森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

嘘の戦争 5話あらすじと感想「一流銀行マンに華麗なる復讐!新事実が発覚...首謀者と最接近」

f:id:aeron501:20170110001321j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

嘘の戦争 5話あらすじと感想「一流銀行マンに華麗なる復讐!新事実が発覚...首謀者と最接近」

嘘の戦争5話「一流銀行マンに佳麗なる復讐!新事実が発覚...首謀者と最接近」あらすじ

30年前に家族を惨殺された一ノ瀬浩一(草彅剛)。
その復讐のために関係者へ復讐をする浩一。

今度のターゲットは銀行員の九島亨(平岳大)
浩一はパイロットのなりすましホテルで接触する。
九島亨は30年前の殺人事件の中心人物。

浩一はホテルの廊下の曲がり角で九島とぶつかり持っていたワインを落とす。
それをきっかけにラウンジで一緒に酒を飲むことに。

九島は飛行機が好きでパイロットに変装した浩一のことをうらやましがる。
浩一の彼女に扮したハルカ(水原希子)の容姿にも羨望の目を向けている。

ハルカは九島の彼女に取り入る。
ハルカはキャビンアテンダントに扮し悩みを相談する。
九島の彼女芙美(ふみ:真飛聖)は30代の自立した女性だと褒める。
九島には妻がいる。
九島の妻は勤務する銀行の元副頭取、今は亡くなってしまったがそのおかげでここまで出世した。
結局、そのことで妻とは別れることはできない、芙美もそのことで悩みを抱えている。

芙美とも別れられない、芙美は九島の弱みを握っているという。


浩一(草彅剛)がバー800にいると二科隆(藤木直人)が訪れてくる。
浩一が入るところが見えたという。
急なことだが動揺を見せずに対応する浩一。

隆は「千葉という男を知っているか?」と浩一に聞く。
千葉陽一は浩一の元の名前。
隆によると千葉という男によって二科コーポレーションに脅威がもたらされようとしている。
その脅威を排除するために会長の興三(市村正親)は手段を選ばない対応をしようとしている、と伝える。

そのときハルカが店に入ってくる。
一瞬、驚いた様子のハルカだったが隆には関わらずにオーナーの百田(マギー)に話しかけ対応する。

隆は店を後にするがハルカとどこかであった気がしていた。


帝都中央銀行では九島がハルカとのことを思い出していた。
そしてハルカが投資の相談を持ちかける。
九島もハルカのことをよほど気に入ったらしくすぐにでも会いたいようだ。

その夜、ハルカは九島と会う。
ハルカは身の上のことを相談する。


浩一は楓(山本美月)と会う。
楓は父との関係を告白する。
かつて、楓の親友の父が二科コーポレーションの仕事をしていたが経営が危うくなったときに興三があっさり切り捨てた。
結果、その親友の家族が一家心中をしたという。
そのことで父のことを許せないと言う。

しかし、浩一はその状況でも許してしまった方が楽だと言う。
楓にも「家族がまたひとつになることを願うなら楓も動かないと」とアドバイスをした。


浩一は九島のもとを訪れる。
そして、大切な美術品を友人に渡して欲しいと言う。


浩一が事務所に戻ると部屋の異変に気がついた。
いつも3mmあけておく机の引き出しがぴったりしまっていたことで気がつく。
先日、隆に忠告されたことで浩一も用心をしており二科コーポレーションに関係のありそうなものは全て移動しておいたので問題はなかった。
事務所に入ったのは興三の差し金。
六車という男らしい。

そして、盗聴器も仕掛けてある。


二科コーポレーションでは浩一の事務所を調べたと興三(市村正親)が隆(藤木直人)に告げた。

二科コーポレーションにおける裏の仕事はこの六車という男が請け負っているらしい。
六車は人殺しもいとわないような男のようだ。


楓(山本美月)は浩一(草彅剛)のアドバイス通り実家に立ち寄って父興三にあった。
そして、会って欲しい人がいると話す。
浩一のことはその場では興三も触れなかったが数年ぶりに実家を訪れた楓にもう一杯だけお茶を飲んでいかないかと誘う。


扶美(真飛聖)は九島(平岳大)がハルカ(水原希子)とあっているところを目撃する。
そんな扶美の横に浩一も現れる。
浩一はハルカが九島と仲良く歩くところを見て落ち込んでいる演技をした。

