森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

大貧乏 1話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20170105214745j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

大貧乏 1話のあらすじと感想

大貧乏 1話のあらすじ

2017年1月1日、とあるマンションで洗濯機のホースが外れ漏水。
初詣に向かう母と息子と娘。

一方、祈祷を受ける一人の男性は恋みくじで大吉が出たことで喜んでいる。


母と息子、娘の母は七草ゆず子(小雪)、翔太(今井暖大)、実結(野澤しおり)。
ゆず子は同窓会の出席はがきを出しマンションに戻る。
そこで見たのは入り口の階段に流れる水。
ものすごい勢いで水が流れている。
子供達は喜ぶがゆず子は不安が募る。

漏水の原因は七草家の洗濯機。
階下の住人の電化製品は全滅、保険でカバーできるものを除き大家と保険屋はゆず子に支払を求めた。
その額は234万円以上。

貯金がほぼゼロに。

それでもまた仕事を頑張ろうと思ったが。
1月5日の新年初日の出勤で会社が破産申し立てをしたことを知る。

これからのことを考えると憂鬱で仕方がない。

同窓会も行くのをやめようかと思っているが同窓会で仕事を探すことに。

しかし、そんなに甘くはなかった。


その同窓会でゆず子に思いを寄せる男がいた。
ゆず子は気がつかなかったが柿原新一(伊藤淳史)はゆず子に思いを寄せていた。
同窓会では話せなかったがゆず子の近況を人づてに聞き何か近づく方法があるはずだとゆず子が務めていたDOHという人材派遣会社の倒産について調べることにする。

DOHは情報漏洩問題で250億円の賠償金を支払い資金繰りが悪化し倒産をしたようだ。
その新一はそれにしてもこの250億円の賠償金の額が大きすぎると気になった。


DOHの従業員に対する説明会が行われた社長の天満(奥田瑛二)から事情の説明があったが給与の未払いもある。
しかし、それが支払われる見込みもない。

社内預金も帰ってこないと言う
ゆず子は15年300万円以上の預金があった。

結局、ゆず子の手元に残った金は3000円ちょっと。
これで失業保険が出るまでしのがなければならない。

頭を抱えるゆず子。


とある日、ゆず子の元に柿原からの電話。
DOHのことについて話を聞きたいと言う。
柿原のことを詐欺だと思ったゆず子は電話を切ろうと思ったが結局、話を聞いてみることに。

そこには暖大としおりも一緒に。
最初は弁護士として話をしていた新一だったが結局高校の同級生だということを明かす。

だが、ゆず子は新一のことを全く覚えていなかった(笑)

それでも食事をしているうちにお酒は飲まないと言っていたがひょんなことからゆず子がシャンパンを口にする。
性格が豹変し、新一に「どうして弁護士ってそんなに儲かるの?悪いことしてるんでしょ?」と詰め寄る。

次にはゴージャスな弁護士事務所を見てみたいと言い出す。

本当に豪華な事務所を見てカッコいいと言うゆず子。
ついでにゆず子は実は新一のことを覚えていなかったと謝る。


翌日、新一(伊藤淳史)からチャットメッセージが送られてくる。
新一は高校のことを覚えていなくても押して押して押しまくると息巻いている。


翌日もゆず子やDOHの社員達は会社の残務処理に追われた。
そんなとき資料室で加瀬春木(成田凌)がパソコンから何かをコピーしている。
そのことを経理部長の浅岡(滝藤賢一)にバレそうになるが偶然通りかかったゆず子のおかげでバレなかった。
ゆず子はゆず子で新一が会社に押しかけてきてランチをしようと言うので加瀬に彼氏役になって貰い新一につきあえないと断った。

新一は一瞬たじろいだがゆず子のことがすきだから近づいたわけではないと言い訳をする。
そしてDOHの破産には裏がある、と言った。
勢いで言ってしまったが実際に事実を確認しただけでもこの破産にはいくつかおかしいところがあると言った。

