森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

CRISISクライシス 6話のあらすじと感想「爆破テロ犯を追え!国家が隠す闇」

f:id:aeron501:20170410234131j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

CRISISクライシス 6話のあらすじと感想「爆破テロ犯を追え!国家が隠す闇」

クライシス 6話のあらすじ「爆破テロ犯を追え!国家が隠す闇」

特捜班に新しい仕事。
日本橋茅場町のコンビニで1週間前にコンビニ強盗が撮られた映像がモニターに流される。
しかし、特捜班の吉永(田中哲司)が問題だと言ったのは強盗犯の後ろの客。

この客の男は11年前に起こった地下鉄爆破テロで指名手配中の里見修一(山口馬木也)
里見は爆破テロを実行したカルト教団の生き残り。
11年前のテロは6月1日まもなく6月になる。
その同じ時期に新たなテロを企てているのではないかと警察は憂慮している。
そのことは国民には極秘に捜索をする必要がある。

田丸(西島秀俊)は稲見(小栗旬)を引き連れて爆破テロの起こった駅のホームへ。
そこで当時のことを話す。
当時、田丸は公安に所属しており里見が入信していたカルト教団「真実の光教団」を徹底的にマークしていたはずだがその目を盗んでの実行とあって公安もかなり混乱したという。

田丸と稲見は里見に似た男を見かけるが別人だった。
テロは一度予兆を感じると全てが怪しく感じてしまう。
田丸(西島秀俊)も稲見(小栗旬)も混乱していた。


鍛冶(長塚京三)は警視総監の乾陽一(嶋田久作)に呼び出される。
乾は今回の里見の件が穏便に解決すれば鍛冶の警視総監の道も近いと示唆した。
そして、ここで余計な失敗をしないように注意しろと言った。


とあるビルにある「吉川健康食品」という会社。
ひとりの営業マンのような男が戻ってくる。
すると、社内にいた他の4人と連れだって奥の部屋に入る。
そこには里見(山口馬木也)がいた。
男たちは里見のことを「先生」と呼び、先生の姿が防犯カメラからバレたために駅や街は厳戒態勢だと報告した。
そして、先生の計画に参加出来て光栄だと言った。

ひとりの男はこの厳戒態勢の中、計画を実行するのかと聞くが里見は「逆に好都合」だと気にもとめない。


特捜班では大山(新木優子)が各地の防犯カメラから里見の姿を見つける。
用賀付近で里見の姿が見つかった。

しかし、用賀付近という情報だけで里見の姿は他には見当たらない。
大山はひとつの提案をする。

こういった頭脳犯はインターネットでの自身についての記事や書き込みを気にすることが多い。
あえて用賀周辺で「爆破テロの男を目撃」という情報を掲示板サイトに書き込むことで用賀は危険だと思わせ動かそうと言うもの。
そして、その書き込みに反応したIPアドレスも追いかけるという。

特捜班の面々は「良いアイデアだ」だと賛同した。
そして、大山が書き込んだ目撃情報に早速、男たちが反応する。

掲示板サイトには大山の書き込みに反応する4人の投稿者。
しかし、4人とも同じ住所。
大山は早速その住所を検索、そこは「吉川健康食品ビル」という場所だ。

吉永(田中哲司)は近くで待機する田丸(西島秀俊)と稲見(小栗旬)に連絡し、2人はすぐに「吉川健康食品ビル」に向かった。
2人が着くとちょうど里見たちがビルをあとにするところだった。
そして、田丸たちは里見を乗せたワンボックスカーを追尾する。
しかし、田丸と稲見の車は派手な外車のワンボックス。
吉永たちが後から合流することにはなっていたがどうやらバレてしまったようだ。

里見たちはホームセンターに車を停める。
そして、田丸と稲見も里見たちを追う。

そして、ホームセンターの店内で格闘が始まる。
里見を取り巻く5人の男と田丸、稲見は5対2

そして、格闘しているあいだに里見(山口馬木也)は姿を消してしまう。


稲見(小栗旬)はあたりを探したが結局、里見の姿はなかった。
それにしてもこんなにもあっさりと姿を消せる里見はただ者ではない。
稲見は里見は何者だ?と田丸に尋ねる。

田丸も噂レベルの話だがと前置きし、かつて公安の優秀な捜査官がこのカルト教団に極秘に潜入したと言う。
そしてその捜査官はとても優秀だったために教団でもあっという間に出世してしまい、そのままテロの実行犯に寝返ってしまったという。
極秘の長期潜入捜査だったために実際はこの里見がその捜査官だったかは定かではないが里見の行動を見れば元公安としてもうなずける。


里見(山口馬木也)はとある墓地にいた。
そして鍋島家という墓石の前に立った。

特捜班でも里見が元公安の人間だったのではないかと調査が始まる。
調査と言っても大山(新木優子)が警察のデータベースを検索していくものだったのでメンバーは見守るだけだったが...
そして、里見の年齢や警察学校の卒業生、現在警察に在籍していない、この10年以上消息が掴めないといういくつかの条件を当てはめて人員を特定すると該当者がひとりだけいた。
その男の名前は「鍋島豊」
鍋島の履歴書を見ると間違いなく里見だがその風貌は別人のように変わっていた。


