森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

4号警備 3話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20170408213717j:plain
出典:NHK公式サイトより

4号警備 3話のあらすじと感想

4号警備 3話のあらすじ

「不動産ハラホーム」の警備を行う朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)
そこで爆弾騒ぎが起こる。

ハラホームの社長に報道人が押しかけ、社長の原正(中山秀征)にマイクを向ける。
ハラホームは周囲からブラック企業と言われており1年前にも過労死と疑われる従業員の死があった。

それでもハラホームの原は悪びれる様子もない。
そして、ハラホームに出向いてきたガードキーパーズの池山(片岡鶴太郎)は原に身辺警護を付けた方がいいと進言する。
そして、警護には朝比奈と石丸が付くこととなった。

原は石丸の顔を見ると「久しぶり」と声をかける。
かつて原が会社を興した頃、石丸の経営コンサルを受けたことがあるという。

石丸がかつては社長として腕を振るっていたことを朝比奈は意外だとまくし立てた。

二人での帰り道、ストーカー被害に遭った上野由宇(阿部純子)に会う。
しかも、上野は警備員の格好をしている。

上野はこのまま田舎に帰るのはストーカーに負けた気がしてイヤだと思ったと言い、そんなときに池山(片岡鶴太郎)がガードキーパーズに誘ってくれたという。


翌日、朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)は原の身辺警護。

ハラホームはやはりブラック体質の会社のようだ。
原はかつて経営コンサルタントとして指導を受けた石丸の教えの通りだというが、それにしても原の経営方法はブラックそのもの。
成績の振るわない従業員には死ぬ気で働くように仕向ける。


翌日の原(中山秀征)の出勤時間が早まったとのことだが朝比奈は携帯を会社に忘れてしまい連絡がつかない。
そのことで上野が帰りに携帯を朝比奈に届け、あすの予定を伝えるという。

朝比奈(窪田正孝)の住まいは格闘技ジムの2階。
そのジムを上野が訪れる。
いつもと雰囲気が違うと上野がつぶやくと朝比奈と同じ部屋に住む山田(神戸浩)が「あの事件以来、そとでは仮面をかぶっている」と言う。

上野(阿部純子)は朝比奈の彼女がストーカーの被害に遭い、亡くなったことを引き合いに出し、自分は命を助けられたと感謝の言葉を口にする。
そして、深々と頭を下げた。


石丸がアパートに戻ると別居している娘の楓(久保田紗友)が待っていた。
そして、母(石丸の元妻)が再婚し、カナダに行く予定だと伝えた。
楓もカナダに付いていくつもりだと言う。

そんな楓に「元気でな」という石丸だがその言葉に楓は激高する。

かつて、自分の会社をつぶし、離婚し、娘とも別居している。
楓は父親のことを忘れたいくらいだと、ふがいない父をなじりアパートから飛び出して帰っていった。


ハラホームの前ではまたしても多くの報道陣
従業員に自殺者がでたようだがそのことでますます逆風が吹いている。

実際に社内的にも原のやりかたを快く思っていない人がいるのは事実。
復讐するという手紙が原のもとに届く、その手紙はだれか従業員からのもののようだ。


ハラホームでは自殺した社員の家族が労災申請をしないように金で解決しようとしている。
それでも、原の側近はなくなった従業員に謝罪をして欲しいと進言する。
小さな娘が泣く姿をみていたたまれなくなったようだ。

それでも原は悪びれる様子もない。

そんな原に朝比奈(窪田正孝)は「人が死ぬってこと何にもわかってないよ」とつい口に出してしまう。

そして、朝比奈は原の息子のことを引き合いに出し、息子のことも分かっていないのに何が経営だ、と言い放つ。
原はそんな朝比奈に「無礼者」と一喝するが、そのとき2階で爆発が起こる。

原、朝比奈、石丸かかけつけると部屋の奥に原の息子がいた。
原は火の海となった部屋に入ろうとするが朝比奈が制止する。
部屋には石丸が入った。
そして、息子を救出した。

石丸(北村一輝)は原に声をかける。
「もっとラクになっていい、背負いすぎないほうがいい」と言い、自分もかつては勝ち負けにこだわりすぎたと言った。


そして、原の息子が原に尋ねた。
「学校で言われた、お父さんは人殺しなの?」と

石丸は原の息子に「お父さんは一生懸命だっただけだよ」と声をかける。
息子も素直に「うん」とうなずいた。

原は息子を抱きしめ、朝比奈と石丸に頭をさげ「ありがとうございました」とこれまで抱えていたものを降ろしたようだ。


その帰り、「今日はちょっとだけかっこよかった」と少しだけ照れくささ追うに言った。
石丸も4号警備(身辺警護)悪くないかな、と少しだけ思った。

4号警備 3話の感想

ストーカー被害に遭った上野由宇(阿部純子)がガードキーパーズに入ってきました。
ただ、特に3人で行動するわけではありませんでした(笑)

石丸も朝比奈も、上野も全員なにか心に闇を抱えています。

石丸もかつては経営コンサルとして活躍したようですが....

石丸の娘役に久保田紗友さんが登場しました。
久保田さんは昨年秋のNHKドラマ「運命に、似た恋」で原田知世さん演じるカスミの息子を追いかけるカメラ少女(カメ子)を演じてました。
そのときの純朴なイメージとは少し違って芯が強くてなぜか父を恨んでいるキャラのようです。