森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

小さな巨人 3話のあらすじと感想「所轄に裏切り者が?!」

f:id:aeron501:20170416171813j:plain
出典:TBS公式サイトより

小さな巨人 3話のあらすじと感想「所轄に裏切り者が?!」

小さな巨人 3話のあらすじ「所轄に裏切り者が?!」

警視庁捜査1課の出世頭だった香坂(長谷川博己)はわずかな失敗で所轄の芝署へ左遷されてしまう。
その左遷は捜査1課長の小野田(香川照之)の思惑もあった。

芝署管内で起きた女性の自殺事件だったが、渡部(安田顕)と捜査をしていくうちに実は殺害されていたことが判明。

捜査1課のライバルともいうべき山田(岡田将生)の力も借り犯人の池沢菜穂(吉田羊)にたどり着いたが池沢は「やったのは自分ではない」と言った。
しかし、その後、逮捕された池沢は供述を変え全ては自分一人でやったことだと言い、真犯人探しはまた振り出しに戻ってしまう。


捜査1課では池沢菜穂が供述を覆したことは失態。
その失態は全てを任せた山田(岡田将生)の責任だと、小野田(香川照之)は山田を叱責した。

そればかりか所轄の香坂たちが捜査2課の資料を持って池沢菜穂を追い詰めたことについてもその資料を流したのは山田だと特定し、なじる。

そして、小野田は「これからは自分が捜査の指揮を執る」と特別捜査本部を芝署に設置した。
そして、所轄共に事件の真相に何としてもたどり着くんだと檄を飛ばした。

捜査の焦点は中田隆一(加藤晴彦)
しかし、中田は事件当日のアリバイがあった。
中田のアリバイを証明する2人の証人の一人はあの香坂(長谷川博己)が所轄に飛ばされるきっかけとなった中田とのやりとりの際に、中田と一緒にいた女性山本アリサ(佐々木希)。
もう一人は山本アリサがオーナーを務めるバーの店員高瀬。


小野田は芝署で久しぶりに香坂に会う。
その際に香坂はいつも小野田と一緒のはずの山田がいないことに違和感を感じる。

小野田は芝署の面々に重要管内以外の地域の防犯カメラをチェックするように指示を出した。
これは体のいい拘束である。

しかし、欠員がでたと言うことで所轄から1人だけ捜査1課の手伝いをすることとなった。
副所長の杉本(池田鉄洋)の指名によりその1人に選ばれたのは若手の中村(流星涼)


香坂(長谷川博己)と渡部(安田顕)は捜査1課に内緒で山本アリサ(佐々木希)と中田隆一(加藤晴彦)の関係や周辺調査に当たる。

しかし、風見京子がなくなった17日の午前0時ころにはアリサの店の店員高瀬もふたりが店にいたと証言している。

アリサの目を盗み、その高瀬に話を聞くふたり。
しかし、男の答えは変わらない。


捜査が進むが解決の糸口は見いだせない。
香坂は思い悩んでいたが、ひょんなことから以前、中田隆一(加藤晴彦)や山本アリサ(佐々木希)が持っていた大きな封筒のことを思い出した。
その封筒にはアルファベットの「 L 」のようなロゴが記されていた。
そのロゴは「ロンドンリバー証券」のものだった。

その中田隆一と山本アリサの関係を捜査1課に香坂は報告していなかった。
そのことを知った山田はそんな大事な情報を隠しておくなど所轄こそ裏切っている、と香坂に大きな声を上げた。
しかし、そのことで山田から捜査2課も山本アリサを追っていたという事実を得る。
ロンドンリバー証券は中田が社長を務める「ナカタエレクトロニクス」のインサイダー取引に関して関わっていた模様。
山本アリサも何らかの関係があるということで香坂たちは山本アリサの元に急ぐ。

香坂たちが山本アリサの店に着くと、すでに捜査1課の藤倉(駿河太郎)がいた。
藤倉は山本アリサに任意同行を求めた。
しかし、香坂(長谷川博己)は納得がいかない。
どうして1課が山本アリサのことを知っていたのか、そしてどうして自分たちよりも早く店に来ていたのか。

どこからか情報が漏れたに違いないと確信する。
しかし、そういった一連の行動で香坂は服務規程違反として処罰寸前、所長の三笠(春風亭昇太)もかばいきれないと香坂に釘を刺す。
それ以上に副所長の杉本(池田鉄洋)はカンカンだ。

香坂は所内でできることをしようと防犯カメラの映像のチェックを続けるように指示をする。

香坂は中村(竜星涼)に声をかける。
中村は1課の手伝いをしている。
そんな中村に自分も同じように所轄で1課の手伝いをしたことで結果的に引き上げられたことを話した。 そして、こんなチャンス滅多にないぞ、と中村をはげました。

