森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

リバース 5話あらすじと感想

f:id:aeron501:20170414222707j:plain
出典:TBS公式サイトより

リバース 5話あらすじと感想

リバース 5話のあらすじ

谷原(市原隼人)が線路のホームから突き落とされた。
その突き落とした相手は帽子を被った女。


谷原の見舞いの帰り道で深瀬(藤原竜也)は浅見(玉森裕太)から10年前の事故の時の話を聞く。
その事故で広沢(小池徹平)が亡くなったとされているが崖から落ちて爆発する車から逃げる村井(三浦貴大)の姿を見たと言う。

警察の事情聴取でも浅見は村井のことは話さなかった。
谷原はどうだったかは定かではない。
しかし、浅見は今、そのことを深瀬に話した。
深瀬もその事実は初めて聞いたことだった。

浅見によると大学時代に広沢(小池徹平)が村井の妹明日香(門脇麦)といい関係になったが当時、広沢には本命の彼女がいた。
そのことである時、村井は広沢に凄い形相で迫ったことがあったという。


村井(三浦貴大)は妹明日香のもとにいた。
妻の香織(趣里)からの電話があったが村井は携帯の電源を切って電話に出ることはなかった。
明日香は先日、小笠原(武田鉄矢)という記者が来たというが村井は「何か話したか?」と言い「また来ても、相手にするな」と釘を刺した。


翌朝、朝の報道番組では村井(三浦貴大)のW不倫のニュースが報じられた。
ニュースは週刊誌の写真スクープをきっかけにしたもの、先日の記者によるものだろう。
週刊誌には密会現場が撮られているという。

村井(三浦貴大)はマンションを報道陣に囲まれていたがなんとか抜け出した。
しかし、行くところもなく夜、深瀬(藤原竜也)の元を訪ねてきた。
深瀬(藤原竜也)は美穂子(戸田恵梨香)に事故のことを話したと村井(三浦貴大)に告白すると村井は驚いた。
深瀬はそれでも美穂子の元にも脅迫文が届いており彼女のことも心配だと話した。

そのころ、雨の中帰宅する美穂子は後ろからの気配に怯えていた。
雨ガッパを着てマスクをして顔もよく見えない男に後をつけられている。
マンションのエレベーターでその男と鉢合わせる。

美穂子は逃げようとするが腕をつかまれ、傘を投げ捨てて逃げた。
雨の中、転んでしまった美穂子(戸田恵梨香)だったが偶然通りかかった行きつけの喫茶店「クローバー」の乾恭子(YOU)に助けられた。


深瀬(藤原竜也)の元に恭子からの電話。
美穂子(戸田恵梨香)を家に泊めているとのこと。
そして、その後も脅迫分が届いたと聞く。
深瀬は小笠原の言っていた「次は家族や身内が巻き込まれる危険性もある」という言葉を思い出した。

翌日、深瀬は美穂子の勤め先のパン屋を覗く。
美穂子は警察にも届けたし、帰りは恭子が迎えに来てくれるから大丈夫だと話した。


浅見(玉森裕太)はサッカー部の飲酒事件のことで自宅待機となっていた。
サッカー部のキャプテン相良了平(鈴木仁)はに手紙を書こうとするが、生徒の藤崎莉子(山口まゆ)からの電話。
莉子の話では生徒たちはサッカー部の事件など忘れたようで相良も反省している様子は全くないと言う。
莉子は浅見に「いつ戻ってくる?」と聞くが浅見は答えなかった。


深瀬(藤原竜也)のアパートには村井(三浦貴大)が居候している。
そこに浅見(玉森裕太)もやってきた。

そして、深瀬が10年前のことについて切り出すがうまく話すことができない。
次に浅見が村井に問いかける「最後に広沢(小池徹平)を見たのはお前じゃないのか?」

「あのとき、何かしたのか?」と浅見が聞くが村井は「俺は何もしていない、広沢のことも見ていない」と言い切った。

しかし、浅見は「あの時、村井と広沢は明日香(門脇麦) のことで揉めてたよな?」と聞く。
村井は妹の明日香が広沢のことを好きになったが広沢に本命の彼女がいることを知り広沢のことを殴ったという。
明日香の片思いだったということは後で知ることになるがそのことは広沢に謝り、遺恨はなかったという。
最後はカレーを一緒に食べる仲だったと言う。


