森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

大貧乏 7話のあらすじと感想「ドキドキの初旅行!幸せなひとときを襲う真実。裏切り者は隣に...」

f:id:aeron501:20170105214745j:plain
出典:フジテレビ公式サイトより

大貧乏 7話のあらすじと感想「ドキドキの初旅行!幸せなひとときを襲う真実。裏切り者は隣に...」

大貧乏 7話のあらすじ

濱中電子工業の専務濱中直宏(大鶴義丹)はDOHの社長天満(奥田瑛二)と通じていた。


ゆず子(小雪)達は被害者の会を発足した。
その会合には天満も同席して会合が行われた。

その原告団の説明会が宇都宮で行われる。
その会合にゆず子達と柿原(伊藤淳史)が行くことになった。
柿原はゆず子との出張に喜んでいる。


ゆず子はこの裁判で濱中電子工業にも倒産の危機が訪れてしまうのではないかと懸念する。
自分たちのことだけでなく濱中電子工業の一般の社員達は悪くないと考えている。

そんな状況で和解交渉をするのも一考だと柿原は考えた。
しかし、濱中から提示されたのは40億円
その金額は元々の250億円から少なすぎると柿原達は考えたが天満は40億円あれば社員達の社内預金や未払いの給与などの合計37億円を全て支払うことができるのはもしかしたら最良の提示かもしれないと前向きだ。
この状況で裁判が長引くことは双方に取っても得策ではない。
濱中にも1万人近い社員が居る。

しかし、柿原は考えていた。
未払いの給与などの合計算出をしてから数日後に40億円の提示。
金額が似通っていることで近いメンバーの誰かが濱中と通じているのではないかと考えた。


ある日の早朝、柿原のオフィスで柿原のパソコンを調べる加瀬(成田凌)の姿があった。
その様子を見つけた柿原は加瀬が濱中と内通しているのではないかと問い詰めるが加瀬は天満のことを信用している柿原に「何もわかってねぇな」と言い残しこの原告団を抜けると言い立ち去った。


柿原達は宇都宮に向かった。

会合を終え、帰ろうとしているときに加瀬のことを調べていた柿原の会社の木暮(神山智洋)から連絡が入る。
そのメールを見ると元々DOHを創業したのは加瀬の父親らしい。
その父親の最後の居住地として記録されているのは柿原達が居る宇都宮の近くの古谷村という場所らしい。
その住所に向かうが結局、加瀬の父親の家は無かった。

何か手掛かりがないかと近くの民宿を訪れるが情報は得られなかった。
帰り際、柿原は食中りで体調を崩し、その民宿にそのまま泊まることに。


そしてその帰り際に加瀬の父親についての情報を得る。
元々、加瀬の父親が起こした事業を天満が乗っ取った形になり加瀬の父は会社を追放されたという。

その頃、元々体の弱かった加瀬の母はそのころ亡くなった。

そのことで加瀬は天満のことを恨んでいるのだろう。


柿原達が留守の間に天満は濱中電子工業との和解交渉を勝手に進めていた。
その40億円の和解金を貰えば個々の未払いや社内預金は戻ってくるが濱中の設計ミスやこのことを口外しないと言うような内容にゆず子も柿原も納得がいかない。

柿原は和解合意書を破り捨てた。
しかし、そのことで天満は柿原を代理人から解任した。

ゆず子には「君は残れますよ、どうしますか?」と天満は言うがゆず子も原告団には残らないと決断した。

夜、柿原は加瀬に会う。
加瀬は天満のことを潰したいと柿原に語り、新たなデータがあるとUSBメモリを見せた。

柿原も「やろう」と決意を新たにした。

大貧乏 7話の感想

いよいよ天満が本気出してきました(笑)
悪いです、本当に悪いです。

奥田瑛二さんは悪い役似合いますね。
昨年のNHKドラマ「運命に、似た恋」の深見芳孝の時も息子を亡くし同じ病気の主人公に十字架を背負わせるような役でしたし「99.9」の時も松本潤さんの敵として悪い役を演じました。

今回の役もかなり怖めですねー

加瀬(成田凌)の父との因縁もこれから明かされていくことでしょう。
滝藤賢一さん演じる浅岡もかなり悪いです..

残り3話でラストまでどうなるのか目が離せません。
視聴率が低いのだけが悔やまれます(笑)