森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

CRISISクライシス 2話のあらすじと感想「謎の中毒死!恐るべき巨悪を追え」

f:id:aeron501:20170410234131j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

CRISISクライシス 2話のあらすじと感想「謎の中毒死!恐るべき巨悪を追え」

CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班 2話のあらすじ

「西尾」という家の前に止まる一台の車。
その車から降りる男を遠くのビルから撮影する一人の男。


公安機動捜査隊特捜班の面々は訓練中。
田丸(西島秀俊)の元に知り合いの尾t粉から電話が入る。
「国家の安全に関わること」について話がしたいと言う。
その男は念のための保険だと1枚の写真をメールで送ってきた。


そして夜、男と会うがその男は田丸と会うと倒れ込み、そのまま息を引き取った。
田丸は周囲の野次馬の目を気にしながらもその場を立ち去った。

その男は古垣伸一郎というフリージャーナリストで今回シアン化合物にる中毒死で暗殺されたと思われる。

この状況で殺された古垣のもとから立ち去ったと言うことで田丸(西島秀俊)も捜索対象になっているという。
しかし、特捜班の面々は田丸のところに捜査が及ぶ前に事態を解決してしまおうと動きだす。

ヒントは古垣から田丸に送られた1枚の写真、その写真には一軒家が写っているだけだった。
そして、古垣が死ぬ間際に田丸に「アリス」という言葉を残していた。

「アリス」は「ありす」なのか?班長の吉永(田中哲司)は「一軒家の所在地が有栖川なのではないか」という推測を立て有栖川近辺の捜索を樫井(野間口徹)と大山(新木優子)に指示した。

田丸(西島秀俊)と稲見(小栗旬)には古垣の自宅の捜索を指示した。
古垣の自宅ではすでに別の男(山口祥行)が家捜しをしていた。
おそらく古垣を殺害した犯人だろう。

男はパソコンを見つけた。

そこに田丸と稲見が到着する。
田丸は稲見に見張りを指示する。

田丸が部屋に忍び込むが男はそのことに気がつき身を隠す。
そして田丸を背後から襲う。

田丸は瞬間的に気を失う。
無線で様子を伺っていた稲見(小栗旬)は異変に気がつき部屋に向かう。

エレベータが動き出すのを察知し待ち伏せすると犯人と思われる男が降りてくる。

稲見と男は格闘する。

その最中にエレベーターの扉が開く。
中に乗っていた女性が男に捕まり、男は女性の首に注射器を突き立てる。
そしてパソコンを拾い、隙をついて逃げてしまう。

意識を取り戻した田丸がかけつけるがすでに男に逃げられた後だった。


特捜班ではこの後、どうするべきか話し合っていた。
吉永(田中哲司)は古垣ついて調べていたがほとんど情報が得られなかった。

察するに政府関係のかなり大きな圧力がかかっているようだ。

古垣が田丸に置くって保険だと残した写真を調べる。
大山(新木優子)は写真から位置情報を抜き出し、写真に写っている一軒家の場所を特定する。

特捜班のメンバーはその場所に向かい一軒家を見つける。
写真が撮られたであろうビルの屋上で田丸が隠されていたメモリカードを見つける。


警視庁の警備局長鍛冶(長塚京三)は特捜班の様子を公安総務課長の青沼(飯田基祐)に確認した。
特捜班は局長の秘密部隊。
その局長は特捜班が一軒家にたどり着いたと報告を受けた。
そして殺されたジャーナリストの古垣のことも知っていた。

局長の鍛冶の元にとある筋から電話があり、何らかの秘密工作を指示されたようだが鍛冶はそのことが気に入らない。
特捜班のことを密かにバックアップするようだ。


特捜班の面々はその一軒家に忍び込む。
一見、何の変哲もない家で表札は「西尾」
近隣の人に話を聞くがごく普通の家庭だったという。
母親と娘ふたり暮らしだったという。

特に変わった様子はなかったが2週間程前に娘の一人が救急車で運ばれたという。
その情報を頼りに娘が運ばれた病院へ向かう田丸(西島秀俊)と稲見(小栗旬)

秘密裏に病室に忍び込むとそこには一人の少女が呼吸器を付けて眠っていた。

二人が様子をみていると病室にもう一人の少女が入ってくる。
田丸と稲見の姿を見ると逃げ出した。
そして「もう絶対に約束を破りませんから殺さないでください」と懇願した。