村井(三浦貴大)は夜、ベットに入り不倫のいきさつについての話をする。
元々、妻とは見合いでの結婚だった。
しかも、それは大物代議士の娘。
「政略結婚」として父に自分の人生を利用されたと思うようになり、結局妻の香織(趣里)のことを受け入れられなかったという。
そんなときに沼淵ことは(篠原ゆき子)と出会ったという。
ダメなことだとは分かっていたが彼女といるときだけは幸せな気持ちを感じたという。

そして、深瀬(藤原竜也)も美穂子(戸田恵梨香)との出会いについて話す。
もともと、よく見かける人だったが最近知り合って付き合うようになったと話した。


深瀬(藤原竜也)と浅見(玉森裕太)は小笠原(武田鉄矢)に会う。
今回は浅見が深瀬に頼んで連絡を取ったという。

今回の村井(三浦貴大)の不倫スクープは小笠原が流したものではないかと話し始める。
以前、写真を小笠原が持っており、村井に見せたことがあったと言う。
そして、浅見は谷原(市原隼人)の野球の写真の後ろに広沢の母親に似た女性が写っているとスマホで写真を見せる。

これまでの出来事を振り返ると広沢の母親昌子(片平なぎさ)によるものではないかと思うが全てをひとりでできるはずはない。
そのことに手を貸しているのは小笠原ではないか?と単刀直入に浅見が尋ねる。
実際に小笠原に会った直後からいろいろなことが起こっている。
どうして自分たちの前に現れたのかと聞く。

しかし、小笠原も一筋縄ではいかない。
村井(三浦貴大)の不倫に関する単独インタビューの場を設けてくれたら答えようと言う。
そして、駅の階段やホームには気をつけろと忠告し立ち去ってしまった。


村井はホテルの一室に。
そこには秘書の甲野(山崎銀之丞)、父で県議会議員の村井昭正(村井国夫)もこの後到着すると言った。
その部屋につけられているテレビからは不倫相手の沼淵ことはへ執拗に押しかける報道陣の姿。
村井(三浦貴大)はたまらず部屋を出ようとするが甲野に「頭を使え」と叱責される。
甲野は「今、沼淵先生は窮地に立たされている。」
「辞職へ追い込まれることもあり得る。」と言い、
そのことについて「あなたのせいで」と責任が村井隆明(三浦貴大)にあると更に語気を強めた。

そして自分が今何をするべきか考えろと言った。


村井のもとに沼淵からの電話。
沼淵は議員を辞職するつもりだと言う。
それでも後悔していないと言う。

村井は本当は沼淵のことを心の底から愛していたが沼淵のことを考え素っ気なく答えた。
そして、辞職なんて大げさすぎる、お互いちょっと遊んだだけじゃんと軽く流した。
「少し面倒になってきたから、なかったことにしよう」と提案した。

沼淵は最後に確認させてと「本当に少しも愛情なかった?」と聞く。
そして村井は「なかったよ、最初から」と答える。
ちょうど村井と沼淵の電話を聞いてしまった深瀬(藤原竜也)はあわてる。
村井も「お前、本当にいつも見なくて言いもん見よな」と言いながら沼淵ことは(篠原ゆき子)の電話番号を消去した。

深瀬はそっとコーヒーを差し出した。


翌日、沼淵は記者会見で議員を続投すると宣言し、村井隆明(三浦貴大)とは関係なかったと釈明した。
しかし、村井の妻香織(趣里)はその会見をひとりテレビで見ていたが平然と不倫関係はなかったと答える沼淵を恨めしそうに見ていた。


村井の父村井昭正(村井国夫)もまた息子の不倫に関しては素知らぬ感じで対応した。
その村井に小笠原(武田鉄矢)が近づく。
そして、また好きな人との関係を引き裂かれてしまいましたね、10年前の時と同じようにと意味深な言葉を投げかけた。


