森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

CRISISクライシス 8話あらすじと感想「スパイの罠!決死の救出作戦」

f:id:aeron501:20170410234131j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

CRISISクライシス 8話あらすじと感想「スパイの罠!決死の救出作戦」

クライシス 8話あらすじ「スパイの罠!決死の救出作戦」

神の光教団でhじゃ「例の件はうまく言ってる?」という会話。
その様子を盗聴しているのは潜入捜査中の林智史(眞嶋秀和)


特捜班の田丸(西島秀俊)は林の妻千種(石田ゆり子)と会う。
そして夫から大事な情報を掴んだと連絡があったと言う。
しかも林は田丸にしか話さないという。
千種は夫に会ってくださいと言う。

本来は部署が違うのだが田丸はかつての部署公安に向かった。

林は教団の関係者と買い出しに行くがその隙にトイレで田丸と落ち合う。
そこで久しぶりに会ったふたりは言葉を少ない。
林(眞嶋秀和)はテロの情報を提供するには条件があるという。
その条件は教団から抜けたいと言うこと。
その条件が約束されなければテロの情報は伝えられないと言う。
条件を林の妻千種(石田ゆり子)に文書で提示しサインした時点で契約となり情報を提供するという。

田丸(西島秀俊)は上司の公安総務課長の青沼(飯田基祐)に状況を説明する。
青沼は条件を了承したが田丸と林の妻の関係に少し疑問を呈し「林の妻とは何の問題もないな?」と問いただした。
田丸は「何の問題もない」と部屋を出た。

稲見(小栗旬)はBar「40886」で松永芳(まつながはな:演・野崎萌香)と会う。


田丸(西島秀俊)は林(眞嶋秀和)はとの約束を実行するための「覚書」を千種に渡した。
そして千種にサインをもらい情報を教えて欲しいと言う。
その情報によるとテロの決行日は明後日、ターゲットは文部科学大臣だという。

青沼は情報を鍛冶(長塚京三)に情報を伝えるが鍛冶は大がかりな警備はせずに特捜班で行うという。
テロは自爆テロのようで危険性が高いのではないかと言うが鍛冶は必要以上に大事にしないほうが良いという。


当日、決行場所とされている場所に警備に付く特捜班の面々。
しかし、大半の人がカバンを持ち集まってくる会場で犯人の目星も着かない。
そんな中、大臣が到着する。

その大臣を物陰からつけるひとりの男。
男がカバンに手を入れ怪しい動作をしたところで田丸(西島秀俊)と稲見(小栗旬)が取り押さえる。
しかし、男のカバンには何も入っていなかった。
男はふたりをみてあざ笑った。

何かの罠だと察した田丸は林の妻千種(石田ゆり子)の元に急ぐ。
そして最低限の荷物を持ってここを出ますと伝える。
千種もその言葉にすぐに身支度を調えホテルに避難した。
そこで千種は夫に何かあったら自分はどうしたらいいのかと田丸にたずね、私のことを守ってくれますか?と聞いた。
田丸はその問に答えること無く部屋を出た。

このテロの情報が教団内部のスパイをあぶり出すためのものだったら林が危険にさらされると田丸は青沼に何らかの処置を打診するが青沼はすぐに動こうとはしない。
長期に連絡が途絶えたら考えようと言った。


神の光教団では林(眞嶋秀和)の正体がばれていた。
いすに縛り付けられ顔が腫れ上がるほど殴られていた。


特捜班の事務所では田丸(西島秀俊)が林のことを稲見(小栗旬)に話していた。
元々林は在家の信者だった。
その林は父の借金を背負い会社の金を使い込んでいた。
そして妻とも不仲だった。

その林に話をして説得し、安心させ、出家をさせ情報提供者としての任務を背負わせたのは田丸だった。
林は公安の人間ではなく田丸の協力者だったのだ。

田丸は当時、自分の失敗を取り戻そうと弱い立場の林を追い込んでいたのだ。
それはもしかすると千種のことを奪いたくて夫の林を闇に送り込んだのかもしれないと反省の言葉を発した。

田丸は千種に心を奪われておりそのことを反省した。
そんな田丸の言葉に稲見は微笑んだ。
田丸にも人間らしい一面があって安心したと田丸を慰めた。

利用価値の無くなった林が捨てられるのを見ていられないと田丸は何かを決心したようだった。


田丸は今回の任務の後始末で別行動になると吉永(田中哲司)は特捜班の面々に伝えた。
そして田丸が戻らない限り特捜班への任務の指示はないと言った。

田丸は千種の元へ。
そして、「林がスパイだと言うことをあなたが密告しましたね」と言葉をかけた。
「いつ気がついたの?」
田丸(西島秀俊)は文書をやりとりしたときに気がついたという。