落ち込む浩一を扶美が慰める。
扶美は九島が自分と別れられないと安心しているが浩一は九島は妻と離婚して扶美とも別れ銀行を辞めてハルカと結婚したいと言っているようだとけしかける。
扶美はそんなはずはないと激高するが浩一もそんなことをしても誰も得はしないともっともらしいことを言う。
そして、「九島さんのことをしっかり見張っておいてください」と扶美に念を押し立ち去る。

程なく、二科晃(安田顕)からの電話。
ふたりは食事をする。

楓が久しぶりに父とあったのは奇跡だと浩一に感謝する。
そして浩一の事務所でふたりは酒を酌み交わす。


翌日、九島は浩一から預かった美術品を持ってとあるホテルの一室を訪れる。
部屋から出てきたのは百田(マギー)とカズキ(菊池風磨)扮する麻薬取締官。
百田は今日ここで麻薬の取引があると言う情報を得ていると言う。
九島の持っている美術品が入っているケースを確認させろと言う。

百田がケースを開け、服の袖から白い粉の入った小さな袋をケースに落とす。
そして、ケースから出てきたと九島に迫る。

九島は何も知らないとしらを切り逃走する。

浩一が電話をかける。

「あの薬は時価1億、金で償え」と迫る。
九島は警察に行くというが麻薬取締官から逃げたことで共犯だ、と更に迫る。
そして、飛び降り自殺に見立てた女性の写真を送る。


九島が銀行に戻ると底にはハルカが居た。
浩一のことを責める九島にハルカもだまされていたと泣き崩れる。

そしてその飛び降り自殺だと言われている女性は自分の先輩で絶対に自殺ではないと顔を覆った。

ハルカは九島に「一緒に逃げて、警察に行ったら殺される」と涙ながらに訴える。

九島は隠してある金を用意するからしばらく身を隠しておくようにハルカに言う。
そしてハルカと抱き合う。

その様子をのぞき見ていた扶美。
実は扶美は銀行に勤務しており九島の不正な融資に関する証拠を握っていた。
不正融資は九島の妻が経営するエステサロンへの多額の不正融資や迂回融資のマージンなどで得た金。
そのことを警察や銀行の上司に告発すると浩一に電話をかけてきた。

浩一もそのことをけしかける。


九島は所有する猟銃を手に別荘に隠してある金を取りに。
地下室で金を見つけるとそこに浩一が現れる。

浩一は30年前の事件のことを聞く、罪の意識はなかったのかと。

しかし、九島は反省の言葉を口にしない。
そして、その事件には二科晃(安田顕)も関わっていたという。

二科興三が守ろうとしたのは他人子供ではない。
確かに他人の子供のために殺人を犯すことはないだろう。
あのOLの死亡事故には晃も関わっていたのだ、だからこそ興三もリスクを冒したのだ。

その言葉を聞き浩一は別荘を後にする。
九島が地下室から出ると浩一の姿はなく猟銃も床に置かれていた。
九島が別荘の外に出ると何者かに声をかけられる、とっさに銃を撃つ九島。

声の主は警察だった。
銀行から横領の被害届が出ているという。
そして猟銃を所持し発砲したこともあり九島は逮捕された。


数日後、浩一は二科家を訪れる。

興三が会うというのだが隆(藤木直人)も同席する。
隆はハルカが以前のパーティーで五十嵐(甲本雅裕)と一緒に居たことに気がついていた。
そのことでこの一ノ瀬浩一(草彅剛)も30年前の事件の被害者千葉陽一に何らかの関係があると分かったのだ。

双方、臨戦態勢。
二科家では晃(安田顕)と楓(山本美月)が出迎える。

いよいよ興三との対面。

嘘の戦争5話「一流銀行マンに佳麗なる復讐!新事実が発覚...首謀者と最接近」感想

いよいよ、興三との対面。
しかし、直前に実は晃も30年前の事件に関与していたことを知りショックを受ける浩一。

まさか晃まで関わっているとは思いませんでしたね。
これから最終章に向けでどんな展開になっていくのでしょうか。

楓との関係もこのままではダメになりますが浩一の気持ちはあくまで利用しているだけなのでしょうか?
山本美月さん演じる楓は本当に性格の良い女性で素敵です。

このまま巻き添えになって地獄に落とされるのは忍びないところです。
むむむ。