森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

精霊の守り人 2話のあらすじと感想「罠(わな)」

f:id:aeron501:20170121205359j:plain
出典:NHK公式サイトより

精霊の守り人 2話のあらすじと感想「罠(わな)」

精霊の守り人 2話の「罠(わな)」のあらすじ

ロタ王国南部の港町の酒場。
新ヨゴ国がサンガル王国に援軍を送るという情報を得たタルシュ帝国のヒュウゴ(鈴木亮平)
その援軍に新ヨゴ国の皇太子チャグム(板垣瑞生)も同乗していることを知る。


ロタ王国では君主ヨーサム(橋本さとし)が急病を患った。
ヨーサム自信の寿命を知ってか弟のイーハン(ディーン・フジオカ)に国の未来を託す。
そして、新ヨゴの皇太子(チャグム)から同盟を結びたいとの密書が届いていることも明かした。
しかもそれは帝(藤原竜也)に内密なものだろうということも察していた。


バルサ(綾瀬はるか)とタンダ(東出昌大)のところにロタ国の呪術師スファル(柄本明)が現れる。
スファルはバルサ達といっしょのアスラ(鈴木梨央)と兄のチキラ(福山康平)の後を追ってきたという。
元々はアスラの母トリーシア(壇蜜)が殺されたときにその場に居合わせた人が皆殺しにされたがそこにいたはずの子供達が居なくなっていたことに疑問を持っていたのだ。
スファルもアスラの異能に気がついている。

しかし、バルサはアスラをスファルに引き渡すつもりはない。

その様子を見てスファルはいったん引き上げた。


夕刻、バルサ達をシハナ(真木よう子)が襲撃しアスラを連れ去る。

シハナを追いバルサが対峙するとアスラがシハナを睨む。
シハナはアスラが召還する破壊神を恐れバルサを攻撃する手を緩める。

その隙にバルサはアスラを連れ逃げた。
しかし、タンダとアスラの兄チキサはシハナの一味に人質として連れ去られた。


サンガルに向かう船の中でチャグム(板垣瑞生)はトーサ(伊武雅刀)に相談事をしていた。
タルシュとの決戦を前にロタ王国との同盟を結びたいというのだ。
そのことで帝の意に反する謀反人になってしまう。
トーサはチャグムの祖父、一緒に謀反人になって欲しいと願い、そしてトーサはロタへの寄港を船員達に指示した。

そして、チャグムはロタ王国に上陸。
そしてロタ国王と会う。

ロタ王国にはタルシュ帝国からの申し出で港を開港して欲しいとの要望。
ロタの民はそのことでロタ国内が潤うはずだと開港を好意的に考えている。
そのこともありロタの国王としてもすぐにチャグムの申し出に答えるわけには行かないと言う。
しかし、ロタ国王は直接危険をかえりみずに訪れてきたチャグムとの絆は深まったと言った。


ロタを出航しサンガルに向かう道中。
チャグムは思い悩んでいたが同行した星読のシュガ(林遣都)はこの寄り道はムダではないと声をかけた。


スファル(柄本明)とシハナ(真木よう子)タンダ(東出昌大)とアスラの兄チキサ(福山康平)を捕らえていた。


バルサ(綾瀬はるか)とアスラ(鈴木梨央)は遊牧民に宿を借りていた。
しかし、それまで乗っていた馬は遊牧民に渡してしまった。


ある朝、チャグムはトーサに声をかけられるとサンガル付近の海で大群に囲まれる。


そこで会ったのはサンガル王国の司令官オルラン
オルランは武器を捨てヨゴの民に捕虜になるように言った。
新ヨゴ国の捕虜を差し出すことでサンガルはタルシュとの関係を維持すると言った。

トーサは捕虜になるといった。

そして捕虜となる準備をするが、チャグムは納得がいかない。
しかしここで無駄な血を流すわけにはいかない。
チャグムに「ひとりの兵として」捕虜になって命を繋いで欲しいと願った。

新ヨゴ国の船員達がサンガルの船に移るとトーサはサンガルの船員を蹴散らし船から離れるように言った。
トーサと船は一蓮托生。
その決意の証にトーサは船に火を放った。

精霊の守り人 2話の「罠(わな)」の感想

やはりトーサが予想していたとおりサンガルはすでにタルシュ帝国の手に落ちていました。
しかし、チャグムを皇太子として引き渡すわけにはいかないと「ひとりの兵として」捕虜になる選択肢を選びました。

サンガルのオルランによるとタルシュの力は想像を超えて強大なもののようです。
今はまだチャグムが新ヨゴ国の皇太子であることはバレていませんがヒュウゴ(鈴木亮平)はこの船員の中に皇太子がいることを知っているはずです。

バルサはアスラを守り旅をしています。
アスラを守ると決めた今、アスラが破壊神を召喚することも止めようとします。
アスラはどうしても母を殺した人々を許せません。
神様を呼んで殺すというのですがバルサはバルサの言葉でアスラに問いかけていきます。