森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

嘘の戦争 9話のあらすじと感想「最終章へ!暴走する復讐、標的は恩人...宿敵一族と全面戦争へ」

f:id:aeron501:20170110001321j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

嘘の戦争 9話のあらすじと感想「最終章へ!暴走する復讐、標的は恩人...宿敵一族と全面戦争へ」

嘘の戦争 9話のあらすじ

退院する二科興三(市村正親)の元に現れた一ノ瀬浩一(草彅剛)
何が望みだという興三に謝罪会見を開くように要求する。
それができないなら30年前の録音音声をネットに流すと言う。
そしてその他にもニシナコーポレーションの大きな秘密を握っていると言った。
そのことを隆(藤木直人)に話すと「粉飾決算」のことではないかと危機感を募らせた。


興三は結婚式場で打ち合わせをしている三瓶(大杉漣)の一人娘を見張る。
三瓶と娘はもう何年も会っていない。
その娘の縁談を利用し三瓶に復讐をしようとする浩一。
そんな浩一にハルカ(水原希子)は協力できないと言う。


バー800に隆が現れる。
隆はバーのオーナー百田(マギー)に持ちかけられた話をすぐに実行して欲しいと言った。
百田は隆にビジネスと称して浩一を裏切るような話を持ちかけていた。
そんなふたりの様子にカズキ(菊池風磨)は納得がいかなかった。


浩一は弁護士になりすまし三瓶の娘・七沢由美子(国仲涼子)に会い三瓶が詐欺にだまされたと話すが由美子はもう何十年も会っていないと最初は断った。
それでも、何も聞かなくていいから電話を一本でも入れてあげて欲しいと浩一は言った。

そして何日も経たないうちに由美子は三瓶に電話を入れ、結婚することを報告した。


二科隆(藤木直人)と晃(安田顕)は協力して、浩一を詐欺で告訴することにした。


浩一(草彅剛)は三瓶の留守中に写真を盗み、何かを企てる。

三瓶は娘の由美子の婚約者とその両親と会う。
その様子を遠目から見て復讐のチャンスをうかかがう浩一だったがここでは行動を起こすことができなかった。

しかし、その場から立ち去る浩一の姿を見つけた三瓶は浩一の後を追い声をかける。

浩一は本当はこの縁談をぶちこわしてやろうと思ったという。
しかし、三瓶の娘由美子(国仲涼子)が浩一と同じ誕生日だと知り、三瓶への復讐をためらった。

三瓶は浩一の父から殺人の証拠を託されていたが自分のことや家族のことを思いそのことを警察に通報することができなかった。
しかし、浩一の誕生日やクリスマスにはいつもいっしょにいてくれた。
そのことで結果として本当の娘由美子との関係は悪くなっていた。
当時はそのことを話さずに仕事だと家を空けていた三瓶だが結果、浩一の心は救われたのだ。
そして、三瓶を後から追いかけてきた由美子にもそのことを話し、自分は家族を殺されたが一人になった自分を守さん(三瓶)が救ってくれたと礼を言った。 そして、ずっと守さんを借りてしまって申し訳なかったと由美子に頭を下げた。

由美子もそのことを聞き三瓶への思いが変わった。
これまで自分の誕生日や家族の行事に家にいなかった守のことを他人のように思っていたが「お父さん」と呼んだ。


浩一(草彅剛)はこの一連の復讐はやはり二科興三(市村正親)を倒して終わりにすると様子を見に来たハルカに話した。


浩一はニシナコーポレーションを訪れ隆(藤木直人)に会う。
そして12時間以内に謝罪会見を開けと要求する。
さもなければ興三が殺人について告白した録音音声をネットに流すと脅迫した。

ニシナコーポレーションでは隆と興三が話をしていた。
隆は会見を開く必要はないというが興三は会見を開こうと浩一の要求を受け入れると言い出した。

予想外の行動に驚く浩一。
そして、会見が開かれる。

会見では興三が過去の粉飾決算について謝罪した。
その粉飾決算は興三が自身で行ったこと、現社長の隆には全く関係ないと報告した。
そして、その過去のできごとの告白は今、脅迫されているからだと言いその男は関連会社からも2千万円をだまし取ったという。
そして、その件については警察に届けておりすぐに逮捕されるだろうと言った。

興三の予想外の会見に浩一は驚くと同時にカッとなり興三が殺人について告白した音声をネットに流そうとする。
しかし、PCに保存していたデータは遠隔操作で消去された。
スマホのデータもすでに消去されていた。

遠隔操作していたのはカズキ(菊池風磨)
カズキは百田(マギー)と共にニシナコーポレーションの隆と一緒にいた。
百田は浩一の部屋からテープも盗み出していた。
その全てを提供し二科隆から金を受け取るのだろう。

カズキはその後、トイレに行くふりをしてニシナコーポレーションが開発中の医療用ロボットの研究室に忍び込んだ。


浩一のもとには警察がやってきた。
浩一は必至に逃げる。

その様子を遠巻きに見てほくそ笑む六車(神保悟志)の姿があった。

嘘の戦争 9話の感想

いよいよ次回は最終回です。
浩一は警察に追われていますが大丈夫でしょうか。

興三の会見はまあ、なかなかですね。
浩一も晃から奪い取った2千万円があだとなってしまいました。

それにしても百田は悪いですねー
カズキが入った研究室への認証カードも晃(安田顕)のもので元々は浩一が持っていた物なのでその辺も浩一の罪が増えてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしています。

もしかすると最後に三瓶が助けるんじゃないかと思っていますが逆にそう願いたいところです。