森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

小さな巨人 2話のあらすじと感想「所轄刑事としての覚悟!隠ぺいされた真実を暴く!」

f:id:aeron501:20170416171813j:plain
出典:TBS公式サイトより

小さな巨人 2話のあらすじと感想「所轄刑事としての覚悟!隠ぺいされた真実を暴く!」

小さな巨人 2話のあらすじ「所轄刑事としての覚悟!隠ぺいされた真実を暴く!」

ゴーンバンク社長中田和正(桂文枝)が誘拐された事件では風見康夫(長江秀和)が犯人として逮捕された。
風見は自殺した娘の京子(富永沙織)は自身の開発したプログラムシステムがゴーンバンクに盗まれたのではないかと中田を誘拐しその真相を探ろうとした。
しかし、結末は残酷で捜査一課長小野田(香川照之)は強行に突入し風見を確保した。
その結果、事実は明らかにはされず風見は5億円目当ての誘拐犯として報じられた。
そのゴーンバンクの黒い疑惑については小野田はあくまでも仮説だと取り合わなかった。

風見は逮捕前に服毒自殺を図り意識不明。
事件の真相にたどり着く手掛かりはなくなってしまったように思えたが香坂(長谷川博己)は「所轄刑事としての勘」を頼りに小野田に挑戦状を突きつけた。


所轄の芝署では現場刑事の渡部(安田顕)は風見が自殺を図ったのは責任を感じたからではない、警察への失望だ。
彼を自殺に追い込んだのは警察の責任だ、と香坂に「退職願」を提出した。

香坂は誘拐事件での捜査一課の捜査に対し単独での捜査を行い混乱を招いた。
そのことで芝署署長室に呼ばれ副所長の杉本(池田鉄洋)に説教をされる。
しかし、その処分は寛大なものだった。
香坂の行動を署長の三笠(春風亭昇太)が各方面に頭を下げ今回のことは穏便に済んだのだ。
しかし、署長が小野田に頭を下げたことでこれ以上捜査一課に反抗的な態度を取ることはできない、芝署の刑事達の命運は小野田の手の中にあることだ。


捜査一課長付きの運転担当山田(岡田将生)が香坂(長谷川博己)に釘を刺しに来るが香坂もこれ以上小野田に迷惑はかけないと言う。
しかし、風見京子の自殺については裏があるのではないかと付け加えた。


香坂は所轄に異動になったことで自分に負い目のようなものを感じていた。
しかし、妻の未沙(市川実日子)のふとしたひと言で自分の思いを吹っ切った。
そして、所轄の刑事として自分の思い通りに捜査をしてみようと決心をする。


そんなとき、芝署の署長三笠が捜査2課の管理官と会うという。
その2課の管理官にゴーンバンクが新システムのプログラムを不正に入手したというのは手土産代わりにならないかと香坂(長谷川博己)は持ちかける。
捜査2課は詐欺、脱税、企業犯罪などを扱い1課とはライバル関係にあるという。

しかし、三笠に「この事件はまだ1課の管理下にある、荒立てるな」と釘を刺されてしまった。

その様子を察知した山田(岡田将生)は小野田(香川照之)に状況を報告する。
しかし、小野田はこの件は「お前に任せる」と山田に指示した。


渡部(安田顕)はあの事件をまだ忘れていなかった。
仲間にも内緒で自殺した風見京子の元交際相手の中田隆一(加藤晴彦)を調べていた。
しかし、その様子を香坂は見つけ「その戦い方では勝てない」と渡部のやり方をたしなめた。

