森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

小さな巨人 4話のあらすじと感想「遂に裏切り上司との直接対決?!」

f:id:aeron501:20170416171813j:plain
出典:TBS公式サイトより

小さな巨人 4話のあらすじと感想「遂に裏切り上司との直接対決?!」

小さな巨人 4話のあらすじ「遂に裏切り上司との直接対決?!」

警察内部に裏切り者がいることが明らかになった。
香坂(長谷川博己)や山田春彦(岡田将生)たちはその裏切り者が捜査1課の小野田(香川照之)だと確信した。

小野田は妻の名義で株のインサイダー取引で不正に多額の利益を受けていた、いわば「賄賂」だ。

しかし、小野田のしっぽを掴むには証拠が足りない。

芝署では捜査1課長の運転担当山田がその運転記録を渡部(安田顕)たちに開示していた。
そして疑惑の「ゴーンバンク」には系列会社に多くに多くの警察OBが天下りをしているとの事実もあると報告した。
その運転記録によると1年前に小野田がゴーンバンクの中田和正(桂文枝)主催の懇親会に参加していたことが分かった。
そして、小野田の名刺ファイルに「元ロンドン・リバー証券の山本アリサ(佐々木希)」の名刺もあったという。
小野田はすでに1年前からこの2人との親交があったということになる。
そして、1年前の懇親会以降はプライベートでの接触のみで、運転記録には中田やアリサの名前は出てこなかった。

山本アリサはロンドンリバー証券のやり手トレーダーだったが1度の大きな失敗で解雇になったようだ。
そのときに中田隆一(加藤晴彦)に拾われたようだ。

そのこともあり捜査2課も極秘で調査をしているようだ。

山田も1課長のことを調べると言うが香坂(長谷川博己)は上司に造反することになると指摘し、場合によっては今後の昇進に影響すると言った。
しかし山田(岡田将生)はそれ以上に不正は許せないと言った。


山田は新聞記者の佐川(新井まさお)と接触をした。
そして、翌日の新聞には中田和正(桂文枝)が息子の殺人を隠ぺいした可能性があると報じられた。

このことで中田が小野田(香川照之)に接触するのを待ち、その現場を押さえようという作戦だ。

しかし、この情報のリークが香坂だとバレればおそらく懲戒処分になるだろう。
それでも香坂はこの事件を解決するべく意を決した。


この報道はあちこちで話題となった。
ゴーンバンク社ではこの情報は警察内部からのものに違いないとの話になった。

警察内部でも監察官の柳沢(手塚とおる)は調査を進めるように小野田に指示をした。

誰の目に見ても警察内部からの情報流出に驚きを隠せない関係者たち。

芝署の署長三笠(春風亭昇太)はこの情報の流出が香坂によるものだと報告を受け、失望とも落胆ともいえない気持ちになりこれまで目をかけてきたことに後悔の言葉も口にした。
しかし、香坂の決意を汲み「かならず小野田のしっぽを掴むんだ」と後押しをした。


そして、いよいよ事態の収拾に中田和正(桂文枝)が小野田(香川照之)に接触をする。

その日の夜の予定をキャンセルし神楽坂の料亭「みやび」にて会合が行われることとなった。

チャンスは1度、芝署の面々と山田は総動員で待機しその時を待った。

香坂(長谷川博己)は料亭の隣の部屋で息をひそめる。
そして、小野田と中田の会話を録音し踏み込むつもりだ。

料亭には先に小野田が到着した。
そして、中田も後から到着。

いよいよ、中田が部屋に通されると言うとき小野田が中田にメールを送る。
そのメールを見た中田はそのまま料亭を後にした。

突然のことであわてた香坂たち。
対応するまもなく香坂と小野田の間のふすまが開く。
隣の部屋で待機していた香坂は小野田に見つかってしまった。
そして「あんな下手な見張りでは犯人に気付かれるぞ」と大きな態度で高圧的に話した。

小野田は香坂が録音のために置いておいたボイスレコーダーを目にすると「どういうことだ?」と香坂を問い詰める。

香坂は「自分も逆に1課長にお伺いしたいことがあります」といい、ここまでの捜査情報の流出のことを調べていると言うが小野田は「警察の内通者が私(小野田)だと言いたいのか?」
「本当にこの私が内通者だと思っているのか?」とそれまでにないほどに高圧的に詰め寄った。

そして「私が内通者だというならその証拠を持ってこい、それがないようなら覚悟しておけ」と立ち去った。

駆け付けた山田(岡田将生)によると小野田の妻ゆかりのロンドンリバー証券での取引は通常の取引で怪しいところはないという。
香坂たちが目論んでいた証拠も不正を立証するほどではなかった。


