森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

嘘の戦争 2話あらすじと感想「30年前の衝撃的な嘘と真実」

f:id:aeron501:20170110001321j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

嘘の戦争 2話あらすじと感想「30年前の衝撃的な嘘と真実」

嘘の戦争 2話「30年前の衝撃的な嘘と真実」あらすじ

バンコクで詐欺師をしていた一ノ瀬浩一(草彅剛)は30年前に家族を惨殺した男を目撃する。
その男は手に特徴的なあざがあった。

その男を追って浩一は日本に帰国する。

そして、男を追っていくうちに二科コーポレーションの会長二科興三(市村正親)が黒幕ではないかということが分かる。

なんとか興三に近づこうとするもガードが堅い。
そこですでに仲良くなっていた長男の晃(安田顕)に頼みパーティーに入ることに成功する。

興三の誕生日パーティーでは浩一の作戦で興三から切られたと思いこんだ医師の五十嵐(甲本雅裕)が興三にナイフを向け突進してくる。
浩一はとっさの判断で身を呈して興三を助けるが自分が刺されてしまい、そのまま救急車で病院へ。

ナイフで刺されたが軽傷で済んだ。

病室で意識を取り戻すと二科コーポレーション顧問弁護士の六反田(飯田基祐)と言う男が現れる。
身につけている時計や靴、バッグなど高級品ばかり。
その六反田から今回の件は二科コーポレーションが責任をもって対応するという。
取り急ぎの謝礼として200万円の現金を差し出した。

そして今回の事件は内密に事故として処理したいと言う。
浩一は何か考えがあるような顔をしていたが提案に了承した。

浩一(草彅剛)は「六反田」という名前に覚えがあった。

「六反田」というのはかつて浩一が幼少の頃、新聞配達をしており幼い日の浩一も面識があった。
そのことを思い出し、あの浩一の家族惨殺が父による無理心中だという証言をこの六反田という少年がしていたことを思いだした。

浩一はその場では六反田のことを追求しなかった。
そして、次のターゲットをこの六反田に定めた。

浩一は六反田のことを調べるがやはり30年前に偽証をした新聞配達の少年に間違いない。

六反田は二科家の顧問弁護士以外にもいろいろなことをしており中でも「ダイヤモンド鉱山開発出資金詐詐欺被害者」の救済を支援する「被害者の会」活動も行っている。

その被害者の会にハルカ(水原希子)が潜入する。


入院中の浩一(草彅剛)の元に隆(藤木直人)が突然訪れる。
そして「何が魂胆だ?」と突然尋ね、これ以上晃や楓(山本美月)に近づくなと言ってその場を後にした。


退院した浩一は六反田にゆさぶりを掛ける。
まずは電話で五十嵐(甲本雅裕)から30年前の事件のことを聞いているとと忠告をする。
六反田は二科興三(市村正親)に相談するが興三は相手にしない。
こちらで対処すると言い六反田を追い返す。
そして更に六反田を追い込むためにメールを送る。
そのメールは二科グループの社長隆(藤木直人)になりすましたもの。
普通なら気がつくはずだがこの状況では気がつかない。

メールでには極秘事項については二科コーポレーションでは責任を持てない、と書いてあった。

六反田はそのメールに激怒し、30年前の会長との会話を録音したものがあると言う。

録音したものがあるということで六反田も強気。

そして、ある夜、六反田の事務所に忍び込む。
目的は録音データ。
六反田が事務所を出た後に浩一(草彅剛)は忍び込んだが忘れ物をした六反田が戻り慌てて近くにあった紙に火を着け火災報知器を感知させる。

六反田はデスクの上に浩一が出したカセットテープレコーダーを手に取り事務所から避難する。

その足で二科隆(藤木直人)に電話をかけ、この家捜しはお前達の仕業か?と強い態度で言う。
もちろん何も知らない隆、話がかみ合わない。
しかし、それでも隆はその音声を聞くまで信用できないという。