深瀬(藤原竜也)の元にメールが届く。
差出人は不明だが「10年前の事件をこれ以上詮索するな」との忠告。
そして、もし忠告を無視すれば「周囲の人にも、不幸が続くことになる」と書かれていた。

深瀬は仕事帰りに美穂子(戸田恵梨香)の務めるパン屋に急ぐ。
しかし、美穂子は今日は本社に研修に行っていてまだ戻らないという。

何か予感のする深瀬(藤原竜也)は美穂子を探しに急ぐ。

そのこと美穂子は暗い帰り道で「雨ガッパの男」に襲われる。

美穂子は男に人気のないところに連れ込まれる。
しかし、悲鳴を聞いた深瀬(藤原竜也)が美穂子を助けに入る。
男はナイフを出したが通行人が騒いだためにすぐに逃げてしまった。

美穂子(戸田恵梨香)と深瀬(藤原竜也)は喫茶店クローバ-に戻る。
美穂子は深瀬に「ごめんなさい、私.......」と謝り涙を流した。 深瀬は美穂子のことを抱きしめて「大丈夫」と慰めた。


そして、帰り道に村井(三浦貴大)からの電話。
村井と会い「奥さんにもちゃんと話した方がいいんじゃないかな」とまじめに話をする。

そして、深瀬は同級生の仲間たちのことを最近やっと分かったような気がすると話す。

村井はそんな深瀬に10年前のことを話し始める。

村井はあの日、別荘に遅れてきた。
そこには妹の明日香も一緒だった。

別荘の谷原(市原隼人)に迎えに来いと電話をしたものの一向に迎えが来ないのでしびれを切らしていた。
タクシーもなかったのだが待っていると偶然1台のタクシーが通りかかり乗せてもらえることになった。
そして、村井と明日香のふたりはタクシーで別荘に向かった。

無事にタクシーに乗れたことを広沢に連絡しようとする明日香だったが広沢の電話は繋がらない。
別荘地の近くに着くもタクシーもこれ以上は進めないといいタクシーを途中で降りることに。
タクシーの窓から崖を覗く谷原と浅見の姿を見た村井はタクシーに明日香を残し駆け寄った。
すると、そこにいた谷原と浅見は何かを隠しているように見えたという。

浅見の話では崖の下で逃げる村井がいたと聞き、村井には崖の上で何かを隠しているような浅見と谷原にあったと言う。
深瀬は矛盾を感じながも話を聞いた。


村井は不倫騒動が落ち着いたこともあり家に帰ることになりそのあと別れた。


翌朝、深瀬(藤原竜也)が会社に出社すると会社が倒産したとの張り紙。
社長は金を持ち逃げしたという。

その日の夜、アパートに戻る深瀬に村井昭正(村井国夫)の秘書甲野(山崎銀之丞)が現れる。
甲野は隆明(三浦貴大)と連絡が取れないという。
深瀬が会ったのは一昨日の夜。
村井はどこに行ったのか......
次の犠牲者かも?という思いが深瀬の脳裏によぎる。

リバース 5話の感想

浅見(玉森裕太)の話では村井(三浦貴大)が犯人ぽいと思われましたが村井の話では逆に浅見と谷原(市原隼人)が怪しいことになります。
この両者に挟まれ深瀬(藤原竜也)は様々な思いをめぐらせます。
こっちもいろいろ考えてしまいます。

一方で美穂子(戸田恵梨香)のことを襲っている犯人はこの事件と関係がないようにも見えますし、この流れの犠牲者にも見えます。
また、村井と妻の関係も危なっかしいですね。
現にいま行方不明になりましたし....

まだまだ、原作本には手を出していません(笑)

世間ではネタバレに手を出して「ガッカリ」との声があるようですが(笑)

主題歌のシェネルさんの「Destiny」もホントにいい感じで謎が深まります。

これから佳境に入っていきます。
前半でこれでは先が思いやられます.......(いい意味で)