それでもゆず子は会社の破産の裏とかそんなことを考えている余裕はない余裕はないと言う。


家に帰るがやはりこれからの生活にお金がない。
新一(伊藤淳史)に言われたことを思いだし自分は愚かだと感じていた。

夜、息子が今までやってきたサッカーをやめると言い出した。
息子の暖大は洗濯機が壊れたのは自分の靴下が詰まったせいだと言った。
しかし、ゆず子はそんな思いをさせたことを謝った。
そしてこれからは何があっても負けないからと子供達と約束した。


新一はDOHの5年分の決算書を手に入れるように加瀬に頼むがすでに加瀬は15年分の決算書や従業員名簿などを手に入れていた。
その資料を全て買取り新一は調査をすることにした。

オフィスで膨大な資料に囲まれた新一は資料を次々に読んでいくとやはり不審な点を見つける。


ゆず子は時給880円の日雇いのアルバイトを2日間することになった。
何としても息子にサッカーのスパイクを買ってあげたい。


新一は加瀬を呼び出していた。
DOHの全国の営業所のテナント料が相場よりも1.5倍高いという10年間で30億円がどこかに流れているのではないかと推測した。
そのことを加瀬に伝え請求書を手に入れたいと言うが加瀬では無理だと言う。
総務か経理の人間でないと手に入れることはできないだろうと言う、しかも今日で会社は閉鎖されてしまうと言う。

新一は急遽ゆず子に連絡をとり会社に入ってその請求書か領収書を欲しいと言うがゆず子は無理を言ってアルバイトをさせて貰っている手前、今日はムリだと断るが新一は代わりを置いていくと自分の部下を置いて行った。

会社で資料を探すが肝心な場所のファイルだけが見当たらなかった。 おそらくそこに不正の証拠となるものが入っていたに違いない。
経理の人間に全員連絡を取るがそのファイルの行方を知る人はいなかった。

翌日、息子の暖大のサッカーの試合。
ゆず子は約束をしていたスパイクを買ってあげることが出来なかった。

怒る暖大にただ謝るしかなかったゆず子。
しかし、サッカーの試合会場に新一がやってきて「昨日はお母さん、いっぱい働いたんだ」とスパイクを持ってきてくれた。
暖大はよろこびサッカーの試合が始まった。

そんなとき、ゆず子の携帯に知らない番号からの着信。
昨日、連絡を取った経理の一人野村という女性からだ。

野村は行方不明になった資料を持っていると言う、そして不正な送金をしてしまったかもしれないとゆず子に連絡をしてきたのだ。
ゆず子になら資料を渡してもいいと駅のホームで待ち合わせをする。

サッカーの試合は新一に任せゆず子は駅に向かう。
そして、野村と会うが野村は反対側のホームにいた。

そっちに行くからと声をかけてゆず子が階段を降りようとしたとき誰かがホームの野村の背中を押した。
ちょうど駅に入ってきた電車に野村のバッグがぶつかってしまったが野村は無事だった。

ゆず子が反対のホームに着くと野村の姿はなかった。
やっぱり資料は渡せないというメッセージだけが携帯に入った。
そして、階段を降りる一人の男を目撃する。
その男は経理部長の浅岡(滝藤賢一)その手にはあの行方不明のファイルを持っていた。

大貧乏 1話の感想

最初はコメディ一直線かと思いましたが途中から少しずつ様子が変わってきて少しだけサスペンス感が出ましたね。

滝藤さんはもう最初から怪しさ満点でしたが(笑)

今回の伊藤淳史さんと小雪さんの掛け合いは結構いい感じに進んでいますね。

次週予告では30億円の裏金が本当にあるようです。
滝藤さん演じる経理部長の後ろには誰がいるのでしょうか。
敏腕弁護士の柿原(伊藤淳史)さんとの対決が近く実現しそうで楽しみです。