
出典:NHK公式サイトより

コピーフェイス〜消された私〜最終回(6話)あらすじと感想「真実の行方」

▶見逃し配信は「U-NEXT」がオススメです。

コピーフェイス〜消された私〜最終回(6話)「真実の行方」あらすじ

自分が実は朝倉芙有子ではないことを朝倉家の人々の前で告白した広沢和花(栗山千明)
そして和花は朝倉家を出た。

和花はウィークリーマンションを借りた。
そこに和花の親友森山ちひろ(前田亜紀)が訪れる。
ちひろは洋人(玉置玲央)と芙有子の不倫のことを柊二(佐藤隆太)に話してみてはどうかと提案するが和花は柊二と由麻の生活を第一に考え当面洋人のことは言わないでおくことにした。


和花は朝倉クリニックの顧問弁護士伊藤と会っていた。
伊藤は朝倉家のことを他言しないことを条件に別人になってしまった和花に見舞金を持ってきたという。
見舞金は封筒に入った1000万円ほどの金額。
和花は「そうやってこれまでも医療ミスを隠蔽した」と言い受け取りに難色を示す。
しかし、伊藤は和花が娘の由麻をだましていたことをなじる。

柊二は妻の芙有子が実は別人だったことを洋人や朝倉クリニックの師長三島(芦名星)に話す。


三島は和花に会いに行く。
そして、それは自己満足だと言う。

弟の不倫に目をつぶり守りたいという和花に逃げるのかと声を上げた。
黙って身を引くことが柊二を守ることにはならないと言い残して立ち去った。


柊二は和花(芙有子:栗山千明)が家を出たことを娘の由麻に言えずにいた。
「お母さん、今日は帰ってくる?」という由麻にもう帰ってこない、お母さんとは離婚したと話す。
由麻は「お母さんは優しかった」と涙を流した。

和花は顧問弁護士の伊藤から提示された確認書を見てこれからのことを考えていた。


ちひろはかつて和花が記事を書いていた雑誌の編集長橘(鶴見辰吾)の元を訪ねた。
そして、和花が記事を書けなくなってしまったことは洋人が上に圧力をかけたからですよねと聞く。
橘は軽くうなずくが実はそれどころではなく朝倉家の闇は想像以上に深いとつぶやいた。


朝倉家では父の弘明(寺田農)が柊二(佐藤隆太)に洋人を頼むと改めて頼まれていた。
いつになく弘明は柊二の手を取り頭を深々と下げた。

その様子を見ていた母の佐枝子(田島令子)は違和感を感じ和花の元を訪ねる。
そして、和花に記事を出して欲しいと言った、洋人の不正を取材していたことは知っておりその上での依頼。

そして和花の記事を止めたのは弘明だったことを聞かされる。
弘明は病院の様子を随時伊藤に報告させたいた。
いざというときに洋人を助けようという算段。

そして、佐枝子が言うには洋人(玉置玲央)は弘明の一人息子。
柊二はかつて佐枝子が愛した人の子供だったのだ。
佐枝子は弘明と政略結婚の様な状態で結婚をしたがその後に本当に愛する人に出会ってしまった。
その相手は事故で亡くなってしまったがすでの佐枝子のお腹には柊二がいた。
弘明(寺田農)はそのことで離婚をするわけでもなく自分の息子として柊二を育てることにした。
しかし実は柊二を憎んでいる。
そんな柊二を病院の理事長にしているということは洋人の不正が明るみに出たときのための保険としか考えていないからだ。

そんなことには堪えられないと佐枝子は和花に記事を出すように言った。

しかし、そのことで朝倉家は終わり柊二も由麻も巻き添えになると言うが佐枝子はもう終わりにしないといけないと訴えた。


和花は三島(芦名星)や佐枝子(田島令子)の言葉を思い出していた。


和花は柊二と会った。
そして柊二は和花が現れたときのことを思い出し救われたと言い、もう一度一緒に暮らしたいと申し出た。

しかし、和花は本当のことを話した。
洋人のこと、弘明が柊二のことを恨んでいること。
その上で記事を書くという。

あまりに多くのことを一度に聞かされた柊二は呆然となりその場を後にする。
そして病院に戻ると「朝倉式ARA治療」の副作用で顔が腫れたという患者さんが来ていると島本(矢柴俊博)が柊二に報告する。
その患者の副作用は実際はARA治療のせいではなくはなかったが柊二は洋人を叱責する。
しかし、洋人も柊二に食ってかかる。
柊二は「俺が目障りならお前の前から姿を消す、だからやめてくれ」と未承認の薬を不正に使用することをやめるよう懇願した。
「もう遅いよ」そう言うと洋人は立ち去った。

柊二は和花に電話を入れ「俺じゃあいつを止めてやれない....」と言い記事の掲載を許可した。


和花は記事の掲載を橘(鶴見辰吾)に掛け合った。
難色を示す橘に和花は自分が「ジャーナリストの広沢和花であるために書かなくてはならない」と説得をする。
橘ははっきりOKはしなかったが完璧な条件が整えば一緒に戦う姿勢を見せた。
そして、和花は資料を集める。

師長の三島(芦名星)とともに島本(矢柴俊博)らから医療ミスのカルテを入手したり、柊二から資料を貰ったりと準備を進めた。

柊二が児童養護施設の「太陽の樹」を訪れ和花に資料を渡す。
その帰りに和花の親友ちひろ(前田亜紀)が柊二に和花のことを話す。
和花は幼い頃に育児放棄された。
そのことで由麻や柊二のことを本当に守りたいと言っていたことや本当の家族ではないのに幸せだと言っていたこと、自分のように育児放棄をされた由麻を守りたいといっていたことを柊二に話した。
柊二は和花の過去を聞き複雑な表情で和花を見た。


いよいよ記事も完成し、後は掲載を待つというところ。
柊二はそのことを父の弘明(寺田農)に話したいと言った。
そして記事が掲載される前日の夜、柊二は弘明に話をした。
弘明はまた記事を止めることもできるという。

それでも話したのは何故だと柊二に聞いた。 そして弘明は柊二のことを愛せないとも言った。

その言葉を聞いた柊二だったがそれでも弘明のことを尊敬していたしこれからも尊敬し続けたいと言うと最後にたったひとりの弟の弘明をダメにしないで欲しいと言った。
弘明は天井を見上げた。


柊二は和花のもとを訪ねる。 涙を流し「言うことは全部言った」と涙を流した。
和花が柊二を抱きしめる。


そして弘明は記事を止めなかった。
編集部は記事への反響の問い合わせが殺到した。

洋人は父から全てを聞いたと柊二に言った。
それでも洋人は「養子に悩む患者さんを救いたいという気持ちは本当だ」と言った。
病院には警察がやってきて洋人は事情聴取を受けることとなった。


柊二は病院を出て建築の仕事に戻ることになった。
改めて和花にプロポーズする柊二。
その言葉に返事はしなかったが由麻を抱き上げ「新しい部屋を借りて3人で暮らそうね」と嬉しそうに語りかけた。

コピーフェイス〜消された私〜最終回(6話)「真実の行方」感想

最終回、終わりました。
NHKらしくきっちり収まったと思います。

洋人も警察に連行される際になんだか少し肩の荷が下りたような表情でした。
弘明も佐枝子に自由にしていいと言い自分の責任を取ろうとしています。

柊二も建築の仕事に戻ると言うことで嬉しそうです。

あとは和花の親友のちひろが幸せになることですかね。