森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

リバース 2話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20170414222707j:plain
出典:TBS公式サイトより

リバース 2話あらすじと感想

リバース 2話のあらすじ

2017年
深瀬(藤原竜也)はアパートのドアに「人殺し」と書かれた紙が貼ってあった。
同じ頃、恋人の越智美穂子(戸田恵梨香)の勤め先のパン屋に「深瀬和久は人殺し」という手紙が届いた。

そのことで深瀬は10年前のことを話し始める。


深瀬(藤原竜也)はゼミ仲間と卒業を控えスノーボード旅行に向かった。
同級生の村井(三浦貴大)の父は県議会議員で今回の別荘の持ち主。
しかし、事故を起こしてしまい別荘には村井を除く4人の仲間で向かった。

別荘に着くと谷原(市原隼人)が広沢(小池徹平)に絡む。
谷原は村井の妹の明日香(門脇麦)のことが気になっているが最近、広沢と明日香が仲がいいと聞いて広沢に突っかかった。

深瀬(藤原竜也)が仲裁に入り、どうでもいい話でその場を納めた。

4人は焼き肉をして酒を飲んだ。
そんなとき、村井からの電話。
別荘は雪が降っていてタクシーも来ないし、別荘まで歩ける状況ではない。
村井を迎えに行こうにも運転免許を持っている3人は全員酒を飲んでいた。
就職も決まっている谷原(市原隼人)も浅見(玉森裕太)も運転を拒否した。

結局、広沢(小池徹平)が村井(三浦貴大)を迎えに行くことになった。

しかし、数十分たっても広沢が着かないと村井からの電話。
心配になった谷原と浅見が歩いて様子を見に行くことになった。
深瀬(藤原竜也)は別荘で連絡係として留守番をすることに。


夜遅くなって浅見(玉森裕太)から深瀬(藤原竜也)への電話。
浅見は駅へ向かう道中のガードレールを突き破り崖の下で車が燃えているという。
結局、そのまま広沢(小池徹平)は行方不明になった。
崖から車が落ちたときに放り出されてしまったのかもしれない。
広沢が見つかったのはそれから半年後のことだった。


そこまで美穂子(戸田恵梨香)に話すと美穂子は悲しい出来事だけれど「それは事故とは言わないんじゃない?」と疑問を投げかけた。
確かに事故のことは全て警察にも広沢の両親にも話した。
「ビールを飲んでいたこと以外は。」

その言葉を聞き美穂子(戸田恵梨香)は深瀬(藤原竜也)のことを責めた。
深瀬はそれでも「人殺し呼ばわりされることではない」と言い訳をした。

話を聞き、美穂子は涙を流して深瀬の家を出た。


2007年事故から半年後。
広沢が見つかったが母親の昌子(片平なぎさ)の憔悴した姿をみて4人は土下座をして涙を流して謝った。

しかし、怖くてだれもその日に広沢がビールを飲んでいたことは言わなかった。


2017年
ある日、出勤前の浅見(玉森裕太)の車のフロントガラスに「浅見康介は人殺し」と張り紙をされていた。
そして、そこにはビールがかけられていた。

そのことで深瀬(藤原竜也)は浅見(玉森裕太)のことを心配するが浅見はいつものことだと気に病む様子もない。
しかし、深瀬のところにも「人殺し」という張り紙があったと聞くと浅見の顔色も変わった。

先日、サッカー部の部員達が部室でビールを飲んでいたことを学校に出入りしている事件があった。
飲酒に気がついたのは学校に事務用品を納品している深瀬。
そのことを浅見に話したところ浅見がサッカー部の部室に駆け付け事件が発覚した。

しかし、生徒もその親たちも事実無根だと学校に詰め寄る。
校長たちも騒ぎを大きくしたくないという態度で浅見の見間違いではないかと話を納めようとする。
浅見は「自分をごまかすな」と言うが結局はその言葉は受け入れられなかった。


深瀬は美穂子の店の前で待っていた。

店から出てきた美穂子に事故のことを弁解するが美穂子は深瀬のことを拒否した。

深瀬にとりあわずに帰る美穂子を追いかける1台の自転車。
その自転車に乗っていた男の姿に深瀬は見覚えがあった。
初めて深瀬のアパートのドアに「人殺し」の張り紙があったときにすれ違った男。
美穂子を追いかけるとその男が美穂子に襲いかかっていた。
深瀬が声をかけると男は逃げ出した。

美穂子(戸田恵梨香)の店に良く来る客の行動がおかしかったという。
ふたりは念のため交番に届け出をした。 そして、その帰り道にまたあの話になる。
広沢(小池徹平)がビールを飲んでいたことを隠したのは示し合わせたわけではなく、怖くて言い出せなかったからだと同じ弁解をした。


村井(三浦貴大)は県会議員の父の秘書をしている。
実は政治家を志す身でありながら不倫をしていた。

そのことをジャーナリストの小笠原(武田鉄矢)に指摘される。
小笠原は村井が不倫相手と来るまでキスをしている写真も持っていた。

そのことで喫茶店で話をしていると村井は小笠原があの時の事故のことを担当した刑事だと気がついた。
そして、小笠原もあの事故で運命が変わったと告白した。
あの事故のことを「事件」だと警察署内でひとり騒いでいたら翌年に左遷されてしまったという。
それをきっかけに退職しジャーナリストになった。
そしてある県議会議員の不正融資を調べていたところで「村井隆明」の名前を見つけたという。

小笠原は村井の不倫写真のことをほっといていいのかと尋ねるが村井は「金を払えと言うのか!?」と声を荒げる。
小笠原も「金じゃないんだよ」と言い、「あの事件を事故に見せかけて得をしたのは誰か、それが知りたい」と言った。

村井が家に帰ると家はゴミの山。
夫婦仲はあまり良くないようだ。
国会議員になるというから結婚したのに、と村井は妻の香織(趣里)にビールの空き缶を投げつけられる。


深瀬のもとにまた小笠原が現れた。
あの事件は全てが中途半端だったが捜査は途中で打ち切りとなった。
どうしてもあの事件を「事故として片付けたい人がいたはずだ」と言い
そして「君たちは何を隠している?」と詰め寄った。


同じ頃、谷原(市原隼人)の会社にも「谷原康生は人殺し」という手紙が送られてきた。
村井の事務所にも「村井隆明は人殺し」という張り紙が貼られていた。

浅見(玉森裕太)の学校でも教室の黒板に「浅見康介は人殺し」と車に貼られたときの写真が何枚も張り出されていた。


谷原はその張り紙に心当たりはあるかと聞かれると「はい」と応えた。

深瀬(藤原竜也)は小笠原(武田鉄矢)にあの事故は「事故に見せかけた殺人事件だった」と聞かされ動揺した。

リバース 2話の感想

いやいや、引き込まれます。
いろいろな出来事があちこちで展開されていますが、これ最終的には同じ方向に向かうのでしょうか?
そうなると10年の時を超えてとんでもないことが隠されていると言うことになりますね。

ますます美穂子(戸田恵梨香)が広沢(小池徹平)と何か関係があるんじゃないかと思ってしまいます。

それにしてもあの張り紙は誰が貼ったのでしょうか?
浅見(玉森裕太)の車に貼られた張り紙にはビールがかけられていたということはあの真相を知っている人ということになりますが、広沢がビールを飲んでいたことを知っているのは深瀬(藤原竜也)、谷原(市原隼人)、浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)だけのはずです。
それにしてもコレ、どう決着するのか全然見えてきません(笑)

結末が楽しみすぎてまたしても原作を読むか悩んでいます......