森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

CRISISクライシス9話あらすじと感想「最強の敵!特捜班、ついに崩壊へ」

f:id:aeron501:20170410234131j:plain
出典:関西テレビ公式サイトより

CRISISクライシス9話あらすじと感想「最強の敵!特捜班、ついに崩壊へ」

CRISIS(クライシス)9話のあらすじ「最強の敵!特捜班、ついに崩壊へ」

2016年6月15日午後3時01分
爆破された建物には無数の遺体。
その遺体のひとつの左手薬指の指輪を見て動揺する特殊部隊員。




現在、
特捜班の事務所では大山(新木優子)が退屈そうにしている。
そこに現れる樫井(野間口徹)
「せっかくの休みなのに行くとこないの?」という大山に特に反論もしない樫井。

樫井も大山に「たまには実家にでも帰ったら」というが大山も退屈な実家だと言う。

そして、機械が相手だと味気ないと大山は樫井を将棋に誘う。

そこに班長の吉永(田中哲司)も現れた。

3人は大山の提案でランチに。
田丸(西島秀俊)が戻るまでは任務が降りてこないということで吉永、大山、樫井は会社員のような普通のランチに出かけた。
どことなく3人とも嬉しそうだ。


田丸は以前教会で会った男(8話のラストであった男)のことを思い出していた。
男は田丸の使える国家は腐敗が進んでいる。
その腐敗を止めたいと思わないかという持ちかけた。
もしもう一度話を聞いてもらえるなら1ヶ月後に会いましょうと立ち去った。


稲見(小栗旬)は松永芳(まつながはな:演・野崎萌香)と会い、ふたりは映画に。
しかし、稲見は途中で寝てしまった。
そんな稲見にブランケットを掛け横顔を見つめる芳。

翌日、特捜班の事務所に鍛冶(長塚京三)が現れ、稲見を外に連れ出す。
そして、自衛隊の同期、結城雅(ゆうきただし:演・金子ノブアキ)という男のことを尋ねる。
稲見が除隊した後は交流がないことが分かるとその結城の行方が2週間前から分からないと言う。
そして、結城が現れたらすぐに教えるようにと話す。
稲見はそのことでピンときて「何か裏があるようなら先に教えておいて欲しい」と言う。
稲見はそのことを知らずに会うと危険かもしれないと用心の言葉を口にした。

その夜、稲見の前に結城が姿を現す。

結城は久しぶりに話そうという。
稲見は「どうして脱けたんだ?」と聞く。
結城はすぐにはそのことに答えなかった。
そして、稲見こそ公安に入り、まだ国家に仕えているのかと尋ねる。
稲見は自分の手で国家を変えられると信じていると答えた。

そんな稲見の言葉に「昔から何も変わっていないな」と言った。

稲見が自衛隊から除隊するきっかけになった任務を供にしたのが結城。
結城はその任務のあと除隊することになった稲見のことを「腰抜け」だと思っていたと言った。
そして、その後自分の任務は国と国民を守っていると思っていたが実は守っていたのは国家で権力者の尻ぬぐいをしていただけだと気づき失望したという。
そして、その失望から国家を建て直したいと考えているという。
その仕事を稲見にも手伝って欲しいと言う。

「テロを起こすつもりか?」と聞く稲見。

結城(金子ノブアキ)は「俺と手を組むのか、組まないのか、どっちだ?」と聞く。
ちょうどそこに現れた警察官。
その警察官に襲いかかり一瞬で銃を奪い、警察官の足を撃った。

撃つ前に結城はこの話に乗るなら3日後にあのバーで会おうと言い走り去った。


バー「40886」では松永芳(野崎萌香)が稲見のことを待っていたが稲見から電話。
今日は約束をしていたが行けなくなってしまったという。
そして、しばらく会えないと言った。


翌日、青沼(飯田基祐)が鍛冶に稲見のことを聞く。
鍛冶もちょっと言えない事案なので口をつぐむ。
しかし、この案件はこのまま結城(金子ノブアキ)に稲見(小栗旬)を会わせ、特捜班と稲見に結城を確保をさせようと言った。