里見(鍋島)が潜伏しそうな場所を探すが捜索範囲が広すぎる。
明日が6月1日
決行するなら都内にいるはずだ。
田丸(西島秀俊)は「吉川健康食品」の所有する空き家を調べるように大山(新木優子)に指示する。

そして、割り出したのはとあるマンション。
そこに里見は潜伏していたが集合郵便受けにスマホを仕込んであり外部からの訪問者を監視していた。
田丸(西島秀俊)と稲見(小栗旬)がマンションに着いたことはすぐに里見(鍋島)にバレた。
里見は銃を携帯している。

目当ての部屋のドアを田丸と稲見が開けるがそこには里見(稲見:山口馬木也)の姿はなかった。


特捜班は2度も里見(鍋島)を取り逃がした。
そのことは公安総務課長の青沼(飯田基祐)から鍛冶(長塚京三)はに報告された。
鍛冶も青沼も里見の正体が公安の鍋島だと知っている。
そして、里見の計画が進んで計画を実行してしまう前に場合によってはヒントを与えなくては鍛冶は笑う。
里見がテロを行うのはどこなのか?

特捜班は里見の狙いを考える。
しかし、爆薬などは見つかっていない。
しかも、以前の事件から11年と何かの節目にしては半端すぎる。
実は今回里見(鍋島)が急に動き出したのはテロではなく恨みを持つ人物への個人的な復讐なのかもしれないと当たりをつける。

そして、当時の公安の関係者で最近目立ったことがあった人物を探す。
そして、この3ヶ月で一番大きな動きがあるのは「乾警視総監(嶋田久作)」
当時の警備局長の乾が警視総監に出世をした。
そのことで里見は許せないことがあるのかもしれない。


吉永(田中哲司)は青沼に電話をして「今すぐ乾警視総監の身辺警護を強化するように」と依頼する。

そして特捜班も乾の元に急ぐ。

朝の出勤時間。
やはり、特捜班の面々の予想通り、乾のことを待つ里見(鍋島:山口馬木也)

乾がマンションから出ると運転手が撃たれる。
そして銃を構えた里見(鍋島)は「久しぶりだな」と声をかける。

いよいよ銃の引き金くが瞬間的に乾がよけたことで弾は外れた。
そして、その乾を稲見(小栗旬)が助ける。
里見には田丸(西島秀俊)が飛びかかる。

間一髪で乾の命は救われた。
逮捕した里見に稲見はどうしてテロを実行したのかと聞く。

特捜班の面々が自分のことを公安の人間だったと知っていると知るとテロの話をする。

当時、里見はカルト教団へ潜入捜査をしていた。
テロのことを聞かされたのは実行の5日前。
里見(鍋島)はすぐに連絡係にテロのことを伝えた。
ほどなく教団に捜査の手が入りテロは未然に防がれるものだと思っていた。

そして、里見(鍋島)は決行の3日前に独房に入れられた。
いよいよテロという時に怖じけつかにようにと入れられたのだ。
里見(鍋島)はその3日間、自分の心臓の音が迫ってくるような部屋で過ごした。

そしていよいよ決行という日、それでも警察の捜査はなかった。

潜入捜査をしていた里見からの連絡に警察が動かなかった理由は分からないが里見は「裏切られた」と感じ、テロを決行しなければ教団の連中に殺されるだろうと命の危機を感じ。
テロを決行するしかなかった、と言った。

それでも、殺されてもテロで多くの罪のない人々の命を奪ったことに稲見(小栗旬)は決行するべきではなかったと言うがそれでも里見(鍋島)が「確かにそうだ」
「でも、その状況にお前がなったらできるか?」と聞く。

結局、逮捕された里見(鍋島)は留置所のなかで首を吊り自ら命を絶った。

稲見はまたしても残酷な事実に直面し、思い悩んでいた。
しかし、部屋でひとりの稲見に松永芳(野崎萌香)からの電話。
稲見は電話越しに少し元気になったと話した。

クライシス 6話の感想「爆破テロ犯を追え!国家が隠す闇」

今回も警察の闇に突き当たりましたね。
確かに里見(鍋島)がテロの連絡をしたのに警察が捜査を行わなかったのは何か陰謀や思惑があったように思います。
乾警視総監(嶋田久作)は悪そうな風体でしたね(笑)

里見の言った「テロが起こることで警備費の予算を増やす」という短絡的な判断で警察の捜査が及ばなかったのかもしれないと思ってしまいます。

それにしても今回も鍛冶(長塚京三)の思惑と特捜班の行動が不思議で結局鍛冶は良い人なのか悪い人なのかちょっと分からない状況です。

一見、良い人ですが特捜班に関しては良い面だけではない感じもします(笑)

どんどん、どんよりした方向に向かっている気がします(笑)