森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

リバース 6話あらすじと感想

f:id:aeron501:20170414222707j:plain
出典:TBS公式サイトより

リバース 6話あらすじと感想

リバース 6話のあらすじ

深瀬(藤原竜也)の大学時代の同級生広沢(小池徹平)が亡くなってから10年。
その死は事故として処理されたが不可解な点も多々ある。
その広沢が亡くなる原因となったゼミ仲間とのスノーボード旅行。
旅行に参加した谷原(市原隼人)、村井(三浦貴大)、浅見(玉森裕太)はそれぞれ何かを隠している。
深瀬に語られる言葉はお互いに矛盾が生じていた。


深瀬(藤原竜也)とあった日を最後に村井(三浦貴大)の行方が分からなくなっていた。
入院中の谷原(市原隼人)の見舞いに行くと妻で村井(三浦貴大)の妹の明日香(門脇麦)に会う。
村井の行方を聞くが明日香も分からない。
捜索願を出そうかと話し合っているところだと言う。

一方、深瀬(藤原竜也)は会社が倒産。
そのことを明日香に話す。
明日香はそんな場合じゃないと言うがそれでも谷原(市原隼人)はrたちのことが心配だと深瀬は言う。
明日香はこのまま兄の村井は帰ってこないんじゃないかと言う。

明日香はあの日、村井に同行しスノーボード旅行に向かった。
後から合流するはずだったが村井と共に駅で足止めを食った。
そのことで広沢が駅まで迎えに行くこととなり事故に遭うわけだが明日香によればあの時、タクシーに乗ったが誰かと電話で話しているときにタクシーを降りどこかに行ったと言う。

タクシーに残された明日香だったがそのまま時間が経過しタクシーを降り様子を見に行くと何かが燃えていたという。

その炎の方向から戻ってきた村井は明日香にタクシーに戻るぞとその場を立ち去った。
明日香は今になって思えばあの音と炎は車が爆発したものだったと思うと言った。

深瀬(藤原竜也)はその言葉を聞き、逆に浅見(玉森裕太)も車の近くで村井(三浦貴大)を見たと言っていると明日香に話す。


その病室にジャーナリストの小笠原(武田鉄矢)が現れる。
そして、おもしろい話があると深瀬を誘い出す。
小笠原が向かった先は近所のスーパー
そこからふたりはある男を見る。
小笠原によればあの美穂子(戸田恵梨香)を襲った男ではないかと言う。
小笠原は深瀬(藤原竜也)に確かめてこいと近くに行って確認してくるようにと指示する。恐る恐る深瀬が近づくと男は逃げた。
深瀬が追う。
男の前に小笠原が立ちはだかる。
小笠原は元警察官。
あっという間に取り押さえる。

そして、男に話を聞くが男は深瀬のアパートのドアに張り紙をしたことと美穂子(戸田恵梨香)に手紙を1通送ったこと以外は自分ではないと言った。
谷原(市原隼人)や浅見(玉森裕太)のことも聞いたが自分ではないと言う。

そして、男を警察に引き渡した。

小笠原(武田鉄矢)は美穂子(戸田恵梨香)のことや行方の分からない村井のことを心配した。
そして、自分は深瀬たちの敵ではない、と断言した。
広沢の母昌子(片平なぎさ)も同じく敵ではないことを付け加えて立ち去った。
去り際に「俺が知りたいことと君(深瀬)が知りたいことは同じ」だと言った。


そのころ村井(三浦貴大)はどこかの部屋に監禁されていた。


深瀬は会社が倒産してしまったので再就職先を探しに履歴書を書いている。
その部屋に美穂子(戸田恵梨香)がやってくる。
そしてあのストーカー男の逮捕に深瀬が協力したことを警察に聞き、礼に来た。

ふたりは散歩をしながら話す。
美穂子(戸田恵梨香)はもう少し喫茶店のクローバーの恭子(YOU)に甘えようと話し、部屋を帰るつもりだという。
もしかしたら実家の大阪に帰ろうかと思っていると話した。
病気の母の面倒も見たいし...と思案していると言った。


深瀬(藤原竜也)は浅見(玉森裕太)と電話で話す。
相変わらず村井(三浦貴大)の行方が分からないこと、広沢の実家の愛媛に行って広沢の母と話そうかと思っていると言うと浅見も一緒に行こうかなと言い出した。
そしてあの事故の現場、長野の斑丘にも行ってみたいと言った。