千種は今の状態で夫が帰ってきてもどう接していいのか分からないという。
千種は林はどうなるのかと聞くが田丸は「公式にはどうにもできない」と冷たい言葉をかける。

千種は林のことを忘れ自分と一緒に暮らして欲しいと田丸と誘う。

しかし、田丸は冷静にその言葉を受け流した。

特捜班の事務所に戻った田丸は吉永(田中哲司)のデスクに「退職届」を置き、一礼して出ていった。


田丸は教団の前に立った。
静かに目を閉じる。
そこに吉永(田中哲司)、稲見(小栗旬)、大山(新木優子)、樫井(野間口徹)がかけつける。
4人は「仲間だろ」と簡単に言うがこれから向かおうとする場所は出家信者が150人もいる教団本部。
おそらく林は3階奥の部屋に囚われているだろうと田丸が言うと稲見は楽しそうに「誰が最初にたどり着くかな」と言った。

樫井が携帯のボタンを押すと遠くで爆発が起こった。
5人は教団へ突入する。
白装束の教団信者が5人に向かってくるが5人は信者をなぎ倒し進んでいく。

しかし、多勢に無勢。
5人は少しずつ体力を奪われていく。

いよいよ3階へたどり着いた田丸(西島秀俊)と稲見(小栗旬)
そこには格闘の腕の立つ信者がいた。
それでも稲見はその信者を食い止め「行ってください」と田丸を先に進めた。

男たちから奪った鍵で部屋を開けるとそこにはいすに縛られ意識のない林の姿があった。
吉永(田中哲司)、大山(新木優子)、樫井(野間口徹)も加わり6人は教団を出ようとするが出口付近には大勢の武装した信者。
これ以上は進めないかとあきらめかけたとき、機動隊が突入してくる。
その中心にいたのは公安総務課長の青沼(飯田基祐)
「もっとはやくこうするべきだった」と言い。
特捜班の面々に「お前らはここにいなかったことにしてやるからすぐにここから出ていけ」と言った。
林のことも一緒に連れて行くように指示した。


教団には公安捜査の手が入った。
5人は傷だらけになりながらも笑顔を浮かべ帰路についた。
林(眞嶋秀和)も顔が盛大に腫れてはいたがなんとか歩けるようだった。


翌日のニュースでは神の光教団に強制捜査が入ったというニュース。
そして、以前より内偵をしており大臣へのテロを企てており、爆弾の製造の事実が認められたと言うことで一斉に検挙となった。
鍛冶(長塚京三)はこの結果にテレビを見ながら拍手をして青沼の功績をたたえた。

しかし、林の妻千種(石田ゆり子)のことはどうするのかと青沼にたずねると青沼は「教団の残党に狙われることも考えられるので2年ほど海外に行かせます」というと鍛冶は「日本へは戻すな」と指示した。

鍛冶が言うには千種は「田丸のアキレス腱」であり田丸の前に千種の姿がちらつくのはトラブルの元だと言った。

そんな冷酷な鍛冶の言葉に青沼は「特捜班を使ってどこまで行くつもりですか?」と聞いた。
鍛冶はニヤッとしたがその質問には答えなかった。


林の妻千種(石田ゆり子)が海外に立つ日、田丸(西島秀俊)は見送りに。
そして「すいませんでした」と小さく声をかける。
しかし、千種は「あやまらないで」と言い。
千種が「あなたと暮らしてみたかった」と言うと田丸は右手の甲で千種の頬を触った。
ふたりはそれ以上言葉を交わすことなく別れた。


田丸がいつも千種と会っていた教会でひとり座っていると隣にひとりの男が座った。
「少しお話をさせていただいてもよろしいですか」と言った。
男は誰なのか?

クライシス 8話感想「スパイの罠!決死の救出作戦」

1話から引っ張ってきた神の光教団のエピソードはあっけなく終わりました(笑)
まあ、このあとまだ続きがあるのかもしれませんが...
今回のラストに出てきた人は誰なのでしょうか。

次回は金子ノブアキさんが登場します。
RIZEのドラムでカッコいい金子さん。
以前深夜ドラマの「QP」で斎藤工さんと出ていたときに殺し屋のトム(ユキオ)役で出ていましたがあれはかっこよかった!
今回も悪い役みたいです。
悪い役が似合いすぎますよ。

物語もいよいよ佳境に。
全10話のストーリーで稲見(小栗旬)の過去や田丸(西島秀俊)の過去も明かされるのでしょうか。
大山(新木優子)の特捜班以前のストーリーは先週ありましたが吉永(田中哲司)や樫井(野間口徹)の過去エピソードも見たいのですが少し放送回数が足りない感じがしています。

最終回は10話だと思いますがあと2話、どんな結末になるのか楽しみです。