そんな中、香坂はふとしたときに町で人気ゲームソフトの存在を知る。
そのゲームソフトはあの山本アリサの店の店員高瀬も持っていたもので販売しても即完売となるほどの人気だそうだ。
香坂はそのゲームを入手するために高瀬が町に出ている様子を防犯カメラの映像で追いかけていた。
高瀬はとあるゲームショップの前で深夜に行列に並んでいた。
その日時は風見京子が亡くなったときのもの。
実際に中田隆一(加藤晴彦)と山本アリサ(佐々木希)が店にいたという証言の時間だ。
香坂が思ったとおり高瀬の証言はうそだった。
このことで風見京子が亡くなったときの中田隆一と山本アリサのアリバイが崩れたことになる。
所轄の面々が歓声を上げる。

そして、香坂は防犯カメラの映像のコピーを渡部(安田顕)に頼んだ。

渡部が機材室で防犯カメラのコピーのセットをする。
そして、渡部がその場から立ち去ると副所長の杉本がそのコピーを中止し、防犯カメラの映像が納められたDVDを取り出した。

杉本はDVDを持ちどこかに向かっていた。
しかし、その背後から香坂(長谷川博己)と山田(岡田将生)が声をかける。
そして所轄の面々が杉本の行く手に立ちはだかる。

杉本は言い訳をする。
そもそも、所轄の連中の捜査の状況を知るはずもないと言うがその情報をリークしたのは自分だと中村(竜星涼)が名乗り出た。

杉本はもうすぐ捜査1課に戻ることが決まっている。
そのことで手土産代わりに事件の証拠を差し出そうとしている。

香坂に核心を突かれ言い訳をする杉本に最後は機材室に防犯カメラを仕掛けてあったと説明し動揺する杉本に「言い訳をするな、このドロボウが!」と一蹴した。

実際に悪かったのは副所長の杉本。
杉本が中村に所轄の仲間たちの人事を盾に情報を吸い上げていたのだ。

その様子を見ていた中村がみんなにあやまる。
しかし、それは部下が上司に報告したまでだと渡部も香坂もそして仲間たちも意に介さない。

香坂はこれからが本番だと檄を飛ばした。
香坂はその足で所長のもとを訪れ証拠を見つけたのは所轄の力。
山本アリサの取調も所轄で行いたいと申し出た。
所長の三笠は捜査1課の小野田(香川照之)が何というかと怪訝な表情。
しかし、香坂は直接小野田に電話をしアリバイ偽装の尋問を所轄に任せてもらえないかと了承を得た。

そして、山本アリサ(佐々木希)のもとを訪れた香坂たちだったが店はもぬけの空。
さっきまで誰かがいたことはあきらかだが警察の内部情報を得て逃げたようだ。


明らかに警察の内部情報が漏れている。
重大な事案に山田(岡田将生)が山本アリサの口座情報を調査する。
そこには捜査1課の小野田(香川照之)の妻「ゆかり」の名前があった。

小野田と山本アリサは繋がっていた。


1ヶ月前、香坂が左遷されるきっかけとなったあの料亭での出来事。
あの場所に小野田が現れたのは香坂を探したのではなく、中田隆一と山本アリサに会うためだったのかもしれない。
あそこで中田隆一と山本アリサのことを調べられたら小野田の繋がりも明るみに出るかもしれないと体よく香坂を追い出した格好だ。

裏切り者は1課長の小野田だった。
小野田は犯罪に手を貸したと言うことになる。
「最大の敵はあの人だったんだ」と山田が叫んだ。

小さな巨人 3話の感想「所轄に裏切り者が?!」

山田(岡田将生)は東大を出たもののキャリアの道を選ばなかったがそのことを香坂(長谷川博己)に突かれると感情を露わにしました。
父は官僚で山田もキャリアの道を選べば将来も安泰だったはず。
しかし、あえてノンキャリアで捜査1課長を目指しています。
そのことに関して山田は「信頼していたものが目の前で崩れ落ちた」と表現しました。
彼の過去には何があったのでしょうか、物語が進むとその謎も明らかになっていくでしょう。

それにしても、ストーリーが凄い方向にいってますね。
小野田がまさかの裏切り者。
それにしても動機はなんでしょうか。
実際に香坂たちは小野田のことを摘発できるのでしょうか。

狡猾な小野田のことですから一筋縄ではいかないでしょう。
4話の予告では香坂が警察を辞めるかもという流れになっています。
そんな悪い人の方が生き残れる世の中はイヤですね。