森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

精霊の守り人 (シーズン2)4話のあらすじと感想「笑う魔物」

f:id:aeron501:20170106233150j:plain
出典:NHK公式サイトより

精霊の守り人 (シーズン2)4話のあらすじと感想「笑う魔物」

精霊の守り人 4話(シーズン2悲しき破壊神)「笑う魔物」あらすじ

バルサ(綾瀬はるか)が守るアスラ(鈴木梨央)はロタ王国の先住民「タルの民」
そしてアスラは破壊神を召喚する力を持っている。

その危険性にロタの呪術師スファル(柄本明)と娘のシハナ(真木よう子)はアスラを捕らえようとしていたが今だバルサと逃げていた。

アスラを捕らえるためにスファル達はアスラの兄チキサ(福山康平)らを人質に取っていた。
アスラの危険性をスファル達に聞かされるうちにアスラが本来住むべき場所はここではないのではないかとチキサも捜索に手を貸した。

しかし、アスラの所在が分かるとシハナはチキサとタンダ(東出昌大)に刃を向けた。
父のスファルさえも拘束し自身の信念で行動を起こした。
シハナはアスラ(タルの民)の力を使い南北に分断されているロタ王国を再び一つに戻したいと言った。

そして、バルサにシハナからの手紙が届く。
「建国ノ儀」の朝、ロタ祭儀場の門をくぐれ、と書かれていた。
そしてその時刻に間に合わなければチキサとタンダの命もないとも書かれていた。


一方、新ヨゴ国の皇太子チャグムは狩人のモン(神尾佑)に命を狙われた。
しかし、同じ狩人のジン(松田悟志)が止めに入る。

皇太子が捕虜に取られては新ヨゴ国に勝ち目はない、ならば抹殺せよというのがモンに与えられた使命。
対してジンは聖導師(平幹二朗)から「次の帝をお守りせよ」と命じられたと皇太子にこの状況から逃げようと提案する。


そしてチャグムとジン、星読のシュガ(林遣都)と二人の船乗りと共に逃げることに。
病人が出たとサンガルの兵をおびき寄せ強引に突破。
相手の兵士とジンが戦いそのすきにチャグム達は逃げる。

ジンが敵を必死に食い止める。

しかし、サンガルの兵が放った槍がチャグムの肩に刺さる。

そのまま船を海に出すがチャグムの肩に槍は刺さったまま、返しがついているので安易に抜くと肩が壊れてしまうと手をこまねいていた。

チャグム達の乗ったイカダは海に出たがそこにタルシュ帝国の船が現れる。
船にはヒュウゴ(鈴木亮平)が乗っている。


新ヨゴ国、四路街のマーサ(渡辺えり)の家ではバルサとアスラがロタ祭儀場に行くべきか話し合っていた。
祭儀場はアスラの母が殺された場所、アスラは行かないと兄の命がないと知り行かなくてはならないと心を決める。

マーサは祭儀場に行くと決めたアスラに「いつかきっとここに戻ってきて欲しい」と言う、アスラも「ここから出ていきたくない」と泣きながらマーサに抱きつく。

バルサはジグロ(吉川晃司)と別れたときのことを思い出していた。


ロタ王国では君主のヨーサム(橋本さとし)の余命は幾ばくもない。
この先のロタ王国は弟のイーハン(ディーンフジオカ)に任せると託す。
イーハンはかつてアスラの母トリーシア(壇蜜)と恋仲だった。
そのことでタルの民への理解を示し再びロタの国を一つに統治することができるだろうとイーハンに託す。


チャグムが目を覚ますと目の前には見知らぬ男。
その男はタルシュ帝国のヒュウゴ(鈴木亮平)

チャグム以外のシュガ(林遣都)や船乗りはサンガルに送り返し命の危険はないとチャグムに説明した。

チャグムはタルシュに捕らえられてしまったがヒュウゴはかつてのヨゴ国の生まれだという。

新ヨゴ国の帝にも恨みはあるが今はタルシュに使えているという。
そして、まずは敵を知ることだとタルシュに来るように言った。

タンダとチキサは坪型の牢に捕らえられていた。
そこにスファル(柄本明)が現れタンダを連れ出す。


バルサとアスラは旅の途中。
夜、狼に襲われる。
そのバルサの姿を見たアスラは破壊神を召喚してしまう。
破壊神は一瞬で狼たちを抹殺した。


シハナはイーハンの元を訪れトリーシアの娘を見つけたと報告する。
イーハンもロタ王国のヨーサムが亡くなったことを告げる。
しかし、そのことは建国の儀までそのことは誰にも気付かれなくてはならない。
次のロタ国王としてイーハンの裁量が試されることとなる。

精霊の守り人 4話(シーズン2悲しき破壊神)「笑う魔物」感想

4話のタイトル「笑う魔物」はバルサのことだろうか。
あらすじには書いていないがアスラが破壊神を召喚した後、バルサはジグロとのことを思い出していた。
その想い出は用心棒として仕事を全うするのだが相手に槍を突き立て殺めるバルサを見てジグロが「笑っている」といったことがあった。
その人を殺めるときに笑っているということは心に魔物が宿ることになるのかもしれない。

ジグロはそのことをバルサに教え、誰かに槍を向けると言うことは自分自身にも槍を向けているのと同じことだと教えた。

バルサは人を殺さないイメージっだがそんな過去もあったのか。

そしてタルシュ帝国のヒュウゴ(鈴木亮平)はチャグムに近づくが敵とは思えないような接し方をしている。
元々はヨゴ国出身だという。
(ヨゴ国は新ヨゴ国とは異なり新ヨゴ国から海を渡ったタルシュの隣の国で今はタルシュとなってヨゴ国は無くなってしまった。)

まじめな印象のイーハンは裏でシハナと通じている。
まじめな印象だが実際のところは分からない。

ロタ国も含めどんな展開になっていくのだろうか?