森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

4号警備 5話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20170408213717j:plain
出典:NHK公式サイトより

4号警備 5話のあらすじと感想

4号警備 5話のあらすじ

民間警備会社のガードキーパーズに務める朝比奈準人(窪田正孝)は格闘技ジムの二階に住んでいる。
普段は格闘技のトレーニング。
最近は同僚で朝比奈に救われ警備の道に進んだ上野由宇(阿部純子)も時々顔を出すことがあった。

馬場奈津子(壇蜜)は老人ホームでちぎり絵を教えている。
奈津子の夫からの依頼で朝比奈(窪田正孝)、石丸(北村一輝)が警備に付くこととなった。
しかし、奈津子の依頼の内容では無言電話などがあり心配だとのことだがそんな様子はなかった。

ある日、朝比奈と石丸は奈津子の家を訪れ話をしていた。
奈津子の袖口から見える「あざ」のことを朝比奈が聞くと奈津子は持っていたグラスを落として割ってしまうほど動揺した。
「すいません、すいません」と謝る姿に朝比奈も石丸も違和感を感じた。

ちょうどそのとき奈津子の夫の啓介(柏原収史)が帰宅する。

啓介は奈津子の様子を見て朝比奈たちに今日はもういいと帰した。

ガードキーパーズに戻った朝比奈と石丸は金沢(濱田マリ)に奈津子は夫からの暴力(DV)を受けているようだと報告する。

ガードキーパーズでは馬場家の事情について憶測が飛ぶ。
夫が警護を依頼しているのは妻が逃げないようにするためではないかとの意見があった。
朝比奈は警護をしながら夫の暴力の証拠をつかみ警察に通報するべきだと池山(片岡鶴太郎)に上申した。
このままでは犯罪に荷担しているとになると懸念を露わにした。

プライバシーに関わる問題なので踏み込むのは難しいが朝比奈は上野を同行させることで女性同士で奈津子(壇蜜)が心を開くのではないかと提案した。

翌日からの警護には上野も同行することになった。


石丸(北村一輝)は上野と飲みに行くが途中、娘の楓(久保田紗友)からのメールであわててアパートに戻る。
楓はアパートの前で待っていた。

公園でふたりは話をする。
楓は再婚する母に付いてカナダに行くことになっているが「海外渡航同意書」に父親のサインが必要だと言う。
そして、封筒を渡しサインをして欲しいと言う。


朝比奈(窪田正孝)のジムを池山(片岡鶴太郎)が訪れる。
そして、朝比奈の恋人にストーカーを働いた男がまもなく仮釈放すると告げる。
池山は過去から自分を解き放ってもいいんじゃないかと言うが朝比奈は取り乱す。

朝比奈は犯人が3年半で出所することに納得がいかない。


翌日、奈津子が老人ホームを訪れるとホームの前で人だかりができていた。
ホームの職員によると昨晩奈津子の夫啓介(柏原収史)がやってきて奈津子はホームで老人の相手をするのが嫌だからもう来ないと言い、老人たちの作品も破り捨てていったという。
自分たちの作品が台無しにされ心を痛める老人たちに謝る言葉が見つからなかった。

老人たちは「私たちのことをだましてたの?」と言われその場を逃げ出す。
そして、朝比奈たちのことは信用できないと告白した。
そんな奈津子(壇蜜)に上野(阿部純子)は心の中の思いをぶつけた。
奈津子は「結婚したときはあんなじゃなかった....お願い、助けて」と泣き出した。


啓介は日常的に暴力を働いていた。
朝比奈たちは奈津子が夫に暴力を受けている現場の音声を池山に聞かせ一刻も早く助けるべきだと訴えた。
奈津子自身は警察にいくことも家を出ることもできない。
もしこの場は収まってもまた暴力を振るわれるんじゃないかと怯えている。

この状況でも石丸(北村一輝)は夫婦の話し会いをするべきだと言った。
朝比奈はそんなことをしてもムダだと言った。

ふたりの意見はかみ合わなかったが最終的には奈津子(壇蜜)自身がどうしたいかを考えるべきだと池山は3人に告げた。

それでも朝比奈は奈津子を逃がすつもりだ、と言った。


石丸(北村一輝)はアパートで娘の楓(久保田紗友)の海外渡航同意書を前に悩んでいた。


翌日、朝比奈(窪田正孝)と上野(阿部純子)が奈津子(壇蜜)のもとを訪れ「本当に逃げる気はないんですか?」と尋ねるが奈津子は「自分がガマンすれば....」と自分の気持ちを押し殺している。

朝比奈はそんな奈津子に「自分をもっと大切にしましょう」と命の重さを伝えた。

逃げることは苦しいかもしれないけれども奈津子に「生きて欲しい、だから守らせてください」と訴えた。

石丸は奈津子の夫啓介(柏原収史)の元を訪れていた。
そして、妻に出て行く前に謝ったらどうかと説得をしていた。
失って気がつくこともあると優しく言った。


馬場家では奈津子がすでに家を出る決心をしていた。
そして荷造りをしていると石丸と啓介が現れる。
啓介が謝りたいと言い、謝るが奈津子は「お世話になりました」と家を出るつもりだ。

そんな、奈津子の姿に啓介が豹変する。
「だれが出ていっていいと言った!」と奈津子に殴りかかった。

3人が止めに入るが啓介は暴れる。
石丸が啓介を制止し、その隙に朝比奈(窪田正孝)と上野(阿部純子)が奈津子(壇蜜)を連れ出した。

朝比奈はガードキーパーズの事務所に戻るとまっすぐ石丸のところに向かった。
そして、石丸に殴りかかり「なに考えてるんだよ」「人間そんなに簡単に変われないから」と涙目で訴えた。

池山がふたりをなだめる。
そして「身辺警護はどうして2人で1人を守るのか分かるか?」と問いかけた。
それが分からない間は本当の身辺警護ができたとは言えないと考えるようにふたりを言った。

上野は今回のような強引なやり方をした石丸に事情を聞いた。
石丸は自分が思い上がって一番やってはいけないことをやってしまったと上野に謝った。


池山(片岡鶴太郎)は社長の本田薫(木村多江)に明日警察に行くと告げる。
奈津子(壇蜜)の夫啓介(柏原収史)が警察に被害届を出したという。
薫は「誰が私たちを守ってくれるのかな」と嘆く。

そして、薫は池山に相談があると話し始める。
実はガードキーパーズに買収話があるという。
しかし、相手の会社は「4号警備(身辺警護)」は要らないという。

池山は寂しい気持ちで視線を落とした。


朝比奈(窪田正孝)は3年半前に恋人が亡くなった場所に立っていた。
そして、恋人を死に追い込んだ犯人、小林(賀来賢人)のことを思い出していた。

4号警備 5話の感想

壇蜜さん、NHKドラマ出ますねー
相変わらずの色々薄い感じのキャラクターです。

旦那さん役の柏原収史さんもキレ系のキャラが似合います。
ギルティの三沢役のときのダメ人間っぷりを思い出しました。
最後は菅野ちゃん演じる芽衣子に殺されてしまうわけですが芽衣子に復讐されるようなことをしたのはそもそも三沢の方でしたからね。
あの役は本当に「人間のクズ系」の役どころでしたー。

石丸の感情も娘のことで揺れています。
今回のこともその影響が多分にあるでしょう。

次週はいよいよ朝比奈の仇が登場します。
どんな対決になるのでしょうか。