約束の日、バーに見張りを立て接触を監視したが結城は現れなかった、しかし結城は近くの屋上から赤外線双眼鏡でその様子を見ていた。 特にに大山(新木優子)の姿を注視していた。
特にに大山(新木優子)の姿を注視していた。

5人は現れなかった結城をどうやって捕らえるのか名案は浮かばなかった。

結城は隠れ家に戻り爆弾のようなものを組立はじめた。


稲見(小栗旬)は鍛冶(長塚京三)の元を訪ね、どうして結城(金子ノブアキ)が脱柵したのかと尋ねるがそれは分からない、知りたければ結城を捕らえろとと鍛冶は一蹴した。

しかし、この脱柵は大きな計画の一部かもしれない、もしかしたら周囲に危険を及ぼすかもしれないと知っていることを教えて欲しいと言うが鍛冶は推測で言うわけにはいかないと言った。

稲見(小栗旬)が部屋を出るときに「結城がお前に銃口を向けたらお前が先に引き金を引け」と言った。
そして「国家の秩序のために結城を撃て」と言った。
稲見は返事をせずに部屋を後にした。


自転車で出勤する大山(新木優子)
「東京水道機器サービス」という会社を装った特装班の事務所。
大山がIDをかざし部屋のドアのロックを解除し中に入ろうとしたとき、背後から結城が大山を羽交い締めにして首元にナイフを突き立てた。
そして言うことを聞かないとお前を殺す、そして次はメガネ(樫井:演・野間口徹)を殺すと脅した。

そして、結城はそのまま大山を羽交い締めにして内部に入る。

特捜班の班長吉永(田中哲司)の携帯に「Emergency(緊急事態)」を示すメール。


特捜班の事務所では結城が大山に閣僚の個人情報を引き出すように指示していた。
そしてその情報をUSBメモリーにコピー’するように指示した。
「余計ないたずらはするなよ」と忠告した。

特捜班の事務所のそとでは吉永(田中哲司)をはじめメンバーが揃っていた。
しかし、中の状況は分からない。
4人が静かに入るがその様子に結城は気付いていた。

大山の首にナイフを突き立てたまま4人に道を開けろと指示した。
机に1台の携帯電話を置き、大山を解放すると同時にドアの外に出た。
そして、施錠システムを破壊しドアにロックをかけた。

特捜班の5人は部屋に閉じ込められた状態。
樫井(野間口徹)は結城が置いていった携帯の他に爆弾を見つける。
一見、単純そうな構造だが実は繊細に作られておりすぐには解除できないという。

そして、その携帯に着信。
稲見(小栗旬)が「どういうつもりだ?」とプレゼントだよ。
お前をカゴから解き放ってやると言った。

結城が本気だということを悟り稲見は爆弾を持ってどこかに駆け出す。
程なく結城はスマホを取り出し、爆弾を起爆する。

ビルが爆発。

結城(金子ノブアキ)は静かに歩いて立ち去った。


爆発に見舞われた特捜班では5人が倒れていた。

CRISIS(クライシス)9話の感想「最強の敵!特捜班、ついに崩壊へ」

いよいよクライマックスです。
鍛冶(長塚京三)の作ろうといた特捜班の姿が整っているのかは分かりません。
この結城(金子ノブアキ)のテロと田丸(西島秀俊)に国家の腐敗を止めようと言った男は関係があるのでしょうか。
それにしても結城は冷酷に爆弾を起爆させました。
ひとりでこれだけのことを成すにはなにか大きな理由があるように思います。

今回の9話、冒頭で爆発のあと、倒れている女性の指輪を見て特殊部隊員が動揺するという場面がありましたがそれが結城か稲見だったのでしょう。
そしてその指輪をしていた人は結城の妻か家族か、稲見の家族か、いずれにしても大切な人だったのでしょう。
そのことで稲見は除隊、結城は今回のテロを画策したのかもしれません。
いずれにしてもこのことが今回の事件に関係することは確かです。


それにしても田丸(西島秀俊)のエピソードも中途半端なところがありますが.......

もし、次週が最終回ならちゃんと伏線を回収できるのかが心配です(笑)

ただ、この関西テレビ系のドラマはかなり綺麗に伏線を回収してくるので最終回はかなり濃い回になりそうです。

あと稲見と松永芳のあたりもどうなるのか気になるところです。