森ドラマのテレビ感想ログ

ドラマのネタバレ記事が多めです。

リバース 9話のあらすじと感想

f:id:aeron501:20170414222707j:plain
出典:TBS公式サイトより

リバース 9話あらすじと感想
9話のネタバレ含みます。内容的に物語の核心的なネタバレですので未視聴の方はご注意ください。

リバース 9話のあらすじ

自分のしたことを警察に話すと言う美穂子(戸田恵梨香)
そして深瀬(藤原竜也)のアパートの前でフリージャーナリストの小笠原(武田鉄矢)が誰かに刺される。

深瀬のもとには10年前の事件をこれ以上追いかけるなと差出人不明のメールが届く。


今回の脅迫文の犯人は美穂子だった。
そのことをみんなに話したいといつもの居酒屋に招集をかける深瀬。
今回は谷原(市原隼人)の妻明日香(門脇麦)も一緒だ。

居酒屋に集まると脅迫文の犯人が分かったこと、小笠原が刺されたことを話す。
するとそこに小笠原が現れる。
「刺された」と聞かされた面々は驚く。
何より深瀬自身が驚く。

小笠原は病院を抜け出してきたと言い話を始める。

警察を辞めフリージャーナリストになった小笠原。
週刊誌の仕事である県会議員の不正献金疑惑を追っていたところその息子があの事件の村井(三浦貴大)だと知り、「運命だと思った」という。
小笠原は単刀直入に村井に「あの時、どこにいた?」と聞く。

村井はあの時のことを話す。
あの時、浅見(玉森裕太)から電話を受け崖下に行くとそこには転落した車が横倒しになっていた。
あわてて父親で県会議員の村井明正(村井國夫)に電話をかけると「火をつけろ」と言ったという。
しかし、それはできないと言った直後に車が爆発した。

小笠原は村井に「火をつけたのか?」と聞くが村井は誓って自分ではないと言った。

小笠原は「あの時、みんなが本当のことを証言していてくれていたらこんなことにはならなかった」
「君たちの人生はこれからの方が長い、ここできりを付けよう」と真犯人を見つけるために正直に話して欲しいと言った。


居酒屋の帰り、それぞれが家に戻った。
深瀬(藤原竜也)の元に神奈川県警からの電話。
越智美穂子(戸田恵梨香)が出頭したという。
そして脅迫文を送られた人に話を聞きたいと言う警察。
深瀬(藤原竜也)は警察に脅迫分のことを聞かれるが深瀬は美穂子のことを逆にかばった。


谷原(市原隼人)は工場で仕事。
普段からパワハラで圧力をかける上司にも「早期退職はしない」と宣言する。
まだまだ自分を捨てていない。
新規プロジェクトの提案募集の社内メールに目を光らせる。

浅見(玉森裕太)も学校に行くが生徒達とはなにか距離がある。
特にサッカー部の相良(鈴木仁)は浅見の授業には参加しない。

村井(三浦貴大)が深瀬(藤原竜也)の元を訪れる。
あの事件からも自分からも目をそらしている自分に嫌気がさしている。
村井は学生時代に広沢(小池徹平)に言われた言葉を思い出し、これから自分を取り戻してやり直したいと打ち明ける。
そして、深瀬に届いた脅迫メールの差出人に心当たりがあると言う。
詳しく分かったらまた連絡すると言い残しアパートを出た。


浅見(玉森裕太)は学校で相変わらず相良との仲が修復できていない。
しかし、サッカー部員が浅見に謝った。
あの日、ビールを飲んだことを認め、相良に言われ車にビールをかけたり、浅見のことをおとしめるようなことをしたという。
その生徒達は以前、深瀬が言った「いつか苦しくなる」という言葉が頭から離れなかったという。


深瀬(藤原竜也)に小笠原(武田鉄矢)から電話。
小笠原を刺した男が見つかったという。
しかし男は金で雇われただけだった。

小笠原は深瀬を従えて村井の父村井明正の講演会へ。
小笠原に声をかけるのは村井の秘書甲野(山崎銀之丞)
その甲野に小笠原は静かに言った「深瀬くんに脅迫メールを送っていたのはあんただね」
小笠原は甲野に話しかける。
そして、あの事件の謎解きをする。

あの事件は村井明正が隠ぺいした。
酒を飲んだ友達が村井家の車で事故を起こした。
そのことが明るみに出ると困るのは県議会議員の村井。
村井は村井隆明(三浦貴大)の妻、香織(趣里)の父に事件の隠ぺいを依頼した。
そして、事件は事故として捜査は打ち切られた。
その直後、隆明は香織を婚約することとなった。

当時はそれでうまくごまかしたはずだった。
しかし、今になって深瀬(藤原竜也)や小笠原(武田鉄矢)が事件のことを掘り起こしているのを見かねて手を回した。
甲野は「刺せと言っていない、ちょっと脅かせと言っただけだ」と言い訳をした。
しかもそのことは県議会議員の村井明正のことを考えてのものだと。

しかし小笠原は「明正の後釜を狙っているんじゃないですか?」と言い、その地盤を引き継ぐために甲野が今回の事件隠ぺいに必死だと見透かしたことを言った。
すると甲野は開き直り、政治家としての資質は息子の隆明よりも自分の方が上だと言い放った。