そして翌日、ホテルで六反田(飯田基祐)は二科隆と会う。

元々は浩一(草彅剛)のメールが発端。
だが今となっては六反田と二科家の間に亀裂が入ってしまった。

そんなとき、六反田の事務所に警察の家宅捜索。
六反田は「ダイヤモンド鉱山開発出資金詐詐欺被害者」を救う名目で被害者を集め着手金を集める「着手金詐欺」の疑いがあると言う。
そのことで弁護士資格も剥奪されるだろう。
二科隆(藤木直人)はもう関係は終わりだと立ち去った。


実際に、六反田が二科興三と話をした内容を録音したテープは六反田が二科隆と会うために向かったホテルのエレベーターで百田(マギー)とカズキ(菊池風磨)がすり替えていた。

そのテープをひとりで聞く浩一(草彅剛)

そのテープの内容は衝撃的なものだった。
内容は二科興三(市村正親)が浩一の家族を殺したことに関する内容を六反田に告白したものだった。

元々は大学生がOLに乱暴をし、抵抗したOLが頭を打ち死亡するという事件がきっかけ。
その親たちに頼まれ二科興三がもみ消した。

転倒事故として処理するために警察や解剖医を取り込んだが助手として付いた若かりし頃の浩一の父「千葉」はOLの痛いの異変に気付き、抵抗の痕を見つけ事件性があると警察に報告すると言って聞かなかった。
いわば不都合な真実だったわけだ。

そのことで殺害を決行。
一家心中に見せかけ処理をした。

その事実を知っているのは大学生の親、福島と四条。
そして、刑事の三輪。
すべて興三の指示で行われた。


この録音内容を聞いた浩一は部屋で暴れる。
止めに入るハルカをも殴りそうな勢いだ。
事務所を飛び出す浩一。


夜、浩一は寝泊まりをしている児童養護施設へ。
そこにハルカが訪ねてくる。

ハルカは浩一の30年前の事件のことを聞く。
浩一は六反田のテープを聞かせる。

そして、福島と四条、三輪、興三、全員に30年分の借りを返すという。
その手伝いをしたいとハルカが申し出る。

そして、冗談半分でハルカが「興三に近づくために身内になっちゃえば?ちょうど独身の娘もいることだし」と言うと浩一も「無くは....ないな」と考えをめぐらせた。


ある日曜日、浩一は二科晃(安田顕)の野球チームの監督をする。
このチームはもうしばらく勝っていない。
同じ高校球児として晃が浩一に監督を打診した。
浩一は野球は小学生以来だったが高校球児だと嘘をついて晃に近づいた手前、嫌だとは言えなかった。
浩一は野球の本を買い込み勉強し結果晃のチームは久しぶりに勝った。
その夜、浩一と楓(山本美月)は海辺を歩いていた。
昼間の野球の試合で久しぶりに晃の笑顔を見たと楓も満足そうだ。

そして幼少の頃の話をする。
楓は浩一に心を奪われている。

立ち去ろうとする楓の腕を掴み浩一はキスをした。

詐欺師は偶然を必然だったと思わせる、もっと優秀な詐欺師は「これが運命だった」と思わせる。
浩一は楓にこの出会いが運命だったと思わせることに成功したようだ。

嘘の戦争 2話「30年前の衝撃的な嘘と真実」感想

かなり面白くなってきました。
楓を演じる山本美月さんが2話でいい感じになってます。
ドラマを見ていてNHKのドラマ版ロクヨンの美雲を思い出しました。

警察の広報として本音と建前に挟まれ苦悩して雨に打たれていた美雲の姿は印象的できた。
何だか今回も同じ感じになりそうで怖いです。

それからストーリー的には浩一(草彅剛)の父を殺さなくてならなくなった理由がちょっと「うーーん」という感じです。
婦女暴行を隠すためって......いろいろ悲しすぎます。

それから心配なのは安田顕さん演じる晃もだまされているという所ですね(笑)
キャラとしては下町ロケットの山崎に似た雰囲気でありながらほどよく脳天気という。
引き出し多いです、さすが「平成の怪物 ヤスケン」ですね。

まだまだ展開がありますからかなり楽しみです。