そして、所轄には所轄のやり方があるはずだ、そのためなら1課長(小野田)の靴をなめてでもやりとげることがあるはずだと辞表を突き返した。

またしてもその様子を山田(岡田将生)が見ていた。
そして、何をするのかと尋ねるが香坂はや山田には考えを話さない。


香坂たちはナカタエレクトロニクス防犯担当池沢(吉田羊)と面会する。
そこには香坂、渡部と山田も同席した。
3人は風見京子の自殺のことについて話を聞きたいと防犯システムを見学し、その防犯システムの精度に驚く。
そして、風見京子がなくなった日の映像を見るが、8階までの映像はあるものの9階の幹部室や社長室のフロアでの映像はなかった。
8階から9階に上がるためには専用のエレベーターに乗る必要があり顔認識で不審者は乗れないようになっている。

そしてそのエレベーターで風見京子は屋上に行き、そこから飛び降りたようだと言う。

香坂はすでに資料を確認済みの事件だが防犯カメラの映像と出退勤の記録を提出して欲しいと言った。
池沢は眉をひそめたが言われるがままに資料を渡した。

山田(岡田将生)は結局2課を動かすほどの証拠は見つかりませんでしたねと鼻で笑った。

署に戻り、資料を調べ直すも証拠の怪しいところはない。
それでもなにか引っかかると香坂はあきらめきれない。
山田はそんな勘を頼りに捜査を進めるなんて1課時代の香坂ならあり得ないと言うが香坂もそんな自分たちや所轄のことにクビを突っ込む山田に「それもお前の勘じゃないのか?」と冷静に言った。

その上で香坂は山田に頼みたいと頭を下げ、この事件で2課を動かしたいと言った。
しかし、山田は1課の人間、即断で断った。


それでも渡部は所轄にしかできないことをやりましょうと夜を徹して資料を洗い直したがやはり無駄骨だという山田の言葉を痛感した。

明け方、それでも証拠は見つからなかったが香坂(長谷川博己)は「本当にだれもいなかったのか?」とあることに気がつく。

香坂たちが池沢(吉田羊)に話を聞いたときには卓上カレンダーがあり、そこには「27」や「30」といった数字が書かれていた。
その数字は時間のことであの池沢という女性担当は日常的に会社に寝泊まりしていた痕跡もあったと言った。
あの風見京子が飛び降りた日もカレンダーには「30」という数字が書かれていた。


ナカダエレクトロニクスでは社長の中田隆一(加藤晴彦)が池沢(吉田羊)を呼び出し、刑事に何を聞かれたのかと尋ねた。
そして「システムのことは?」と聞くがそのことは聞かれなかったと池沢は返答した。

香坂と渡部は再度ナカタエレクトロニクスを訪れたが池沢に会うことはできず、今後は別のものが担当すると言われてしまう。
急にガードが固くなった対応に香坂と渡部は確かに何かあると確信した。


そんな時、ナカタエレクトロニクスに労働基準監督署が目を付けているという情報を得た。
超過労働が目立つという。

香坂はその情報を聞き、監督署からもナカタエレクトロニクスの出退勤記録を取り寄せる指示をする。

その記録を見るとあの日、あのビルにはもう一人誰かがいたという証。
そのもう一人は池沢(吉田羊)だった。

そのことをどうして隠したのか?
隠さなくてはならないことあがったということ。
香坂はこれは殺人事件だと確信した。


渡部達はその後、池沢のことを調べたが怪しい点は見当たらなかった。
渡部は焦って別件逮捕でもしようかと言い出した。

そんなとき、所長と副所長がふたりのもとにやってくる。
上司に内緒でまだ風見京子のことを調べていたことは問題行為だと自宅謹慎が命じられる。
そして所長の三笠(春風亭昇太)も所長命令としてこれ以上の捜査は認めないと言った。
と、そのとき捜査1課の山田(岡田将生)が現れ、捜査2課からの情報で本件について香坂の協力を得たいと申し出た。
山田はこの件に関して捜査1課長小野田から一任されている。
この件の山田の命令はすなわち捜査1課長の命令だと高圧的に伝えた。