そんな甲野に村井明正がクビだと言うと甲野は逆上した。
そして暴れた。
小笠原があらかじめ警察に連絡をしていたためにその場で甲野は取り押さえられた。

あたりは騒然となった。
そしてビルの屋上に上がる村井隆明(三浦貴大)
そのただならぬ姿を見た深瀬(藤原竜也)は村井の後を追う。
屋上から下をのぞき込む村井に声をかける。
しかし、「飛び降りるわけねーだろ」と村井は呆れた様子。

それでも迷惑をかけたと村井は謝った。

「これで良かった、スッキリした」と微笑んだ。


深瀬(藤原竜也)と小笠原(武田鉄矢)は帰り道で話をする。
10年前の事件の時に谷原(市原隼人)が見たと言うキーホルダーは少ししか作られていない。
福島のNPO法人の記念のもの。
そのキーホルダーの所有者名簿が手に入ったという。

そして、小笠原から美穂子(戸田恵梨香)が厳重注意になったと聞かされた。
谷原がホームから落ちたのは自分が足をすべらせたからだと言ったことや脅迫分のことは「親告罪」で被害者が訴えを起こさなければ罪が成立しないことなどからの処分だ。
深瀬は良かったと思ったが小笠原は悪いことをして罪を償いたいのに償う場所がないのは案外辛いのかもしれない、と言った。


浅見(玉森裕太)は学校で相変わらず相良とうまく行っていない。
その相良に同じクラスの藤崎莉子(山口まゆ)が声をかける。
サッカー部の2年生がビールを飲んでいたことを認めたと話す。
それでも相良は悪びれる様子もなく、たった1回のちっぽけなことで俺たちの人生をめちゃくちゃにした、と浅見に対して逆恨みをしている。

村井(三浦貴大)は実家に戻っている香織(趣里)に離婚届を渡した。
そして、自分から自由にすることが自分にできる唯一のことかもしれないと言った。
「私と離婚したら政治家にはなれないのよ」という香織に「もういいんだ、そういうの」と静かに答えた。


谷原はまた本社に戻るべく新規プロジェクトの企画書を部長に提出する。
しかし、その書類は谷原の上司である下村(六角慎司)が預かることに。

しかしその後、書類は部長の目に触れることなく下村の手によってゴミ箱に投げ捨てられる。
その様子を見ていた部長は.....


美穂子(戸田恵梨香)は実家の大阪に帰ることに。
そんなとき、行きつけの喫茶店クローバーコーヒーの乾恭子(YOU)からの電話。
美穂子がクローバーコーヒーを訪れるとそこには浅見(玉森裕太)がいた。
そして、広沢に貸していた本を受け取ったと報告する。
その後、深瀬とはもう会わないのかと聞く。
美穂子は「深瀬君のことだましてたんだよ」と言うがそれでも嘘をついたまま別れるのは辛くないですか、と美穂子の気持ちを察したように話す。


深瀬(藤原竜也)は休日、谷原(市原隼人)に起こされる。
「今日はママ感謝デー」と言うことで妻の明日香(門脇麦)に一人の時間をプレゼントするのだと言う。
谷原は娘の七海を連れ遊園地に行くという。

深瀬、谷原、娘の七海と浅見も一緒だ。
1日あそんだ帰り道、美穂子(戸田恵梨香)のアパートへ。
美穂子は引越の最中。
美穂子は深瀬に「もう会いたくない」と言っていたが深瀬はそれでも自分の気持ちを伝える。
ふたりはクローバーコーヒーへ。
そして、これまでのことを謝る美穂子。
美穂子も実は深瀬ともう少し話がしたいと思っていた。
深瀬が広沢のことを書き綴ったノートを見せると美穂子も書いてもいいかと尋ね一緒にノートに広沢との想い出を書いていった。
ふたりは広沢の思い出話をする。
そして美穂子が書いた「広沢由樹は蕎麦が食べられない」という言葉に驚く。
広沢は蕎麦アレルギーだったという。

ちょうどその日にクローバーコーヒーで出されたハチミツの味に深瀬はないかを思い出していた。
それはあの事件の日、ドライブインで買ったことのあるハチミツの味だった。
よく見るとハチミツの瓶も見覚えがあるものだった。
そして、その瓶をよく見ると原材料に「国産ハチミツ(蕎麦)」の文字。
あの日、広沢にそのハチミツを入れたコーヒーを持たせたのを思い出した。

そして、蕎麦アレルギーの広沢に持たせたコーヒーに蕎麦が原料のハチミツを持たせてしまったことを知った深瀬。
「広沢を殺したのは自分だ」と悟る。

そのころ小笠原は事件の真相に迫っていた。

リバース 9話の感想

いよいよ次週、最終回です。
広沢の死の真相は本当に深瀬の入れたコーヒーなのでしょうか。
それだけではなさそうです。

小笠原の追いかけているのはだれなのか?

浅見は相良との関係を修復できるのでしょうか。

谷原は最後の最後であのプロジェクトの企画書をゴミ箱に捨てた上司に鉄槌が下りそうです(というか鉄槌を下して欲しい!!)

なんとか深瀬と美穂子もくっついて欲しい!

嫌ミス(嫌な気分になるミステリー)と呼ばれる湊かなえさんの作品ですが最後くらいは素敵な気持ちにしてほしいものですね。