肩を落とし芝署に戻る香坂(長谷川博己)
同期の藤倉(駿河太郎)が香坂に「とんでもないことをしたな」と叱責した。

香坂は家に戻ると妻の美沙(市川実日子)にもしかしたら警察官を辞めることになるかもしれないと謝った。
美沙は驚く様子もなく「いいんじゃないの」と素っ気ないふりをした。


翌日、香坂(長谷川博己)は今回の情報を流出させたのは中田や小野田だけでなく「山本アリサ(佐々木希)」のことも揺さぶる目的があると言った。

これまで山本アリサは中田隆一(加藤晴彦)のアリバイの偽証をしていた。
今回、中田隆一に殺人の疑いがあると知ったアリサ。
これまで軽い気持ちでいたが実は自分は殺人事件の協力をさせられていたのではないかという焦りを誘うことも香坂は考えていた。

案の定、報道を目にして中田に連絡を取ろうとするアリサ。
しかし、アリサが中田との連絡を取ろうとしても中田は拒否している。
中田を見張ることでアリサが現れるだろうと監視をする。
今はそのアリサの証言が所轄にとっての最後の頼みとなった。

しかし、なかなかアリサは現れなかった。

捜査1課の小野田(香川照之)は山田(岡田将生)が所轄の香坂(長谷川博己)たちと通じているのを知っている。
しかし、そのことを表立っては責めない。
山田はそのことが不気味でいた。


相変わらず山本アリサ(佐々木希)は現れない。
山田と香坂は同じ車で中田隆一を見張っていた。

そのとき、山本アリサが現れた。
しかし、中田隆一は強引にアリサを車に乗せ別荘に向かった。
そして、途中「おまえももう犯罪者なんだよ」と言い、別荘におろした。
アリサは「お金なら返す」と言ったが中田隆一は聞く耳を持たずに立ち去った。

中田隆一が立ち去った後、香坂(長谷川博己)と山田(岡田将生)が山本アリサの前に現れた。
そして、このままでは偽証だけでなくインサイダー取引や殺人の罪までも着せられてしまうと自首をし本当のことを話すようにと告げた。

山本アリサはかつてロンドンリバー証券で犯罪をなくすための事業に自身の理念をもとに多額の投資をして結果的に多くの損失を出してしまった。
そのことで証券会社を解雇されてしまったのだが世の中から犯罪をなくしたいという気持ちを持っている。
そのことは警察も同じだと香坂は説得をした。

そして、連絡を待ってますと名刺を渡し香坂は立ち去った。


そして、芝署に戻った香坂のところに山本アリサからの電話。
自首をするという。

そして翌朝出頭すると言うことで香坂は捜査本部に報告した。
これで中田隆一(加藤晴彦)を逮捕できるだろうと報告した。
その報告を聞いた小野田(香川照之)は動揺を隠せない。

小野田は山田ではない捜査員に運転をさせてどこかに向かった。


山本アリサ(佐々木希)が滞在する別荘に芝署長の三笠(春風亭昇太)の姿。
三笠に声をかける香坂と山田。
三笠は驚き取り繕おうとする。
香坂はどうしてここにあなたがいるのかと三笠を責め立てる。
しかし、三笠は開き直る。

もともと、山本アリサの自首は翌朝ではなかった。
香坂が捜査本部に報告をしたときにはすでに芝署の一室だった。

アリサのことを考え確保してから報告をし、内通者をあぶり出すために芝居をしたのだ。
結果的に小野田と中田の会合の張り込みがリークしたことや様々な情報がリークしたことは三笠の立場なら可能だったこと。
小野田への疑いもあるが三笠への疑いもある。
そして、疑惑は確かに三笠によるものだろう。
しかし、今は100%の証拠がない。

三笠はそのことで99%は意味がない0%と一緒だと香坂をあざ笑うような態度。
確かに現時点では三笠を逮捕することはできない。

それでも三笠は悪びれる様子もなく「オレにケンカを売ると言うことは警察全体にケンカを売ることと同じだ」と言った。

香坂たちが芝署に戻ると山本アリサが捜査1課に連行された。

そして、小野田は監察官の柳沢(手塚とおる)に呼び出されていた。
そして、内部情報の流出に関して香坂のことを報告しようとしていた。

小さな巨人 4話の感想「遂に裏切り上司との直接対決?!」

かなりおもしろくなってきました!
味方だと思っていた三笠がかなり黒い人でした!

小野田も悪そうですが現時点ではまだハッキリしません。

それでも小野田も悪いんでしょうが。

次週は芝署編の最終回となります。
そんな形で決着がつくのでしょうか。

香坂たちは三笠の言った「警察全体にケンカを売ることになる」という言葉を痛感することになりそうです。

それにしても小野田役の香川照之さんは相変わらずの顔芸ですねー
今回はそれほどの表情はまだ炸裂していませんが表情で本当に語りますね。

それにしても中田隆一はちゃんと逮捕して欲しいところです。

ボウケンレッドこと高橋光臣さん演じる2課の松岡にも頑張って欲しいところです。