香坂も捜査1課長の命令であればしかたなしと協力することに。

山田によれば捜査2課はゴーンバンク社が風見京子のデータを盗み出したことを調査していたがそのなかでインサイダー取引の疑惑も浮上したという。
その取引による多額の利益を得た人物の中に池沢(吉田羊)の名前もリストアップされているという。
そして科捜研に香坂が調査を依頼していた事案についても香坂の読通り何らかの偽造がされているとの結果が出た。


夜、池沢は息子が入院している病院にいた。
そこに香坂(長谷川博己)と渡部(安田顕)、山田(岡田将生)が訪ねる。

そして防犯カメラの映像の入ったディスクを返す。

4人はナカタエレクトロニクスで話を始める。
あの事件の日、出退勤記録によれば亡くなった風見京子はひとりで屋上に行き飛び降りたことになっていた。
しかし、労働基準監督署が保管していた記録によればもう一人、池沢(吉田羊)もその時間ビルにいたことになる。
そして、山田は防犯システムに関連する株価の上昇に乗じて1億円の売却益が出ていると池沢を問いただした。
また、山田の持っていた資料によると池沢はあの風見康夫と京子の会社「風見エレック」の元社員だった。
また、防犯カメラの映像も加工されている。


香坂は事件を推理した。

ゴーンバンクとナカタエレクトロニクスは新事業の開発に風見エレックの特許技術がどうしても欲しかった。
そこで中田隆一(加藤晴彦)は風見京子と交際を始めたが欲しいデータを手に入れることができなかった。
隆一は当時風見エレックに勤務していた池沢を引き抜きデータを盗むように指示した。
結局、データはナカタエレクトロニクス手に渡った。

池沢は病気の息子を抱え金と生活、息子の手術のためにどうしても金が欲しかった。

結局、データを盗まれたことにきがついた京子と池沢のやりとりの中で京子がビルの屋上から転落してしまったという。
しかし、その転落は池沢が突き飛ばしたものではなく別のもう一人がやったことだと言った。
池沢はそのもう一人について言葉を濁した。
その時にナカタエレクトロニクス社長の中田隆一(加藤晴彦)と顧問弁護士の五十嵐(堀尾正明)が現れ香坂(長谷川博己)たちの取調を拒否した。

香坂は署に戻り逮捕令状の請求を署長に申し出るがすでに令状は出されているという。
香坂と渡部が慌ててナカタエレクトロニクスに向かうとすでに1課が池沢を逮捕していた。
1課が動いたのは「殺人事件」だから、そしてその指示を出していたのは山田(岡田将生)
山田は殺人事件として動きいわば手柄を横取りしたのだ。
この事件の解決は捜査1課の手柄になるだろう。

「敵は味方のフリをする」そう言い残し山田は立ち去った。


これで事件は解決に向かうと思われたが池沢(吉田羊)は証言を変え、すべては自分がやったと言い出したという。

池沢にナカタエレクトロニクスが息子のことを保証すると申し出たのだ。
病気の息子の手術費用や生活費、など全てにおいて保証するということ。
そのことで池沢は全ての罪を被った。

結局、警察としてはゴーンバンクやナカタエレクトロニクスの不正を暴くことができなかった。
最終的に池沢にもう一人の共犯を聞き出すことができなかったのは大きな失態。

しかし、そのゴーンバンク社長中田和正(桂文枝)は小野田(香川照之)と会食をしていた。
中田は小野田に今回のことで礼を言っている。 「捜査1課長のおかげで助かりました」と

小さな巨人 2話の感想

いやいや、重いですねー

それにしても物語がかなり緻密な気がします。
(あくまで個人の感想です)
まあ、緻密な物語はたくさんあるのでしょうがあまり頭を使わないでドラマを見る派としてはちょうどいいです。

まだ、悪いものは悪いという部分で見えてこないところはありますが毎回ラストには軽いどんでん返し系のサプライズがあります。

1話の視聴率が13.7%、2話は13.0%といい感じに来ているのでこの調子だともっと視聴率は伸びてくるんじゃないでしょうか。