その少女は自分のことを「トロレス」と言った。 そしてベッドに寝ている女の子は「アリス」だと言った。

ふたりはあの一軒家に2年前から住んでいたという。
あの一軒家は何らかの店。
ふたりはそこで働いていた。

その店のことを記者に話してしまったことで自分たちが殺されるんじゃないかと思い、田丸と稲見の姿を見て逃げ出したという。


アリスは以前から「とっても乱暴なお客さんがいて、いつか殺されるかもしれない」と言っていたという。

稲見(小栗旬)がその悪い奴を捕まえてやると言うとトロレスは「そうしたら私たち、本当の家に戻されちゃうの?それだけは絶対にイヤ」と強く反発した。

私たちのことはもうほっといてと懇願した。


特捜班のあじとに戻り、屋上で見つけたメモリーカードを調べるとそこにはあの一軒家に出入りする政財界の大物達の姿があった。
おそらくそこは児童売春宿となっていたのだろう。

この全容を解明するべきか特捜班でも意見が割れた。
田丸(西島秀俊)はどこまでも追うと言ったが稲見(小栗旬)は降りると出て行ってしまった。


田丸(西島秀俊)が鍛冶(長塚京三)に呼び出される。
田丸は今回のことを許さないと言うが鍛冶はこの1件を解決しても公安が把握しているだけで同じような施設が都内に13カ所あるという。
そして、今回潰してもまた巧妙な手口で新しい施設が作られるだろうと鍛冶は言った。
それならばこのまま監視を続けた方がいいんじゃないかと鍛冶は田丸に説明し、アリスに暴力を振るった人間と交渉し公安が罪を見逃す代わりにアリスの一生分の治療費を工面する約束を取り付けたという。
もし治療費を払う者がいなくなればあの少女(アリス)の命もないだろうと言った。

田丸はいつかこの腐った仕組みを変えてやりますと宣言し部屋を出た。


アリスの病室にあの男(山口祥行)が忍び込む。
アリスを殺しに来たのだろうか。

男の背後から稲見(小栗旬)が襲いかかり、男が持っていたシアン化合物の入った注射器を奪い、逆に男の首に突き立てる。

そして、「来ると思ったよ」
「死にたかったら動いていいよ」
「俺はもともと人には言えない仕事してたんだよ」
「あることがあってもうあっち側に戻らないって決めたんだよ」
「でもその決心が揺らいでる」
「お前やお前の雇い主のせいだ」

「手っ取り早くそっち側に戻って型をつけたらどんなに楽だろうな」
「頼むから俺をそっち側に引き込むようなことはやめてくれ」

そしてこのアリスやその友達に何かあったら許さない。
想像できない深い闇に引きずり込んでやると脅し、「二度とこっち側に姿を見せるな」と追い返した。


田丸(西島秀俊)はひとり教会にいた。
そこに一人の女性(石田ゆり子)が現れる。
そして田丸は他人行儀に「今月分です」と封筒を渡した。

女性は神の光教団に潜入捜査している捜査員林智史(眞嶋秀和)の妻、千種。

千種は夫はいつ帰ってこれるのでしょうかと聞くが田丸は「それほど長くはならないと....」と言葉をにごした。


鍛冶(長塚京三)はテレビのニュースを見ていた。
ニュースでは新しい内閣に組閣された若手の官房長官神谷(石黒賢)のことが報じられていた。
国会に到着する神谷の運転手はあの男(山口祥行)
アリスを傷つけたのは神谷だったのか。

テレビの神谷の姿をみていらだちを見せる鍛冶。
憤りを感じている。

CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班 2話の感想

今回の事件は「平成維新軍」とは直接関係がなかったのでしょうか?
次週は平成維新軍が出てくるみたいです。

それでも鍛冶(長塚京三)の姿を見ると今回の黒幕神谷(石黒賢)も引き続き登場するのかもしれないですね。

それにしても山口祥行さんは悪い役似合いすぎます(笑)

稲見(小栗旬)と田丸(西島秀俊)の闇はかなり深そうです。

鍛冶は最終的にこの特捜班を使って何を成し遂げたいのでしょうか、今のところ様子見です(笑)