ふたりは斑丘に着く。
そして、事故の現場で浅見は「もしあの時........」と何かを言いかけてやめた。

そして、あの村井家の別荘にも行ってみる。
あの事故の直後にこの別荘は売りに出されたという。
そして別荘に入るとあの事故の日のことが走馬燈のように思い出された。

深瀬(藤原竜也)は「あの時、引き止めていれば彼は命を落とすことはなかった」と反省した。

ふたりは現地の警察署も訪ね、当日の事故のことを訪ねるが今となっては真相は分からない。
現地の警察の人間もそのことについては口が重い。
小笠原のことも「思い込みが激しい」とあの事故の事件性を広沢(小池徹平)の母に話したことを疎ましそうに言った。


そして、ふたりは愛媛に向かい広沢の墓を訪ねる。
墓では広沢の父忠司(志賀廣太郎)が出迎える。


そして、忠司とともに広沢の実家に行くと母の昌子(片平なぎさ)が出迎える。

深瀬(藤原竜也)は一連の出来事のことを昌子に聞かなくてはと思っていた。

話の腰を折らないようにふたりは昌子に話をした。
先月東京に来ていたかと聞くと少し動揺したような様子で親戚の法事でいったと答えた。
そして、広沢の好きだった場所を回ったと言った。
行った場所は野球をやっていたグランド、落語の寄席などを回ったという。
その後もいろいろな話をしたが深瀬(藤原竜也)はどうしてもこの昌子や忠司が復讐をするとは思えなかった。

翌日、ふたりは広沢の高校時代の友人達の事を聞きたいと昌子に申し出る。
そして、昌子が紹介してくれた松永に会う。
松永は広沢の友人たちを集めてくれた。
しかし、友人たちは深瀬や浅見のことを良く思っていなかった。
少しずつ話はするがやはり深瀬や浅見たちのせいで広沢が死んだと思っていると言った。

そして、話の途中で高校時代の彼女(夏菜)の話も出た。
写真も見せられたが見覚えのある顔ではなかった。

同級生たちとの会合ではアルコールも入り、ふたりに辛辣な言葉が並べられる。
ふたりは帰りみちで肩を落とし、広沢の父と母が暖かく迎えてくれることに「許されたような気がする」と甘えていたのかもと話をする。


浅見(玉森裕太)は10年前のことを話し出す。
あの時、広沢の行方を追って着いたところには谷原(市原隼人)がいた。
そして現場に残された血痕。
谷原は「この血痕を警察が調べたら飲酒のことがバレる。内定取り消されるぞ」と血痕のついた雪をかき集めて谷底に捨てた。
どうしても教師になりたかった浅見もその証拠になるだろう血痕の付いた雪を谷底に捨てた。

そのことを話し、深瀬は何も悪くないと言い、これ以上自分を責めるんじゃないと話す。

そんな時、浅見の携帯に同僚の教師森下(藤本泉)から電話が入る。
浅見のクラスの藤崎莉子(山口まゆ)がいなくなったという。
莉子は浅見のことに責任を感じていた。
そして何度も浅見に電話をかけていたが浅見が電話に出なかったことで更に責任を感じてしまったのかもしれない。
浅見が莉子に電話をかけるがやはり繋がらない。
浅見は一足先に帰ることとなった。


深瀬(藤原竜也)は広沢(小池徹平)の実家で高校の卒業アルバムを見る。
そして、今日はなしを聞いたことをノートに書き留める。
「広沢由樹の彼女はカワちゃん、広沢由樹の親友は古川大志」

そして、深瀬が窓の外を見ると恨めしそうに見つめる古川の姿があった。
深瀬は広沢を追った。
そして、古川は深瀬に「人殺し」とつぶやいた。
「人殺しのくせに何を嗅ぎ回ってるんですか?」と言った。

そして、病院に入院している谷原(市原隼人)が目を覚ます。

村井(三浦貴大)はまだ監禁されている。

リバース 6話の感想

んーーーやっぱり分からないです(笑)
世間ではネタバレ論争が盛んなようですがそこにはなるべく近づかないようにしています。

まあ、この記事自体も「ネタバレ」になるわけですか....

事件の核心はまだ見えてきません。
それでも広沢(小池徹平)の元彼女(夏菜)の存在が明らかになってきました。
実は美穂子(戸田恵梨香)がかつて広沢と何らかの関係があるのかもと思ったのですが今のところどうやら関係なさそうです。

次週は看護師姿の夏菜さんが登場するようです。

広沢の親友古川の「人殺し」という発言も気になるところですが犯人としては地味ですww

夏菜さんならベタすぎます。
村井を監禁しているのは奥さんな気もします。

それにしても核心の真相が全く見えてこないですねー
結末が楽しみです。