森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

小さな巨人 8話のあらすじと感想「学園問題!警察の不正!政治家の癒着!?」

f:id:aeron501:20170416171813j:plain
出典:TBS公式サイトより

小さな巨人 8話のあらすじと感想「学園問題!警察の不正!政治家の癒着!?」

小さな巨人 8話のあらすじ「学園問題!警察の不正!政治家の癒着!?」

早明学園に潜入捜査をしていた刑事江口(ユースケ・サンタマリア)が殺害された。 その重要参考人として取調を受けることとなった元捜査1課長で現早明学園の専務富永(梅沢富美男)の取調はあっさりと終了。
小野田(かが)率いる捜査1課の取調がすぐに終わってしまったことで香坂(長谷川博己)も山田春彦(岡田将生)も納得がいかない。
しかし、当日現場から逃げる早明学園の横沢裕一(井上芳雄)の姿が防犯カメラに写っていたことでその疑いは晴れた。
その防犯カメラの映像には同じ頃に警察庁幹部の息子が大麻を吸っている姿も記録されていた。
そのことを明るみに出さないようにと富永は映像を最後まで出さなかったのだ。
そして、香坂(長谷川博己)と山田春彦(岡田将生)が証拠として裏付けがあるとしたペンの一件も小野田によって状況を整えられた格好になった。
香坂は「手心を加えたように思える」というが小野田は悪びれる様子も自分と富永には強い絆がある、当たり前だろうとそのことを認めた。

そして、横沢裕一が現場から闘争する映像があったことを盾に横沢裕一に指名手配をかけた。

この横沢を逮捕するのが急務となったが横沢の逮捕によって早明学園の裏帳簿が明るみにでる可能性がある。
そのことを学園長の金崎(和田アキ子)は心配するが富永はそのあたりも小野田に指示をしてあると安心して欲しいと言った。
小野田は捜査1課1係長の藤倉(駿河太郎)に「横沢を逮捕して、裏帳簿のことは伏せる」それがベストな決着だと言った。
藤倉は「隠ぺい?」と聞くが小野田は気にする様子もなく「捜査1課が追うのはあくまで殺人事件」と簡単に言った。


一夜明け、所轄の刑事達にも協力の要請が来る。
香坂も山田も違和感は感じたが捜査1課長も了承しているという。

そして、捜査本部での打ち合わせ。
横沢が接触しそうな人物には見張りがついている。
特に妻の亜美(中村アン)との接触の可能性が高い。

香坂は亜美の警護に三好祐里(芳根京子)をつけてくれるように捜査1課係長の藤倉に頼む。
藤倉も了承、三好も前向きだ。

そして、マスコミでは新たな容疑者が現れたと嘘のニュースをリークし横沢が亜美に接触するタイミングを狙おうということになった。


狙い通りに横沢から亜美への接触があった。
亜美は警察の見張りはまだ続いているのでしょうと三好に尋ねる。
三好も堪えきれずに捜査は続いていると状況を話してしまう。

そして、接触の約束の時間。
男が近づき接触するが横沢ではなかった。

結局、横沢は現れなかった。

しかし、そのことで横沢へ捜査の情報が漏れたのではないかという疑念がかけられてしまう。
三好(芳根京子)は少しだけ亜美(中村アン)の挙動に不審な点があったことを思い出した。


しばらくは横沢からの接触はなかったがあるとき亜美へメールが入る。
再び会うことになったが刑事の動きを軽快してか時間近くに指定場所の変更が何回も行われた。
そのたびに藤倉(駿河太郎)の指示で所轄の刑事は指定場所から遠ざけられた。
所轄の刑事は現場付近にいてはならないということだろう。

そんな中、時間が近づき三好(芳根京子)は亜美(中村アン)から離れるように指示が出る。
しかし、亜美はもう少しいて欲しいと言う。
そして、飲み物を持ってきてほしいと三好に頼む。
三好が飲み物を取りに行く隙に亜美は三好の携帯から夫へ連絡をしようとしていた。

三好はその姿を目撃する。
亜美はどうしても夫に一目だけ会いたいと言う。
そして、一目会ったら警察に出頭するように説得するから協力してほしいと言った。

周囲で見張る藤倉達はその様子をみてどうなっているのか判断が付かなかった。
そして、三好がジュースをこぼしてしまう。

そして時間間際ではあったが洋服を着替えに行く。
そして、試着室で着替えることになるが時間がかかりすぎている。

藤倉は試着室を調べろと三好に指示をするが三好は拒んだ。
そして、藤倉は近くの1課の女性捜査員を試着室に向かわせた。
女性捜査員が試着室を開けるとそこに亜美の姿はなかった。

捜査員達は亜美を探すが見つからない。

亜美は階上のフロアで夫と落ち合った。
そして数百万円は入っているだろう紙袋と用意していた連絡用の携帯を渡した。
しかし、背後には三好の姿、現場には香坂(長谷川博己)や山田(岡田将生)も現れる。

横沢達の動きは香坂たちに筒抜けになっていた。
三好の携帯の捜査は香坂へ転送されていた。
香坂は三好が亜美に利用されることで横沢と接触が可能になると確信していた。

そして、香坂の狙い通りに三好が亜美に利用され、横沢が現れたというわけだ。
香坂は横沢に出頭するように話す。
そして横沢もあの夜、何があったのか全て話すと香坂の話に応じた。


そして横沢を連行しようとしたとき藤倉達捜査1課が現れる。
結局、1課長の指示で香坂たち所轄の動きを見張っていたのだ。

横沢の身柄は捜査1課に移される。
小野田も安心し富永に報告する。
裏帳簿の存在もこれで抹消されると小野田も自分の役目を果たせると確信した。


しかし、横沢の身柄は警視庁へは移されなかった。
これまで捜査1課長の指示に従ってきた藤倉は香坂に「自分たちの正義」と言われ連行先をへ自分の判断で変更したのだ。
自分たちの正義を守りたい、と。

それでも捜査1課長に逆らったことになる藤倉は「それでも正しいことをした」と思っている。
香坂も「俺だけはお前は間違っていないと信じている」と言った。

そんな時、横沢が逃げたと署内が騒然となる。
取調室に山田とふたりで入ったはずだがそのままふたりとも行方が分からなくなったのだ。
緊急配備の管内ガード下で横沢と山田は会っていた。
そして、横沢は「江口さんとの絆、持ってきました」と1本の鍵を差し出した。

実は横沢が妻の亜美と落ち合った場所はだれも警備に付いていなかった場所。
どうしてその場所を横沢が知り得たのか香坂は不審に思っていたのだ「もうひとりの協力者がいる」
そう思っていた香坂の予感は的中した。

香坂が言った「もう一人の協力者」こそ、山田だったのだ。

小さな巨人 8話の感想「学園問題!警察の不正!政治家の癒着!?」

いよいよ、佳境です。
それにしてもやっぱり小野田(香川照之)は悪い(笑)

最終的には小野田が富永を逮捕するのかそれともこのまま悪いままなのか?
それにしても今回、最後に藤倉(駿河太郎)がかっこよかったのに山田(岡田将生)が台無しに......

あと2回でしょうか、富永と香坂の父との因縁の関係も明らかになります。
見逃せないですね。